サカタのタネの金魚草 キャンディートップスミックスの種は34粒入ってました。

サカタのタネの金魚草 キャンディートップスミックスの種

こんにちは。国華園の矮性金魚草混合を買って育てたらかなり可愛く育ったので金魚草にハマりました。

なので今度はサカタのタネとタキイのカタログを見比べて気に入ったものを買ってみたのです。

選んだのは、サカタのタネさんの金魚草 キャンディートップスミックス です。

ペンステモン咲きの華やかさにも惹かれたのですが、やっぱり矮性の方が育てやすいしなっと思いまして。

育成記録を付けてみたいと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サカタのタネの金魚草 キャンディートップスミックスについて

サカタのタネの金魚草 キャンディートップスミックスの種

金魚草は可愛いけれどあまり背が高いと鉢では育てづらい。

矮性の金魚草で育てやすく可愛いのが欲しいって目線で選びました。

サカタのタネの金魚草 キャンディートップスミックスです。

矮性で、芯が強くて、花穂のボリュームもあるらしい。

ミックス種があるのもポイントです。欲しい色だけ育てるのもアリですが、ミックスでいろいろな色が混ざっていて、どの色が咲くのかなってなるの、楽しいですよね。

お値段は2022年に購入した時点で、税込み220円と、とてもリーズナブルなのも魅力的。買いやすい価格、試しやすい価格大事ですよね。

茎が硬いので倒れにくい

サカタのタネの金魚草 キャンディートップスミックスの種の説明

とても惹かれたのが、

「茎が硬いため倒れづらい」ってところです。花穂がボリュームあるお花って倒れやすいですよね。

風雨で倒れられるとがっかりしますよね。茎が硬いって嬉しい。

数量30粒

サカタのタネの金魚草 キャンディートップスミックスの種の説明 数量は30粒

数量は30粒と書かれています。

発芽率が70%以上ってことは21本の苗ができることが期待されます。

マチ
マチ

てか、金魚草の種ってめっちゃ細かいのですよね。それを30粒数えて入れたの!?

いやいや、30粒といいつつもうちょい入っているだろうなって予想していました。期待値としては倍くらい。だって金魚草って種めっちゃ細かいし、めっちゃたくさんできるじゃないですか。

生産地はコスタリカです。

サカタのタネの金魚草 キャンディートップスミックスを育ててみる

サカタのタネの金魚草 キャンディートップスミックスの種

ということで「サカタのタネの金魚草 キャンディートップスミックス」を育ててみたいと思います。

記録を覚えていたらつけていきますね。

試しまきをしてみようと思った2022年7月31日

8月近辺に葉ぼたんの種をまくので、それに便乗してキャンディートップスミックスの試しまきをしてみようと思いたちました。

ちょうど2022年7月31日が一粒万倍日でしたので。

ただ、めっちゃ暑い。めちゃくちゃ暑い。こんなに熱くて芽が出るとはあまり思えないくらい暑い。

まあでもお試しだし、と思いまして。

種の袋を開封 34粒あるのを確認

サカタのタネの金魚草 キャンディートップスミックスの種の数は34粒

種袋を開封したところ、中に小袋が入っているタイプでした。

細かい種の時や、数量が少ない時にこのタイプの小袋に入っている印象です。

小袋を見て驚きました。

マチ
マチ

種ちっちゃ! 数少なっ!

って。いえ、金魚草の種が小さいのは知っていたので小さいことに驚きはあまりなかったのですが、入っていた数の少なさに驚きました。

でも数量30粒ですものね。落ち着いて考えたらこれくらいですよ。

袋の上から数を数えたら34粒入っていました。

30粒と書かれていたので1割ちょっと多めに入っていることになります。

もうちょっと入っているかと思っていましたわ。まき残さない数で良いといえば良いのですけれど。

3粒だけお試しまき

サカタのタネの金魚草 キャンディートップスミックスの種の説明

タネまきのところを読むと、

「ススキの穂が出始めるころ」にまけって書いてありました。

いやいや、ススキの穂なんてまだまだですよねぇ。まだ青々とした葉っぱが茂っている季節です。

いくらお試しでも早すぎる……

って思いました。そして総数が少ないので無駄撃ちしたくない。

でもせっかくなのでまいてみたい。そんな思いから3粒だけまいてみることに。

あまりにも暑いので種が割れるまでは室内のクーラーの部屋に置いておこうと思います。

キャンディートップスミックスがうまく育つといいなぁ

サカタのタネの金魚草 キャンディートップスミックスの種

サカタのタネの金魚草 キャンディートップスミックスを育ててみて、都度追記していく予定です。

可愛く咲いてくれるといいのですが。

できれば早まきして、年内開花を目指してみたいのですが、2022年の夏の暑さは異常じゃないですか?

なんだか毎年異常な暑さって言っている気がしますが、暑すぎてタネまきが成功するビジョンが見えません。

昨年まいてみた、国華園さんの矮性金魚草混合が思いの外豪華に咲いてくれたので、

今年もその生き残りとかこぼれ種とか残ってる種をまけばいいとは思ったのですが、背が思ったよりも高くなったので、もうちょいこじんまりとしていて四季咲き性が強い金魚草を育ててみたいと思ったのです。

マジックカーペットっていう品種とめっちゃ迷ったのですが、キャンディートップスの方が新しい品種でサカタのタネさんの推し品種っぽかったので、

キャンディートップスにしました。期待しています。