業務スーパーのスパイスケーキ(パールシュガー)の感想を書こうと思ったら回収品かもしれないのでどうしましょう?

こんにちは。業務スーパーで気になっていたスパイスケーキを買ってきて食べたので、紹介したいな。でもこのスパイスケーキ、食べる人を選ぶといいますか、食べているうちにまあこれはこれで……ってなるタイプの食べ物なので、食べ切ってから感想を書くべきかなって思っていたのです。

そしたらですね。

https://www.kobebussan.co.jp/upload/info/info_171227.jpg

商品回収に関するお詫びとお知らせ

ご迷惑をお掛け致しますが、スパイスケーキ(パールシュガー)の回収にご協力をお願い致します。
回収方法等、詳細はこちらをご確認ください。

って業務スーパーさんがおっしゃっていまして。

えっ!?これ回収対象製品なの?ってなってしまいました。

年末年始に入ってしまうし、もうだいぶ食べ進んでしまったので、どうしましょうかね、これってなっています。

困惑したまま、感想は書いておきます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
スポンサーリンク

業務スーパーで買ってみたスパイスケーキ(パールシュガー)について

業務スーパーで何回か見かけたスパイスケーキ、気になっていました。気になっていたのですが、量が多いなぁってのが第一印象です。

このスパイスケーキには二種類あります。パールシュガーとはちみつです。お値段がパールシュガーの方が20円くらい安く設定されています。

そして、どうやらネットの評判を見る限り安い方、パールシュガーの方が評判がいいのです。

私が気になっていたスパイスケーキに手を伸ばした理由は、シュトーレンが買えなかったからです!

ドイツ系パンを多く焼いている天然酵母を使っているパン屋さんのシュトーレンを買いにいったのですが、売り切れていて落ち込んでいたのです。その悲しみのまま業務スーパーに買い物に行きました。

業務スーパーにもシュトレンが売っていたのですが、マジパンもバターも入ってないシュトレンかーってなってしまいましてね。

業務スーパーのシュトレンはとても大きくて重たくて、これを買うのもありかなっとは思ったのですが、かなり悩んだのですが、このシュトレンに777円出すなら、前から気になっていたスパイスケーキを買ってもいいんじゃないかなって思ったのです。

全然方向性は別なんですけど、薄切りで一日一枚ずつくらい食べていく感じで、スパイスがきいていて、長期保存ができるパンみたいなやつという大きなとても大きなくくりで考えれば似たようなもんじゃないですか!(暴論)

ということで、スパイスケーキのパールシュガーです。

スパイスケーキ パールシュガーのお値段

ベルギー直輸入ってなっています。

お値段は税抜き275円、税込み297円でした。

内容量が285gなので1g1円よりちょっと高い感じですね。

この大きさのケーキとしては激安と言ってもいいお値段ではないでしょうか?

ただ、食べてみて思うのが、これをケーキと言っていいのだろうか?という疑問です。

じゃあなんだ?って言われると困るのですが、甘くて、苦くて、ちょっとすっぱくて甘い塊です。バサバサなのにじゅってして甘いです。不思議な食べ物です。

栄養成分表示と原材料とバーコード

栄養としては、100gあたりカロリーが327kcal、たんぱく質3.1g、脂質0.9g、炭水化物75g、食塩相当量0.5gです。

ほぼ、炭水化物の塊だと思って間違いありません。

285gあるのでこれ一個で931.95kcalです。すごいですね。21個に切ってくれてあるので一切れあたり44.37kcalという計算です。

原材料にぶどう糖果糖液糖が一番目に来ている時点で、これ大丈夫なのか?って思います。だって続いて、ライ麦粉、パールシュガー、シナモン、膨張剤、香料なんですよ。

パールシュガーって上に乗っている白い粒々のことです。これが三番目に多い材料ってことは、ほとんどの材料はぶどう糖果糖液糖とライ麦粉です。

割合まではわかりませんが、ライ麦粉のたんぱく質含有量は100gあたり11gです。

たんぱく質を含んでそうな原材料ってライ麦粉くらいしかないような気がするのでライ麦粉で3.1gのたんぱく質と考えると、28.18gっていう計算ですね。

パールシュガーその他を仮に20gと仮定すると、実に51.82gがぶどう糖果糖液糖でできていることになります。

ライ麦粉でできてるから健康によさそう!って思うのはちょっと間違っている気がしますね。

あと、最初に述べたようにこのスパイスケーキは回収対象品なのですが、その理由が「アレルギー物質「小麦」の表示が欠落していた」っていうものなのです。

この表記だと原材料に小麦が使用されていたのか、製造ラインで小麦を含む製品を作成していたのかってのがちょっとよくわりません。

原材料に使われていたのなら、何番目にくる量なのかが気になるところです。

バーコードはこちらなので、バーコードだけみるとばっちり回収対象製品なんですよね。

小麦の文字もどこを見ても書いてないように思うので多分これ回収対象品な気がします。

でも、賞味期限をちゃんと覚えていないんです。ずいぶん長いなぁと思った記憶はあるのですが、このスパイスケーキの包装がとても私の嫌いなタイプでして。

開けようとすると開けたくないところまでピリピリとどこまでも裂けていくタイプの包装なので、全部はがして捨ててしまったのです。

スパイスケーキ パールシュガーの味の感想について

味の感想を述べると、これはめっちゃ食べる人を選ぶ食べ物だなぁって感じました。

なんていうか、初めて食べて、一番最初から「これ、うめぇ!!」ってなる人は少ないのではないかと思います。

まず、薄く切られているので切り分ける必要がないところは高ポイントです。しかしこの一切れ一切れがとてもくっつきあっていてはがしにくいです。がんばってはがしていると手がちょっとべとつきます。

慣れてくるとこのスパイスケーキはそう簡単に千切れるものでもないわって分かってくるので乱暴にひっぱがすことができます。

しかし、最初はこれがケーキだとするとあまり強くひっぱるのはまずいのではないか?という遠慮が働いてうまくはがすことができません。

ついでにいうと、私が数えてみたところこのスパイスケーキ21切れに切り分けてありました。そしてその厚みが、片方だけ厚い部分があります。この写真の一番手前が一番分厚いものなのですが、他の二倍くらいの厚みがあったので、これはきっとはがせるのではないかと思い無駄に時間をかけてはがそうとしたのですが、切れ目はありませんでした。

食べてみた感想としては、パッサパサでなんか甘くて苦いなって感じました。

スパイスはシナモンがめっちゃきいているみたいです。私はシナモンに対して鈍感なのでこんなものかなって思いますが、シナモンが嫌いなら多分近づきたくないレベルです。

これはケーキですか?って問いたくなるほどぱさついています。バッサバサです。でも食べるとじゅって甘いのです。口内の水分を得て糖分が襲い掛かってくるような味です。

甘いだけかというと、そうではなく、苦味と酸味を感じます。苦味はきっと良く焦げているからという理由とライ麦だからって気がします。酸味もライ麦だから、なんだろうなって思います。

ここで原材料を良く見て、あ、ライ麦さんですねーって思いました。

そして、パールシュガーです。

この上に乗っている白い塊がパールシュガーです。つまりは砂糖の塊です。

砂糖なので容赦なく甘いです。このパールシュガーが絶妙にシャリっていう食感で食べていて楽しいです。甘いです。

なんて言えばいいんでしょうか?初対面ではあまりいい印象がないんじゃないかと思うんですよね。でもこうお付き合いをしていくうちに、これはこれでありじゃないかなってなじんでくる感じです。

甘くて独特の風味があるのはこのスパイスケーキの個性なんです。

この個性が受け入れられるかどうかってのはしばらくつきあってみないとわからないんです。

そして、このスパイスケーキ21切れもあって、甘いので一度に大量に食べることは不可能です。買ったからには食べたいなって思う人は、一日一切れとか二切れとか少しずつ、10日から21日かけて食べていくことになります。

そうすると、これがちょっと評価が変わってくるんですよね。

クリスマス前に買って、まさにシュトレンのごとく一日一枚、二枚と食べてつきあっていくうちに、これはこれで良い物だと思うようになりました。

スパイスケーキ パールシュガーの美味しい食べ方

美味しいですよ、スパイスケーキ。甘いのでお茶に良くあいます。

底がよく焦げていてここを食べるときに一番苦味を感じるのですが、上に乗っているパールシュガーを一粒歯ではがして口の中に入れておいてからこげた部分にかじりつくとちょうどよく苦味が甘みで打ち消されて気にならなくなります。

このスパイスケーキを攻略するコツは甘みと苦味とどう付き合うかだと思います。

パールシュガーの助けを借りなくても噛んでいるとじゅわって甘くなるのでパールシュガーを落としてしまう人もいるようです。しかし、せっかくのシャリシャリ感ですし、いまさらパールシュガーを除いたところで炭水化物の塊なことはかわりないので、パールシュガーも楽しむことをおすすめします。

一切れのスパイスケーキを眺めて、上に乗っているパールシュガーの数を確認します。

多く乗っているところから一個はがして口の中にいれ、その状態で下のこげたところから食べていく!

これが美味しく食べるコツだと思います。試してみてください。と言っても回収品なのでしばらく店頭から姿を消すことでしょう。復活して見かけて買ってみたら試してみてください。

回収品かもしれないけれど、どうするかは検討中です。

このスパイスケーキ、かなり食べ進んでしまっていまして、ついでに包装は全部捨ててしまって中身だけ別に移して食べている状態なのです。

なので、賞味期限も確認できなくて回収品なのかに確信が持てず、もし回収品だとしても返品したほうがいいのかどうかかなり悩んでいます。

そして、これが回収品かもしれないというのを知ったのが29日で、明日から業務スーパーのお客様相談室は年末年始の休暇に入ってしまうんですよね。お問い合わせをするにも年越しです。

そして、小麦の表記が抜けていたってだけなら、アレルギー持ちでなければ特に食べちゃっても気にする必要はないかなって気がするのです。

1月4日まで時間があったら食べつくしてしまう気も、かなりしているんですよね。

個人的にはライ麦の風味も好きなので、食べているうちにかなり気に入ってしまいました。

甘すぎて、そんなに大量に食べれない!っていうのもいいところだと思います。甘すぎてそう何枚も食べれるものじゃないんです。そこがいいと思います。

業務スーパーにはライ麦を使ったラスクもあります。

業務スーパーのギリシャ産ライ麦ラスクを食べてみた感想。多分あんまりライ麦を使っていないけれど美味しいです。
こんにちは。お通じが気になるので、お通じによさそうにものに弱いマチです。 ライ麦ってお通じによさそうな気がしませんか?い...

こっちはライ麦は一応入ってますよーって感じなので、とても食べやすいです。

追記 回収品みたいだけど食べちゃいます。

気になっていたので一応お問い合わせをしてみたのですが、

原材料に小麦を使っているわけではなく、ぶどう糖果糖液糖が小麦由来なので
アレルギーの人が反応する可能性があるので記載していないものについて回収を行っている。

表記としては原材料として書かれるのではなく、下の方に、この製品には小麦由来のものが使われています的な記載をすべきもの。

小麦アレルギー以外の人が食べる分には問題のない商品であること。

スパイスケーキ(はちみつ)については検査しても小麦の成分がでなかったので、ぶとう糖果糖液糖についてはとうもろこし由来のものを使っているんじゃないかなってことで回収にはなっていない。

って感じでした。

回収品は、やはり賞味期限が2018.7.11と2018.8.30のものだけみたいで、それ以外のものには記載をちゃんとしてるって言ってた気がします。

私のは記載がなかったと思うのでたぶん回収商品なんだろうなって思ったのですが、もうパッケージ捨てちゃってますし、食べ進めてしまってもうほとんど残ってない状態だったりします。

私は小麦アレルギーではないので食べても問題ないってことが確認できたので残りはそのまま食べちゃおうと思います。

ついでにぶどう糖果糖液糖について考えてみました。

ぶどう糖果糖液糖って一体なんなんだろう?果糖ぶどう糖液糖とは違うのか?体に良いのか悪いのか?
こんにちは。業務スーパーの商品について書いていると、原材料とか成分表示を眺めることが多くなります。 そうしているうちに気...

なかなか興味深かったです。