髪を早く長く伸ばす方法「切らない!」それだけが真実です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

髪を長く伸ばす方法は「切らない!」それだけ

こんにちは。私は髪を伸ばしています。ヘアドネーションという髪の寄付をしたいからです。

髪を早く長くしたいと思った時に何か裏技がないかなって思います。

よく聞くのは「髪先をちょこちょこ整えた方が早く伸びる」あたりでしょうか。

でも、それは違います。髪を早く伸ばしたいなら取るべき方法はたったひとつです。

「切らない」

これです。これが最初にして最後。真理です。

切ったら切った分だけ短くなるのです。だから切らない。切らなければ髪は長くなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

切らなきゃ伸びる

私は基本的にロングヘアです。

なぜかというと美容院に行くのが嫌いだからです。

美容院に行くのが嫌いだとびっくりするくらい髪は早く伸びます。

だって、美容院に行かないってことは髪を切らないってことですから。

髪を切らなければ伸びた分がそのまま長くなります。

大体夏に髪がうっとおしくなって縛れるくらいにまで切って、そのまま一年ほど美容院に行かないとかなりロングになる。そして暑くなって切るというサイクルが多かったです。

ただ、ヘアドネーションという概念を知ってから、どうせ切ってしまう髪なら寄付できたら嬉しいなと思うようになりました。

ってことで31センチ以上を目指して髪を伸ばしています。

31センチというと一夏は確実に超えないといけないのがつらいところなのですが、それで捨てるしかなかった髪が役立つというのならと頑張って我慢です。

傷んだ髪は切らないとどうしようもない

髪を最速で伸ばすには「切らない」こと。これは間違いありません。

ただ、髪というのは一回ダメージを受けると回復しないんですよね。

傷んだ髪は元に戻らない。ってことであまりにひどい状態だと切らないとどうしようもないわけです。

毛先をちょっと切ったほうが早く伸びる。

ってのは間違いですが、

毛先をちょこちょこ切って整えていた方が綺麗に髪を伸ばせる。

っていうのは正しいのです。

毛先が枝毛でどうしようもないって場合は切りましょう。仕方ありません。

私の場合は髪の毛だけはいやに頑丈なので枝毛ってあんまり見たことないんですよね。アホ毛はいっぱいあるんですけど。

もし切らないと行けない場合はミリ単位指定!

髪の毛の毛先が傷んでいてどうしても整えないと行けない場合なのですが「毛先を整えてほしい」と頼むのは悪手です。

どれくらいの長さで整えるのかっていうのが美容師さんまかせになってしまうからです。

ここは細かく刻みましょう。あまり傷んでいないなら「5mmだけ切ってください!」って言うのです。

センチ単位ではなくミリ単位で指定されたらきっと美容師さんも気をつけて切ってくれるはずです。

切られすぎ注意!

髪はすかない

髪の毛が多いと、どうしても「すいて軽くしてください」と頼みがちです。

ただ、髪の毛を伸ばしたい場合すくのは危険です。

すくってことはハサミを入れるってことです。伸びなくなります。

しかも何回もすくと毛先だけうすーくなってしまう危険性もあります。

髪を伸ばしたいならハサミを入れる機会を最低限にするべきです。

髪を伸ばしたいなら美容院嫌いになろう!

ってことで、髪を早く伸ばす方法は「切らない」つまり「美容室に行かない!」です。

行くとどうしても毛先を整えたくなりますからね。

もし行ってもできるだけ切らないようにしてください。

髪を切りたい欲求は前髪だけ切ってもらうとかで抑えましょう。