おでんの具に鶏手羽を入れるとめっちゃ美味しい出汁がでるのでおすすめです。

こんにちは。寒い時のおでんっておいしいですよね。

私はおでんが大好きです。一回作ればしばらくそれを食べてればいいって所が好きです。どんどん味がしみて美味しくなるおでん最高です。

おでんの具って地域によってかなり変化がありますよね。

うちのおでんにはほにゃららが入るよって言われて、びっくりした経験はどなたにもあるのではないでしょうか。

おでんに入れるおすすめの具として私は鶏手羽をすごくとても思いっきりおすすめしたいのです。

めっちゃいい出汁がでるのでおでんの美味しさがアップします。おでんの出汁が美味しくなるだけでなく、その出汁を吸って柔らかくなった鳥手羽が絶品です。

ほろってお肉がはがれます。軟骨もきれいに取れます。もうね、美しいです。楽しいです。

美味しくて楽しいのでぜひぜひ入れてください。

私はもともとおでんに入れる肉は牛スジ派だったのですが、最近はころっと鶏手羽派に生まれ変わりました。

鶏手羽美味しいです。そして牛筋よりお安いですお手軽です。おすすめします。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

おでんに入れるべき鶏手羽

鶏手羽といっても手羽先、手羽中、手羽元っていろいろ種類がありますよね。

これは正直どれを入れても美味しくできます。骨付きの鶏肉を入れるってところがポイントなので、手羽の種類にはさほどこだわらなくてもいいのです。

ただ、うちの近くのスーパーだと鳥手羽元が一番安いので、手羽元を入れるのがうちの基本になっています。

こういうお肉ですね。

この手羽元大きくて安くていいのですが、お肉が手羽先や手羽中よりも肉厚についているために調理する際にどこまで熱したら火が通ったのかわかりくにいという欠点があります。

けれど、おでんならそれは気にする必要がありません。

後は、骨が一本である、というの嬉しい点です。手羽先だと細かい骨がたくさんでますし、手羽中も二本ありますが、手羽元は大きな骨が一本です。

これが食べたときに、食べ終わったときにとても楽しいのです。

おでんに手羽を入れると本当にいい出汁がでます。

おでんというとうちでは基本はかつおや昆布で出汁をとって煮ていくのです。

そこに、鶏手羽を具材としてもりこむことで、鶏の出汁が加わります。

すると、おでんのレベルが全体的にアップするのです。

めっちゃ美味しい出汁になります。おでん最高!ってなります。

骨付き肉の旨みってすごいんだなーって感心します。

いつものおでんに鶏手羽を加えるだけなので、けっこう気軽に試せると思います。入れてみてください。

出汁としての性能がすばらしいことがわかると思います。

鶏手羽元はおでんの具としてめちゃ美味しい。

鶏肉ってぱさぱさしていてあんまりって思っている人は多いと思います。

でもおでんの具として煮込まれた鶏手羽元はぱさつきなんて一切ありません。

ひたすらお出汁を吸い込んでじゅわってする旨みあふれるお肉のスポンジになっています。

あ、一日目だとまだ食べるのは早いんです。

早くて翌日です。鶏手羽を食べていいのは一日煮込んだあとなのです!ここは守ってください。

簡単な見分け方としては、軟骨がするっと外れるかどうか、です。

軟骨まで食べられて、骨がするっと外れる状態になったおでんの鶏手羽は最強です。めちゃ旨いです!!

おでんの手羽元は食べるのが楽しい!

おでんに手羽元を入れるのを私がこんなに推奨しているのは、手羽元を入れることによっておでんがとても美味しくなるからだけではありません。

この手羽元を食べるのがめちゃくちゃ楽しいからです。

おでんの具として煮込まれた手羽元は、最初に旨みを出汁の中に放出し、その後じっくりその美味い出汁を吸い込んでジューシーになります。

骨にへばりついていた軟骨とか腱の部分も柔らかくとてもやわらかくなってするりと外れる状態になります。

箸でちょいちょいとつつくだけで、

ほろりほろりと身がはがれる状態になっているのです。

この肉が、もう、おでんの旨みをこれでもかというほど染み込ませていてめちゃうまいのです。めちゃとろける美味さです。

軟骨も柔らかくてでもこりっとした食感が残っていて最高です。もう隅々まで美味いです。

手羽元を食べた後はこの状態になります。

見てください、この綺麗な骨!手羽元を食べた後にこんなに綺麗に一本の骨が残るって知っていましたか?

私はこの手羽元のおでんを食べるまで、手羽元を食べた後の骨って汚いなーって思っていました。こうとりきれない肉片がこびりついていてちょっと美しくないわって思っていたのです。

でも、見てください。

この美しい骨を!手羽元ってこんなに綺麗に食べ終えることができる食材だったのです。

おでんの残り汁で雑炊を作るのが楽しみです。

うちはおでんの最後を雑炊でしめます。

おでんの汁ってありとあらゆる旨みがつまった出汁ですよね。これを捨てるのはもったいないです。

まあ、ちょっと塩分の問題はあったりするので万人におすすめできるものではないのですが、それでも一度は試してみてほしいのがおでんの残り汁での雑炊です。

ここに、できれば鳥手羽元を一本残しておくと、すごく美味しい鶏雑炊が食べれます。

手羽元から外した身を細かくほぐして雑炊の具とするのです。

これがめっちゃ美味しいのです。でもわかっていても、手羽元が美味しすぎて最後まで残すことが難しかったりします。

これは手羽元を残すことができず、具ははんぺんを細かく刻んだものとなってしまったおでん雑炊です。

でも、手羽元がなくてもこの雑炊めっちゃおいしいのです。

コツとしては、おでんの煮汁がけっこう最後には煮詰まっているので好みの味になるまでお湯で伸ばすことです。

卵でとじて、ねぎを散らせばすっごく美味しい雑炊になります。

雑炊で〆ると、残飯がまったく出ずに、おでんを完食することができます。

全部食べつくす!って気持ちがいいです。おすすめです。

おでん雑炊やってみてください。

あと、今回油麩があったのでおでんにつっこんでみたのですが、お麩っていうのもおでんに合うんだなぁと思いました。出汁をとても吸い込んで、噛んだ時にじゅわってします。熱いお出汁が口の中いっぱいに広がって幸せになります。

私は食べたことがないのですが、ちくわぶっていうのもお麩の一種なのでしょうか?だとしたらおでんに入っていたらおいしいんでしょうね。関東に行ったら食べてみたいなって思いました。

おでんには鶏手羽を入れて、最後に雑炊を楽しみましょう!

おでんを作る時に、鶏の骨付き肉をちょっと投入してみてほしいのです。

いい出汁がでておでんが美味しくなると共に、とてもおいしいおでんの具として鶏手羽は優秀です。

昔は牛すじ肉が大好きだったのですが、年々お値段があがっている気がしますし、下処理が大変だし、冷めたときに汁が固まるしってなっていました。

そんな時に鶏手羽元です!安いし、下ゆではした方がおいしいんですが、面倒なら煮た時に灰汁を取るくらいでもいけます。さめても汁が固まりません。

おでんの最後の雑炊がめっちゃおいしくなります。

試してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

グーグルアドセンス関連ユニット