業務スーパーの酒粕はたっぷり500g レンジでチン!簡単な一人分の甘酒の作り方

こんにちは。甘酒には酒かすを使ったものと、米麹を使って作るものの二種類ありますよね。

同じ甘酒という名前なのに作り方が違うって面白いなぁと思います。

私は主に酒かすから作る甘酒をよく飲みます。

電子レンジで作ると簡単に一人分が作れるので便利なのです。

酒かすは業務スーパーで買うと安くていっぱい入っています。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

業務スーパーの酒粕は季節商品

業務スーパーに行って、酒粕が並んでいるのを見ると「ああ、酒粕の季節なんだな」と季節の移り変わりを感じます。

酒粕は一年中並んでいる商品ではなくて、冬季限定の品になります。寒くなってくて、新酒の季節がやってくると、それにあわせて店頭に並びます。

私が行くところだとハクツルのものしか見ません。地域によっては違うものが並ぶことがあるかもしれませんが、今回はハクツルの酒粕について語りたいと思います。

白鶴の徳用酒粕です。

500gも入っているのに、お値段は税抜き185円くらいです。税込みで199円です。安いです。甘酒の既製品を買おうとすると一個100円くらいします。酒粕が500gもあれば何杯も甘酒をつくることができますので、断然お得ですね。

半練り状なので使いやすい

この酒粕のよいところは半練り状というのでしょうか。板酒粕のように水分が少ないわけじゃなくて、ほどよく残っています。なので甘酒を作りたい場合溶けやすくて使いやすいです。

水分の少ないやつだと水に漬けておいて時間を置いておかないと作りづらいので、この半練り状のやわらかい酒粕は使いやすくて好きです。

一番摂取しやすいのはやっぱり甘酒

酒粕を買ってきて、何を作るかといえば、やはり甘酒だと思います。そのまま食べたりちょっと焼いて食べる人もいますが、一番消費しやすいのは甘酒だと思います。うちではそうです。

できれば酒粕を毎日少しずつ摂取したいと思っています。粕汁にしたり、クラッカーを作ったりするのもいいのですが、ある程度手間隙がかかります。

いろいろ試したのですが、酒粕を一番手間なくおいしく摂取できるのは結局甘酒だなぁという結論になりまして、せっせと甘酒を作って消費しています。

自分で作れば砂糖の量を調整できる

市販の甘酒を買うのと、自分で甘酒を作るのの違いは、なんといっても自分で砂糖の量を調節できるところです。

市販の甘酒、美味しいんですけれどどれだけお砂糖が入っているかわかりませんよね。自分で作れば量を自在に調整できます。

あ、甘酒って二通り造り方があるので、この場合酒粕を原料にしている甘酒の話です。

お米と麹だけで作った甘酒にはお砂糖は入りません。

業務スーパーには米麹も売っているので、本当に健康のことを考えるならお米と麹で甘酒を造るべきかもしれませんが、面倒なので私は酒粕甘酒派です。

寒いときに飲むと温まるので幸せ

甘酒のいいところは飲むと身体が本当に温まることです。出来立てあつあつの甘酒をふーふーと冷ましながら飲んでいると、だんだん身体がほっこりあったまってきます。

冬の寒い夜に作って飲むと本当にあたたまります。芯からあったまる気がします。

酒粕の出回る季節は寒い季節なので、その寒さを乗り切るためにも甘酒を造って飲むのはおすすめなのです。

電子レンジを使って簡単な一人分の甘酒の作り方

私がいつも作っている簡単適当な一人分の甘酒の作り方です。

電子レンジとマグカップを使って飲みたいときに飲みたい分だけ作っています。お鍋を使わないので洗いものも最小限。

材料

酒粕 適当にスプーンで削った二かけらくらい

お砂糖 適当にどばっと入れる

お塩 入れたか入れないかわからないくらいの絶妙な量

しょうが チューブのやつをお好みで適当に

お湯 適当に好きな濃度になるまで

工程

その1

マグカップに酒粕を入れます。袋からスプーンで適当な量を削り取ります。たくさん飲みたければ大目に、ちょっと飲みたいという時は少なめに。

その2

お砂糖を入れます。適当に入れます。甘くしたければ大目にちょっとカロリーは怖いわって時は少なめに。個人的には多めに入れた方が美味しいと思います。カロリーのことは忘れてしまいましょう。

お通じのことを考えてオリゴ糖で作るのも一つの手なのですが、オリゴ糖よりお砂糖の方が美味しいと感じます。

その3

電子レンジで20秒ほどチンします。お使いの電子レンジによって時間は調整してください。酒粕が柔らかくなったら取り出してスプーンでぐりぐり混ぜます。こねます。

その4

お湯を少しずつ足していきます。一気に入れると溶け残るので少しずつ伸ばしていくイメージです。ぐりぐり混ぜながらお湯を入れてください。お好みの濃度になったら塩を入れて味を整えます。お好みでチューブのしょうがをちょいっと入れるといい感じになります。

お通じへの期待とその効果

私が酒粕が気になりだしたのは、友人から便秘によいよーと聞いたからです。長いことお通じ関しての悩みを抱えているので、お通じよいと聞くと試してみたくなったのです。

飲んでみた結果としては、いいような気がする。という感じです。いろいろ平行して試しているので、酒粕だけの効果とは言い切れないのですが、飲んでいると調子がいいように思います。

お肌にもいいといううわさを聞きます。これもいろいろ平行しているのでこれだけの効果とは言い切れないのですが、飲んでいると調子がいいです。

美味しくて、暖まって、お通じとお肌に効果があるかも!?ってすごくお得な気がしますね。

何より安くてたっぷりなのが嬉しい

そう、業務スーパーの酒粕はたっぷり500gで税込みで200円くらいです。安いんですよね。

近所のスーパーで買うと倍くらいしてたような気がします。

安いので惜しげなく使えます。甘酒以外にも粕汁に使ったり、クラッカーを使ってみたり、パンを焼くときに混ぜてみたりといろいろ使えます。

酒粕で作った甘酒はアルコール分が含まれますので車を運転する場合はちょっと注意が必要です。寒い夜に飲むのが一番おすすめです。

冬季限定ではありますが、業務スーパーで酒粕を見つけたらお得なのでゲットです。温かいほっこりした時間が過ごせます。

自分だと甘酒ばっかり作ってしまうのですが、酒粕をもう少し色々利用できたらいいなと思っています。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

グーグルアドセンス関連ユニット