安くて小さいオーム電機 デジタル ミニICレコーダー ICR-U114Nを買ってみてわかったあれこれ。うーん微妙。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オーム電機 デジタル ミニICレコーダー ICR-U114N

こんにちは。ICレコーダーが欲しいなぁと思って、買うならオリンパスのお手軽なやつか、パナソニックの細くて小さくてかっこいいやつにしよう!って思っていたのです。

しかし、安かったので思わずポチってしてしまったんですよね。オーム電機のミニICレコーダーです。型番は「ICR-U114N」ってやつです。

いやだって、普段は2,000円くらいで売っているんですけど一瞬だけ1,000円に値下がっていまして、そのくらいならおもちゃとして買ってもいいかな。音楽ファイルも入るみたいだしMP3プレイヤーとして使ってもいいかなって思って買ってしまったのです。

このオーム電機のミニICレコーダーなんですが、ICレコーダーのおすすめ記事を読んでいるとちらちらって出てくることがあるのです。小さくて安いけれど一通りの機能があるって紹介です。

その割に詳細なレビューがあがっていないので書いてみます。

簡単に結論を言えば、

マチ
マチ

ちゃんとしたICレコーダーを求めている人にはおすすめできない気がする。MP3プレイヤーとしてもファイル構造を認識してくれないので使いにくいです。小さくて電池式で録音可能時間がそれなりに長いので浮気の証拠をダメ元で取りたいとかそんな用途に良いのでは?

って感じです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オーム電機 デジタル ミニICレコーダー ICR-U114Nについて

オーム電機 デジタル ミニICレコーダー ICR-U114Nのパッケージ

オーム電機 デジタル ミニICレコーダー ICR-U114Nの詳しいスペックなどは、オーム電機さんを見てもらうのが一番早いです。

オーム電機 デジタル ミニICレコーダー ICR-U114Nの説明

見てもわからないとか、そこまでちゃんと見てなかった点について書いていきたいと思います。

私はAmazonで買ってみたのですが、お値段がタイミングによって1,000円から2,800円くらい変動幅があります。

個人的には1,000円ならおもちゃ感覚で買ってもいいけれど、2,000円以上するなら他のを買うことを検討するって感じです。

本体や付属品について

オーム電機 デジタル ミニICレコーダー ICR-U114N

こんなパッケージで届きます。

パッケージの裏に、

オーム電機 デジタル ミニICレコーダー ICR-U114Nのパッケージの説明

簡単なスペック等が書かれています。

パッケージを開けると、

オーム電機 デジタル ミニICレコーダー ICR-U114Nのパッケージを開けたところ

説明書や保証書やイヤホンなどが入っています。

取り出して並べると、

オーム電機 デジタル ミニICレコーダー ICR-U114Nの内容物

付属品はこんな感じです。イヤホンは耳に入れる部分が大きくて私の耳には痛いです。おまけ程度に考えておいてください。

本体の裏側とか

オーム電機 デジタル ミニICレコーダー ICR-U114Nの裏面

本体の裏面はとても丸っこいです。電池を入れるための形だなっていうのがよく分かる感じ。

オーム電機 デジタル ミニICレコーダー ICR-U114Nの電池入れの蓋を開けたところ

蓋を開けてここに単4電池を入れます。かなりきつきつなのでマイナス方面のバネを思い切り押し付けないと電池が入れにくいです。

電池を入れると即画面が付きます

オーム電機 デジタル ミニICレコーダー ICR-U114Nに電池を入れたところ

電池を入れると画面がすぐに付きます。電源押したりしなくていいの?って戸惑いました。

操作方法に戸惑う

操作方法なのですが、

オーム電機 デジタル ミニICレコーダー ICR-U114NのジョグスイッチとmicroUSBのタイプB

基本的に本体の右上についている小さなジョグキーが主になります。

この小さなキーを左右にすることで選択肢を移っていき、上から押し込むことによって決定です。

表面にある大きめのボタンで決定するようなイメージだったのですが、この表面のボタンは再生と録音の時ぐらいしか使わないです。そしてこのボタンを押すとペコンコペン的なちゃちな音がします。

ジョグキーは小さいキーなので慣れないと操作しづらいし、凸凹しているので指がちょっとひっかかって痛くなるんですよね。

小さいものを操作するのが得意でない人、イライラしやすい人にはおすすめできません。

ICレコーダーとしての性能について

オーム電機 デジタル ミニICレコーダー ICR-U114Nにイヤホンをつけたところ

ミニICレコーダーっていう名前なのでICレコーダーとしての機能を求めて買う人が多いと思います。

高音質ならまあまあ録音できる

録音する時の音質が二通り設定できます。

これは高音質にしておくのがおすすめです。低音質だとかなり聞き取りにくかったからです。

試しにテレビの音声を録音してみたのですが、再生時に32まであるボリュームを20以上にすれば内容が聞き取れました。

ただ、本体に擦れたりした音や操作音がかなり大きく入るのでそれらがかなり耳障りでボリュームをあげているので耳に痛いです。

会話は本体に近ければかなりクリアに録音されます。しかし少し離れた人の話し声、特に低い声の人の場合は聞き取りにくさを感じました。声質も少し違って聞こえますね。

録音音量を設定できるのですが、ここを変えてもあまり音量に変化はない気がします。気休めに最高感度にしておいています。

日時は記録されない

このICレコーダーには日時設定をする画面がありません。もともと時計機能がないようです。

なので録音されたファイル名は録音したファイルの順番に数字がつくだけです。

証拠として音声を残したい、後からファイル名を見ていつものか知りたいって場合にはこのICレコーダーはおすすめできません。いつ録音したものなのかさっぱりわからないからです。

インタビューなら録音の最初に日時を述べるくせをつければ使えるかもしれませんが面倒ですよね。

早送り、巻き戻し機能がない

録音した音声を聞いていて、

マチ
マチ

あ、ここもう一回聞きたい!

ってことがありました。しかし説明書を読んでも巻き戻し機能はなさそうです。ということは早送り機能もありません。

ジョグキーを再生中にぐぐっと倒せばいいのでは?ってやってみたらそれはボリュームを変える操作でした。

なので、聴き逃した場所を聞くにはファイルを頭からもう一回聞き直さないといけないわけです。

これについてはファイルをパソコンに移してパソコンのプレイヤーで聞けばそこで操作できると思います。

けれど、このICレコーダー自体には早送り巻き戻しがないってのはちょっとびっくりでした。巻き戻したいです!!

録音開始まで時間がかかる

ボイスメモとして使いたい場合、すぐに録音できるのかっていうのが大切です。

このICレコーダーの場合は録音開始までけっこう時間がかかります。

電源を入れた状態から録音ボタンを押して録音が開始されるまでに大体7秒かかります。

電源が入ってない状態からだとまず電源を長押ししないといけません。

本体が立ち上がるまで大体10秒程度はかかります。そこから録音ボタンを押して7秒、スムーズにやれたとしても17秒かかります。

例えば、テレビを見ていてこのCMの曲を記録して曲名を後から調べたい!と思ったとしても15秒CMだと録音は不可能ですね。

アイディアが思いついたので吹き込んで残しておきたいって場合でも17秒もかかっていたらアイディアがどこかに行ってしまいそうです。

メディアプレイヤーとしての性能について

オーム電機 デジタル ミニICレコーダー ICR-U114Nにパソコンから音楽ファイルを入れて再生しているところ

ICレコーダーとしてはちょっと微妙でもメディアプレイヤー、MP3プレイヤーとして使えたらいいかなと思って買ってみました。

しかし、メディアプレイヤーとして使おうとしたらちょっとびっくりしました。

直下に曲ファイルを置かないと認識しない

このICレコーダーはメディアプレイヤーとしても使えます。使えるんですが、知っておいて欲しいことがあります。

ファイル構造を認識してくれない。

ということです。

音楽ファイルってアルバムごととか歌手ごととかドライブ用とかリラックス用とか曲をフォルダ分けしてあると思うのです。私はしてました。

そのフォルダをパソコンからコピーしようとして説明書を読んでいてびっくりしました。

本機はファイル階層(フォルダー)認識機能がありません。音楽ファイルなどをコピーする際は第一階層にファイルそのものをコピーしてください。フォルダーを作成すると、フォーマットエラーや操作不良などの原因になります。

って書いてあるんです。

つまり音楽ファイルはすべてごちゃまぜにして一番上に置かないといけないのです。

だめだって書かれていましたがもしかしたらなんとかなるかも?って思ってファイルにいれた音楽ファイルもコピーしてみたのですが、本体からは本当にファイルが見えません。ファイル名さえ表示されてないのでどうすることもできません。

しかも「本体に入れたデータを消すときにはパソコンの操作で消さず、本体で消さないとトラブルの原因になる」って書かれています。でも本体から見えないファイルを本体から消せないのでどうしたらいいのか困っています。

早送り巻き戻し機能がない

早送り巻き戻し機能がないことはICレコーダーの機能のところでも書きました。

メディアプレイヤーとしても当然この機能はありません。

曲の途中で、歌詞が聞き取れなかったからそこもう一回!ができません。

2番が聞きたいから1番を早送りもできません。

地味に不便です。いや、とっても不便です。

そして、さっき書いたようにフォルダ管理ができないのですべての曲が第一階層に入っています。

なので聞きたい曲を探すのがとても大変です。一曲一曲小さなジョグキーで送っていかないといけないのです。

正直、メディアプレイヤーとしては使えないなって思います。曲数が多いと管理がどうしようもないのです。

オーム電機 デジタル ミニICレコーダー ICR-U114Nの良いところ

ちょっとこう悪いところばかり書きすぎてしまった気がするので、オーム電機 デジタル ミニICレコーダー ICR-U114Nの良いところを書いておこうと思います。

  • 安い
  • 小さい
  • 軽い
  • 単4乾電池1本で動く
  • 稼働時間が長い
  • MP3プレイヤーのふりができる

ってところです。

安い

ICレコーダーとしてかなりお安いです。いえ、中華製品で名前を聞いたことがない会社のものなら2,000円くらいからあるんです。

でも名前を聞いたことがあるぞ!って思う会社でっていうと4,000円くらいは出してねっていうのがICレコーダーの相場です。

それを思うと、大体2,000円くらい、タイミングが良ければ1,000円で買えてしまうオーム電機 デジタル ミニICレコーダー ICR-U114Nはとても安いのです。

ICレコーダーを試してみたいって場合に魅力的ですよね。

小さい軽い

小さくて軽いっていうのも、心にきゅってくるポイントです。

手のひらに握り込めるくらいのサイズ感です。

重さは電池を入れた状態で25gくらい。とても軽いです。付属のイヤホンが10gくらいで、合わせても35g。めっちゃ軽い。持ち運びが苦にならない小ささ軽さです。

単4乾電池1本で長時間動く

乾電池式というのは電池切れに強いというポイントです。

特に小さいものだとバッテリー内蔵でそれを充電して使うって事が多いのですが、それだと大事な時に充電が足りないっていう事態が起こります。

乾電池式なら調達が用意ですし、予備も用意しておきやすい。

そして単4乾電池1本で、54時間の録音が可能ってかなりすごいです。

54時間って2日以上ですよ!

ただ、長く録音できるだけにその録音を聞く時に早送りや巻き戻しができないってのが痛いです。

基本的にこれで聞くことを想定してないのでしょう。パソコンにデータを移して聞いてねってことだと思います。

MP3プレイヤーのふりができる

形状的にあまりICレコーダーっぽくないのですよね。

この表面の赤い丸だけマジックで塗りつぶすなりなんかりしてしまえばMP3プレイヤーですって感じになります。

実際MP3聞けますしね。

録音してる感じを出さずに録音できる気がします。

オーム電機 デジタル ミニICレコーダー ICR-U114Nが活躍する場面

以上のことをふまえ、オーム電機 デジタル ミニICレコーダー ICR-U114Nが活躍するであろう場面を考えてみました。

とりあえず録音できたらいい場面

テレビ音声くらいの音量があれば内容がきちんと聞き取れるくらいの録音性能があります。

なので、とにかくとりあえず内容を録音できたらいいって場合には使えます。

ほんとに軽い用途ですね。

また、予備というかメインのICレコーダーがあるけれどそれが撮れていない場合のための保険ってことで使うのも良さそうです。

軽くて小さいので2台目の保険ICレコーダーとしてはかなりいい気がします。

浮気調査とかの証拠集め

価格が安くて小さくて乾電池式で長時間録音が可能です。

ってことで、浮気調査の証拠集め的な使い方が向いているのではないでしょうか。

価格が安いので複数台買って各部屋に仕込むことができます。

乾電池式で長時間録音が可能なので仕掛けて次の日に回収とかもできるのでは。

小さいので隠しやそうですし、軽いので磁石を貼り付ければ車の鉄部分にくっつけられそう。

パワハラ、セクハラとかの証拠集め

パワハラの証拠を集めたいけれど、普通のICレコーダーだと見つかった時が怖い。

そんな時にこのICレコーダーなら見た目がICレコーダーっぽくないのが良い感じ。

よく見たらICレコーダーって書いてあるのですが、赤い丸さえ塗りつぶしてしまえばちょっと見にはわかりません。

小さいのでポケットや筆箱などにも忍ばせやすそう。ただ、ポケットの中でどれくらい録音できるかは未知数。多分布ずれの音がすごいことになりそうです。でも怒鳴りつけられるくらいの音量があれば録音できそうなんですよね。

ただ、この用途だと別にこのICレコーダーじゃなくても良い気がします。

もういっそのこと普通にボイスレコーダー機能がついたMP3プレイヤーを買ったほうがいいのではないかと思うからです。

事前に充電が必要なこと、録音可能時間が短いこと、ボイスレコーダー機能はおまけなのでそこまで録音音質がよくないこと、に目をつぶれば、完全にMP3プレイヤーなので見つかっても怖くない!

多機能だし、こっちを買った方が面白かったのでは?ってすごく今思っています。

結論 オーム電機 デジタル ミニICレコーダー ICR-U114Nはちと微妙

オーム電機 デジタル ミニICレコーダー ICR-U114N

オーム電機 デジタル ミニICレコーダー ICR-U114Nを買ってみたのですが、ICレコーダーとしては個人的にはちと微妙でおすすめしにくいと思いました。

メディアプレイヤーとしてはフォルダ階層管理ができないのでもっとおすすめできません。

小さくて軽くて可愛いところは良いところなんですけどねぇ。

ICレコーダーがほしいのであれば、

やっぱりオリンパスかパナソニックかソニーのを買うべきだと思います。

でも、小さくて可愛いのでミニICレコーダーを買ったことはそんなに後悔していません。

タイミングを見計らって1,000円になっていたら面白いおもちゃですよ!