ドライブレコーダーのための高耐久のmicroSDカード選び。おすすめは適度な容量のを定期的に交換することです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドライブレコーダーのための高耐久のmicroSDカード選び

こんにちは。ドライブレコーダーを買って取り付けました。これで一安心だなって思ったのですが、調べているとドライブレコーダーを付けていても肝心な映像が撮れてない!ってことがあるようです。

それは大抵の場合SDカードの不調が原因っぽいのです。ってことでドライブレコーダーのmicroSDカードの考え方とおすすめのmicroSDカードを考えてみたいと思います。

結論としては、

  • ちゃんとしたドライブレコーダー用の高耐久のMCLっていう規格のmicroSDカードを買って使うこと。
  • フォーマットを定期的にすること。
  • microSDカードには寿命があるのでそれでも2、3年ごとに買い換えること。
  • 予備を置いておくこと。

が大切です。

買い替えや予備を買うことを考えると大容量のものはそこまで必要じゃないと思われます。

32GBもあればいいんじゃないかな。

事故があったらすみやかにドライブレコーダーの電源を切ってmicroSDカードを取り出して予備のと入れ替えれば上書き保存されることはないですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドライブレコーダーに入れるmicroSDカードについて

ドライブレコーダーに入れるmicroSDカードカードについて考えてみます。

付属のmicroSDカードを使う

まず、ドライブレコーダーを買ったら激安でなければ大抵付属のmicroSDカードがついています。

とりあえず、ついてきたmicroSDカードを使う!って場合は多いでしょう。

私が買ったやつだと、

16GBのmicroSDカードがついていました。

画質にもよるのですが、すごくざっくり言うと、8GBで録画時間は1時間くらいです。

16GBだと2時間くらい。これを多いと思うか少ないと思うか、微妙なところですね。

ドライブレコーダーに付属しているmicroSDカードなのでそのドライブレコーダーが求める水準をクリアしたmicroSDカードであることは確かです。

まあとりあえず、これを使っていれば問題ないのでは?って思います。

別にmicroSDカードを買って入れる

ドライブレコーダーに付属しているmicroSDカードだと容量がちょっと少ないなって場合とか、microSDカードが1枚だけだと不安だなって場合、別にmicroSDカードを買うこととなります。

この時にどんなmicroSDカードを買えばいいのか、悩むんですよね。

microSDカードって安いのはすっごく安いけれど、それでいいのか。

車の中という気温と衝撃が過酷な環境で、ドライブレコーダーって運転中ずっと常時録画中っていう使用の仕方も過酷なわけです。

値段だけで選んだら後悔しそう。そう思います。

microSDカードの種類と寿命

ドライブレコーダーに入れるmicroSDカードはどれがいいのかって見ていくと、microSDカードの種類と寿命について考えることになります。

microSDカードの種類

このmicroSDカードの種類については見ていくと、前みたことあるぞ!ってなりました。

SSDについて調べた時に出てきたのと同じなんですよ。

SLCとかMLCとかTLCっていうのが出てくるわけです。

一体何なの!って英語にアルファベットに弱いと切れそうになります。

落ち着いてよく見ましょう。後ろのLCって部分は共通しています。

SMTQの謎を解けばいいのです。これはですね。シングル、マルチ、トリプル、クアッドの頭文字っぽいです。

二番目がマルチなのでわかりにくいんですよね、ダブルとかツインにしといてくれたらまだわかりやすかったのに。ツインだとTでトリプルと同じになるので駄目ですね。やっぱりダブルでお願いします。

ってことでこれは1つの空間に1つの情報を詰め込むのか2つ詰め込むのか3つ詰め込むのか4つ詰め込むのかっていう違いです!

ちょっと違うかもしれませんがきっとそうなんです!

ホテルの部屋と一緒です。シングルで泊まるよりダブルで泊まった方が1人あたりの宿泊代は安くなるけど窮屈になるわけです。

四人一部屋だともっと安くなります。でもちょっとこう泊まるだけみたいになりますよね。

そんな感じです。

今の主流がトリプルです。トリプルで狭いけれどお得だし、企業努力によって過ごしやすさに力を入れたのでベッドがふわふわでまあ悪くないみたいな感じです。

今一般的に売られているのはTLCっていうやつです。

でもTLCだと狭いところにぎゅうぎゅうに人を詰め込んじゃっているのでお部屋の汚れ方が他より早く進むわけです。

すっごく汚れると使えなくなるのですが、ドライブレコーダーみたいに繰り返し繰り返し録画し続けるってけっこう過酷な条件なんでMLCが良いっぽいです。

もちろんSLCが一番良いのですがお値段との兼ね合いを考えるとMLCです。

microSDカードの寿命

microSDカードの寿命を考えると、これは上で書いたお部屋が汚れて使えなくなるまでの時間ってことになります。

詰め込む人数が少なくて、かつお部屋がいっぱいあったほうが理論的には寿命が長いです。

つまり容量が大きければ大きいほど書き込み寿命は長いのです。

じゃあ容量が大きいやつを買えばいいじゃん!!って思うわけですが、書き込み寿命だけを見ておけばいいのかといえば、やっぱり使用状況ってのがあるわけで。

夏の車内の温度とか、運転中の衝撃などを考えると高耐久を謳っている商品でも状況が過酷だとつらいよねって気持ちになります。

容量が大きいものはそれだけお高いので、壊れた時のダメージがつらいわけです。

microSDカードの寿命について調べていると「10年はいけるんじゃ説」「3年くらいだと思っておけ説」が出てきます。

多分これどっちも正解なんだろうと思います。書き込み寿命で考えるとごくごく一般的な使用頻度だと10年はいける気がします。ただ、実際使っている人の声を聞くと3年くらいでエラーが出たとか昔のmicroSDカードが読み取れなくなっていたって話が出てきます。

保存状態によったり、microSDカードの当たり外れっだったり要因はいろいろあるのでしょうが、ここは3年だと思っておくのが安全マージンな気がします。

ドライブレコーダーに入れるmicroSDカードのおすすめと扱い方

いろいろ考えた結果、ドライブレコーダーに入れるmicroSDカードのおすすめは、

です。高耐久でMLCでドライブレコーダー向けのmicroSDカードです。

容量は32GBで必要十分です。てか私の買ったドライブレコーダーだと32GBまでが推奨なんですよね。それより多い容量のをつっこむのは自己責任になります。

私は16GBのでもいいかなぁと思っています。書き込み寿命を考えると16GBでも十分な気がするんですよね。

とりあえず、この高耐久のをつっこんでおいて、ドライブレコーダーに付属していたmicroSDカードを予備として車に置いておけば安心ではないでしょうか。

フォーマットを定期的にすること

高耐久のmicroSDカードでも当たりハズレがあるので、突然壊れることもあるでしょう。

正直、私はあまりmicroSDカードを信用していないのです。

ってことで定期的にチェックすることが一番大切だろうなって思っています。

ドライブレコーダーのmicroSDカードは基本的に定期的にフォーマットすることが推奨されています。

ってことで、定期的にフォーマットをしましょう。microSDカードが壊れていたらフォーマットが失敗したり挙動がおかしかったりするはずなのでその時点で不調を知ることが出来ます。

ついでに私が買ったやつはGPSがついてないので時間合わせもしておけばいいのかなって思っています。

買い替えは2年くらい(車検目安)でやっとくと安心

基本的にはフォーマットしつつ様子をみておけば3年くらいいけるだろうって思っているのです。

でも安心を考えると2年くらいで新しいmicroSDカードに取り替えたほうがいいのかなって思います。

私は夏の車内の暑さがね、とても心配なんです。

マチ
マチ

あんなところに置いてあったらすぐに壊れる気がするんですよ。ひと夏は耐えても2回3回あの暑さを耐えきれるの?

って思うわけです。

ってことで2年くらいで買い替えが基本だろうなって思っています。忘れそうですけど!!

予備を車内に置いておきたい

もしもの時を考えると、ドライブレコーダーのmicroSDカードは予備を車内に置いておきたいって思います。

例えば事故った後にその時のmicroSDカードを抜いて持っておくとドライブレコーダーの中がカラになってしまってその後の運転が録画できません。

ちゃんと撮れてるかなーってお出かけした時の映像を見てみたくてmicroSDカードを家に持ち帰った時も、一時microSDカードが不在になってしまいます。

そんな時のために予備のmicroSDカードを置いておきたいです。

まあこれは、高耐久のmicroSDカードを買ったら、ドライブレコーダーに付属していたmicroSDカードを予備にしておけばいいかなっと。

そして2年ごとにmicroSDカードを買い替えたら、前のやつがまだ使えそうならそれを予備として置いておけばいいのかなって思います。予備なんだし。

結論 高耐久の16GBか32GBくらいのmicroSDカードを買うのが良い!

いろいろ考えましたが、ドライブレコーダーにはMLCの高耐久のmicroSDカードを買ってつっこんでおくのがおすすめです。

MLCで高耐久のmicroSDカードがお値段がTLCのものより高いです。具体的には1.5倍から2倍くらいするかなーって感じです。

ちょっと高いかなーって思う場合は、容量を減らしてください。ドライブレコーダーに入れるmicroSDカードの容量は多ければいいってものじゃないです。

適量大切。8GBは最低欲しいですが、16GBか32GBで十分だと思われます。容量が減ればお値段も減ります。

もしドライブレコーダーの映像が必要になる事態になった時は、ドライブレコーダーの電源を切ってmicroSDカードを取り出して上書きされないようにすれば容量はあまり重要ではありません。

それより、定期的にフォーマットをしてmicroSDカードに不具合がないか確認すること、そしてもしもの時のために予備のmicroSDカードを用意しておくことが大切です。

私はここまで考えて、16GBのを買うか32GBのを買うか、迷っているところです。

16GBでいいかなぁ。16GBで3000時間耐久って書いてあるので1日2時間運転するとしても4年はもつ計算です。2,3年で交換する予定なら十分ですよね。

 

私が買ったドライブレコーダー、

ケンウッドのドライブレコーダーのDRV-240なんですけど、これについてきたmicroSDカードも16GBだし、16GBにしちゃいましょうかね。