ビオラの種の取り方 さやが上を向いて茶色い種が透けて見えたら採りごろです

こんにちは。ビオラはいいですよ。ずっと長く咲きますし、丈夫だし、苗も無名のものなら安いのです。

無名といっても店頭で札がないだけで、ちゃんとしたビオラです。よく売っているのはビビシリーズとかペニーとか丈夫で花付きがいい種類なのです。

苗で買っても安いビオラですが、種を自分でとって蒔くとお金をかけずに毎年楽しむことができます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

4月のビオラは花盛りから徒長に向かいます。

4月になり暖かくなるとビオラは一気に大きくなって花盛りになります。

そしてのびのびと四方八方に伸びまくり奔放になるというか、ぶっちゃけて言いますと長く伸びちゃって倒れちゃって、あちゃあという感じになります。

まだ花自体は咲き続けるので楽しめるといえば楽しめるのですが、少々見苦しくなったりしますね。

切り戻しをしてまた楽しんだりということも一時期はやっていたのです。しかし切り戻しはタイミングを見計らうのが難しいのです。

ビオラの切り戻しの難しさ

ビオラは生育の勢いが強い植物です。適切に切り戻しを行えばとても長く楽しむことができます。

けれど、適切な時期に切り戻しをするというのはけっこう難しいものなのです。

いろいろやってみて思うのは、あーちょっと間延びしてきたなーって思った時にはもう遅いということです。

伸びてきたなぁと思った時には、もうかなり節と節の間は伸びています。この状態で切り戻しをするとなると、どこで切るかかなり悩むことになります。

伸びてしまっているので脇芽のある節の上で切ろうとしてもかなり上になってしまうのですよね。

4月に入ると気温がぐんぐんあがるのでビオラが伸びる速度も加速します。恐る恐る上の方だけ切り戻しをしてもすぐに伸びてしまうのです。

かといって下の方で思い切りよく切り戻しをしてしまうと、それはそれで節から脇芽が伸びてくるのに時間がかかります。

あまり下の方で切りすぎると復活するまでに夏が来て弱って終了ということも考えられます。

勢いが戻っても時間がけっこうかかるので夏に突入してあまりよい花が楽しめなかったりします。

ビオラの切り戻しのベストタイミングは一番綺麗な時なのではないか。

多分なのですが、切り戻しをする場合のベストタイミングというのは、ビオラがモリモリしてきて株いっぱいに花を咲かせて満開になったその時です。

ここでまだ間延びしていない節の上で切りそろえれば、株はまだ力があって回復も早くまたモリモリになるのも素早いと思われます。

そしてまた満開になったら切るのです。これができればかなり長い間、株が乱れずにビオラを楽しむことができると思います。

けれど、これができないんですよ。だって今まさに満開なんです。とても綺麗に咲いているんです。今切り戻せば長く楽しめるとそうわかっていても、なかなか切れるものではありません。

私はもうあきらめて切り戻しはせずにそのまま楽しむことにしています。

切り戻しをして勢いを取り戻して咲く姿も愛しいのですが、勢いを取り戻すまでは花を楽しむことができません。それってちょっと悲しいんですよね。

切り戻しのタイミングも難しいですし、もう私はあきらめました。ビオラの思うがまま、伸びたいだけ伸びるがいい!!そんな気持ちでビオラを見守ることにしたのです。

倒れ伏そうが伸びようが、ビオラはけなげに咲いてくれます。だんだん花が小さくなっていきますが、小さい花もまた可愛いものです。

急に暑くなってくると伸びるのも早いのですが、仕方ありません。ちょっと見苦しくなって好きなように咲かせています。

株の力が尽きる前に、種を取っておきましょう。

暑くなって株が力尽きる前に、やっておきたいことがあります。そう、それはビオラの種取りです。

春になると虫が、ミツバチが多くなるのでビオラの受粉率があがり、気がつけば種をつけているようになると思います。

花に取って種をつけることはかなり体力を使うことになります。長く花を楽しみたいのであれば、枯れた花を摘み取って種を作らせないようにすることが大切なのですが、もう4月に入ると段々株も疲れてきます。疲れ果てる前に、次の種まきのための種をゲットしましょう。

花が満開になると花柄摘みも大変になるので、気をつけていてもいつのまにか種はついていることが多いです。

見逃した種を見つけるのでもいいですし、花柄摘みの時に花の根元を押えてみてふっくらとしていればそのまま残しておいてもいいです。その場合も花びらだけはちぎっておきましょう。

枯れた花びらがカビて腐って株を駄目にする原因になることが多いからです。

ビオラの種のさやの収穫時期について

ビオラの種のさやはこんな感じです。

最初はこの写真のように下を向いています。

種が熟してくるとゆっくりこのさやが上を向きます。

ちょっとわかりにくいのですが、だいぶ上を向いてきました。

そして、さやがうっすらを茶色味を帯びてきています。

このさやを透かして中の種が茶色く見えたら収穫の時です。

このさやごとぷちっとちぎって使い古しの封筒に入れて口を折り返して閉じておいてください。

そのまましばらく、2、3日放置しておくと、けっこう大きい音がパチンと鳴ってはじけます。

これでビオラの種取りは完了です。

一つのさやで、多分普通に売っているビオラの種一袋分くらい取れるように思います。

ひとつだけだと未熟なさやを収穫してしまっている場合があるので二つか三つ収穫できると完璧ですね。

三つも収穫すると、撒ききれないくらい取れると思います。

私は調子に乗って10個くらい収穫してしまうので、種をもてあますことになります。

取れると楽しいんですよ。いっぱい採ったどー!!って気持ちになります。

採った種は8月から9月くらいに蒔いて育てると、たくさんの苗が育ちます。いっぱい種を取っておけば少し失敗しても大丈夫なので安心です。

ビオラの種は本当に簡単に収穫できるので、一度お試しください。

ポイントはさやが上を向いて種が茶色く透けて見えたら収穫して封筒に入れてはじけさせることです。さやをむき出しのまま机の上とかに置いておくとすごい勢いではじけて辺り一面に飛び散りますので、そこだけはくれぐれもご注意ください。

追記。

実際に採った種です。種袋がほぼ上を向いていました。軸がまっすぐになって中がうっすら茶色ければオッケーです。

このままはじけさせてもいいのですが、どうせ後からゴミとしてよけることになるので、軸の部分とがくの部分を外します。

種が茶色いです。これくらいがとりごろです。

封筒に入れると前に書きましたが、封筒を探すのが面倒な時、私はティッシュを利用しています。

ティッシュの上に置いて、照る照る坊主を作るみたいにしぼります。

一枚でも大丈夫なのですが、心配なときは二枚重ねてやります。

このまま置いておけば種がはじけます。封筒を探すの面倒だわって時にやってみてください。

この時に小さい紙に何の種を取ったか書いて入れておくと後で楽です。

とった時は覚えているのですが、後になって開けてみて、あれ?これ何の種?ビオラ系の種なのはわかるけど、色は?形は?ってなります。

次の日に覗いてみると、もう一つは完全にはじけていました。

上のないまきびしみたいになったさやを取り出します。

取れた種は冷蔵庫で保管してください。そのまま置いておくより発芽率があがり、種の寿命も伸びます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

グーグルアドセンス関連ユニット