業務スーパーの山本製粉のインスタントの焼きそばは激安なのに普通に美味しくてびっくりしました。ただ食べた後とても喉が渇きます。

スポンサーリンク

こんにちは。インスタント麺はお好きですか?

私は普段、添加物がーとか栄養がーって気にしている割に好きです。

ジャンクなものはジャンクなものとして心の中で別計算になっています。それはそれで好きってやつです。

ただ、なんていいますか、安くてお得なものは大好きなんですがあまりに安すぎると警戒心がわくやっかいな性格をしています。

なので、気になっていたので手を出していなかったのが山本製粉の袋系即席めんです。

だって、安すぎません?5食入りで普段だと税抜き147円とか157円くらいで売られています。

今回山本製粉の磯の風味がきいたソース味の焼きそばを食べてみたのですが、感想としてはかなり失礼なんですが、

えっ!?何これ?どうして普通に美味しいの?って思いました。

激安なだけに、さすがにこれはちょっとねっていう味を想定していたのですが、とても無難にインスタント焼きそばでした。

そりゃね、めちゃ旨い!!とは言いません。けど、麺はもっちりしているし、ソースは甘めだけどしっかり味がしてとても無難に美味しいです。

えっ!?これいくらです?って値段を思い返したらもう全然合格です。鐘が三つなります。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

業務スーパーで買える激安のインスタント袋麺 焼きそば について

業務スーパーでは袋麺が激安で買えます。

普段でも5食入りで147円とか158円とかそのあたりで買えるのです。

しかし、セールになっているとこれがもうびっくりするお値段になります。

私が買った時は税抜き128円でした。税込みで138.24円です。1食あたり27.648円です。もう意味がわからないくらい安いです。

昔は袋面ってかなり安かったですよね。特売だと198円くらいで買えた記憶があります。

今は安くなっていても248円くらいが底値ではないでしょうか?

私は袋ラーメンについては、

マルちゃん正麺と、

ラ王を激推しします。本当に即席めんって美味しくなりましたよね。

なので、ラーメンについてはいくら安くても浮気はいけないわって思いました。

なので、手に取ったことはあるのですが、いつも売り場に戻していました。

でも、今回焼きそばを発見してしまったのです。

私はインスタント焼きそばについても、一応マイベストがあります。

これです。日清の焼きそばが大好きです。日清の焼きそばのソースのことを「魔法の粉」と呼ぶくらいには好きです。

けど、焼きそばならちょっと浮気してもいいかな?って気持ちになったので買ってみました。

だって、すごく安かったのです。5食いりで128円って意味がわからないくらい安かったのです。

製造は山本製粉株式会社です。

製造しているのは山本製粉株式会社という愛知県の会社です。

原材料についてはあまり見ないで買ってきたのですが、思っていたよりは添加物が少ない気がします。まあインスタントの袋麺を買う時点で今回は健康を気にしたりなんかしません。

油揚げのめんですね。原材料にあおさが入っています。後からこれがあおさか!って思うことになったのでちょっと覚えておいてください。

カロリーは1食あたり391kcalです。

カロリーは一食(89g)あたり391kcalです。

インスタント麺だとこれくらいが普通でしたっけ?

同じ業務スーパーで買ったことのあるインスタントフォーだと、

業務スーパーのインスタントフォーはお湯で4分速攻食べれてカロリー低めで小腹が空いた時にぴったり
こんにちは。小腹が減った時にすぐに食べられるインスタント食品は、いつでも備蓄しておきたいものです。 はらへりは突然やって...

一食あたり205.8kcalだったので比べるとちょっと高いですね。

食塩相当量3.4gって欄外に書かれているのがキラリと光っています。

なにその高塩分!!

健康的な毎日を送りたい場合1日の塩分摂取量って6gくらいが基準だった気がします。

一食で半分以上とれちゃう素敵な塩分量です。

なるほど、食べた後のどが渇くわけです。

ラーメンの場合は表示上はもっと塩分量あるのですが、あれは主にスープに塩分が多いので汁を残せば塩分量を減らすことができます。焼きそばの場合全部食べるので表示量そのまま摂取することになるので注意です。

作り方はよくあるいつものやつです。

調理方法は日清のものとそう変わらないですね。

フライパンで水がなくなるまでよくゆで?て粉末ソースを入れてちょっと焦がす感じです。

お好みにより具材を入れろってかいてあるのはどの即席めんでも一緒ですね。

ただ、今回の場合は素の状態での味を確認したいので何も入れずに指示通り作りたいと思います。

個袋は単色刷りです。

大袋を空けて個別の袋を取り出すと、

なんていうか、一気にこうテンションが下がる感じです。

でもここにコスト削減が来ているわけです。この単色印刷に脳内で色を載せて下さい。

大袋のパッケージをもう一回見直すのでも可です。

よし、こんな感じに仕上げるイメージはつかめました。

説明書きなども大袋と変わったところはみられません。

作り方も一緒なのですが、カラーじゃなくなっただけでどうしてこうテンションが下がるのか、人間の気持ちって不思議なものだなって思います。

デザインとかカラーってやっぱり重要なものなのだと再認識します。

中身は麺とソースです。

袋を開けると出てくるのは、麺とソースの袋です。

日清の焼きそばに慣れていると、あれ?ふりかけは?あの青海苔はどこ?って思います。

これがコスト削減かって納得します。

作り方に忠実に作ると出来上がりです。

袋に書いてあった作り方を忠実に守ることが大切です。

30秒ちゃんとキッチンタイマーで計って裏返して作りました。

ソースを入れた時に、原材料にあおさって書いてあった理由がわかりました。

粉末のソースにあおさが紛れ込んでいました。

とてもわかりにくいですが、ほんのりあおさが混ざっています。よくよく見てください。かすかに青いものがあるかもしれないって気持ちになってくると思います。それがあおさです。

パッケージに磯の風味がきいたソース味って書いてあったのはあおさを混入しています!ってことをアピールしたいということのようです。

業務スーパーの激安即席焼きそばを食べた感想

山本製粉の即席焼きそばを食べてみた味の感想です。

安い割にいけます。かなりもっちりした麺で美味しいです。ソースは甘めな気がします。青のりは既にソースに少し入っていてかすかに存在を主張しています。これが磯です!と言われたら、へーって相槌を打つ感じです。

シンプルにこれ単独の味を確かめるために具を何も入れずに作りました。なので、これ単品を食べると最後の方はちょっと飽きます。

なんというか、最後の方に胸焼けがするのですが、それはこの焼きそばのせいではなく私が年を取ったせいだと思います。昔はすごく美味しく食べていたインスタント食品を食べるのがつらくなってくるこの感じ、年齢を重ねた人にはわかっていただけると思います。

最初の一口は美味しいんですけどね。体が受け付けなくなってきているのを感じます。もう若くない。

この山本製粉の袋焼きそばですが、値段を考えるとかなり優秀な焼きそばではないかと思います。だって安いのです。お得なのです。この値段でこの味なら合格じゃないですか?

のど自慢の採点がちょっと今日は甘めだなって思う日ならきっと鐘が三つ鳴ると思います。

え?さっきので鐘が鳴るの!?って思う人もいるかもしれませんが、この焼きそばかなり頑張っています。

私は食べてみて、この焼きそばはアリだ!って思いました。

想像していたよりいけてます。コスパを求める人におすすめします。

業務スーパーの山本製粉の5袋入り焼きそばはリピートありかも。

私はたまにインスタント焼きそばがとてもむしょうに食べたくなる時があるのですが、これを買っておけば5回分楽しめます。とてもコスパに優れています。

こういう焼きそばの場合、キャベツなどの具材を入れる場合はソースが薄まると美味しくないと思うので先に炒めたものに味付けをしておくのをおすすめなのです。

しかし、この焼きそばの場合ソースの味がかなり濃いので具に味付けせずにそのまま投入で味がちょうどくなるのではないかと思います。

そのまま素の状態だと味が濃いので食べた後にのどが渇くのが問題点です。

塩分量がかなりあるので低血圧の人におすすめの焼きそばです。

あまりに激安なので味にまったく期待していなかったのですが、予想に反して、もっちりとした麺と甘めのソースが美味しい焼きそばでした。

この値段でこの味ならリピートしてもいいのでは?と思っています。

ただ、本当にのどが渇いています。さっきもお茶を飲んだのにまたのどが渇いています。

塩分量を減らしてくれたらいいのになって思いました。

山本製粉さんはポンポコ焼きそばなるちょっと興味を引かれる焼きそばを作っていて、みてみたら口コミがよかったので業務スーパーで売ってる焼きそばがお値段の割りに美味しかったのはノウハウがあったからなのか!と納得しました。

そして袋面で6食入りってやはりお得な会社なんだなって思ったわけです。