コロナの除湿機 CD-P63A の購入レビュー 買ってわかった溜まった水が見える楽しさ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コロナの除湿機 CD-P63A の購入レビュー 必要十分!

こんにちは。コロナの除湿機の CD-P63A を買ったのでレビューを書きます。

買ってわかったあれこれを書きます。

マチ
マチ

安くて機能は限られているけれど、除湿機として求められていることはきっちり果たしてくれます。なによりタンクが大きくてどれくらい水が溜まったのかが一目瞭然なのが楽しい!音はそこそこします。

洗濯物はサーキュレーターと併用すると良さげです。

買ってよかった!って私は思っています。しかし、人によっては多分ここがひっかかるだろうなって点もあるので書いていきますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コロナの除湿機 CD-P63A について

コロナが出している除湿機、CD-P63Aを購入しました。

買うまでに悩んだあれこれは、

こんな感じです。

いろいろ悩んだのですが、CD-P63Aのシンプルさとお安さに惹かれて買いました。

CD-P63Aの良いところは、

  • 安い
  • タンクがでかい
  • コンプレッサー式で電気代が安い
  • 日本製

ってところだと思います。

CD-P63Aを買ってわかったあれこれを思いつくままレビュー

コロナの除湿機のCD-P63Aを買ってみてわかったことを書いていきます。

10年交換不要フィルターに期待するな!

コロナの除湿機 CD-P63A の箱の説明

なんかね、10年交換不要でウイルス抑制、除菌、脱臭してくれるフィルターって書いてあると期待するじゃないですか。

でもこれ、多分炭?っぽいもので作られた小さなウエハースみたいなフィルターをちょいってフィルターの内部に置くだけなんですよね。

これだけで10年も大活躍してくれるとは到底思えない感じです。このうたい文句に惹かれた人もいると思うので正直に書いています。

マチ
マチ

ないよりはあったほうがいいんだろうけど、あまり期待はできない。

そう実物を見て思いました。

コロナの除湿機 CD-P63A の交換部品

壊したり汚したりした場合は交換部品として買うことができます。材質は「紙」って書いてありますね。

除湿機を使う前の準備としてはこのフィルターをセットするだけです。

あとはもう電源コードを挿して、運転ボタンを押したら動きます。簡単簡単!

電源コードの結束を外すのに戸惑う

コロナの除湿機 CD-P63A の電源コードまとめ

なんかつぶつぶしたのがあるプラスチップの部品で電源コードが束ねられています。

すぐに!すぐさま使ってみたいのにこれがなんかほどきにくくて困りました。

外したら、外したのはいいけれど、仕舞っておく時にどう元の状態にしたらいいのかがいまいちわかりません。まあいっか。

音は人によって感じ方が違うだろうなって感じ

除湿機を使うにあたって気になるのはやっぱり音ですよね。

コンプレッサー式は基本うるさいって聞いていて、このCD-P63Aの評判を調べてみてもけっこううるさいっていう声が多いように思います。

駆動音はそれなりにある

私が最初に感じたのは、

マチ
マチ

波のあるブンブンって音がかなり気に触るな

ってことです。唸っている感じの音なんですよね。ドドドドドっていうか、ブンブンっていうか、重低音な感じで気になる人は気になると思います。

ただ、家人はまったく気にならない。静かだって言うんです。この除湿機の横1mくらいで寝れるくらい気にならないらしいです。

まあ、以前使っていた除湿機は13年前に買ったものだったのです。その除湿機に比べたら音は静かです。

しばらくしたら慣れてきましたし、テレビをつけていれば隣の部屋で使っていても駆動音ほぼ気になりません。テレビを切っていると聞こえるなーってなる感じ。

テレビを付けていても、除湿機がついているか消えているかはわかるレベルですね。

水音もよく聞こえる

そして、駆動音とは別に水音がなります。これは常時ではなくて一定時間ごとにチョロロンって感じにしたたる水音がするのです。

なんていうか、例えるならばさっきトイレ行ったけどもうすぐ出かけるからもう一回行っておくかってトイレに行った時に聞くような音です。

ちょっとわかりにくかったですね。蛇口がちょっとだけ緩んでいて、少しずつたまった水が一気にチョロロンって落ちてまた溜まるまでは静かっていうあの感じです。

この水音はけっこうはっきり聞こえます。けど、水が溜まってるなーって嬉しくなる音なので不快ではありません。

満水時の音楽はちょっとうるさい

満水時にはメロディでお知らせしてくれます。

これが大きなのっぽの古時計のメロディなんですがけっこう大きく鳴り響きます。

うるさいと言ってもいいと思います。

ただ、この満水時のメロディは、操作すると消すことができます。

コロナの除湿機 CD-P63A の満水メロディーの消し方

夜中に水が溜まって起こされるのが嫌なら切っておくのもありでしょう。

タンクが大きくて半透明で前面にあるのは良いことだ!

私がCD-P63Aを買う時に、ここがちょっとなーって思ったのがデザインです。

言いにくいことですが、すごくなんていうか洗練されていない風情ですよね。

ぶっちゃけ無骨というかダサいというか。

タンクが大きくて目立つじゃないですか。

でもCD-P63Aを買って使ってみると、認識がガラッと変わります。

よくよく考えてみてください。何のために除湿機を買うのでしょうか?

それは、除湿するためです。除湿機で除湿すると、どうなるかというとタンクに水がたまります。

この水が溜まるってすごく嬉しいことなんですよね。

こんなにたまった!っていう達成感があります。

しかし、ちょっとオシャレな除湿機だとこの水がたまったかどうかっていうのがデザイン上見づらかったりします。

CD-P63Aはタンクが大きくて半透明で目立っています。ってことは水がたまったのが一目瞭然なんです。

コロナの除湿機 CD-P63A の水のたまりっぷり

これはとても良いです。どれだけ溜まったかな−っていう楽しみがあります。使ってみると、このデザインは素晴らしい!って思います。

もうね、半透明じゃなくて透明でもいいのではないかってくらいです。

コロナの除湿機 CD-P63A のタンク

形状も取り出しやすく、蓋がないので水も捨てやすいです。

除湿能力はあります

使用してみて、肝心の除湿能力についてですが、あります。

ちゃんと除湿してくれます。かなりぐいぐい頑張って除湿してくれますね。

除湿能力としてはカタログ上で一日で60Hzの地域だと6.3リットルです。一日は24時間なので1時間で262.5mlという計算ですね。

タンクが3.5リットルあるので、満水にするには13時間20分ほどかかります。

使ってみた感覚としては、1時間で1センチくらい水が溜まる感じでした。これは今後も検証してみたいと思います。

洗濯物もカラッと乾燥

廊下に洗濯物を干して、洗濯物を乾燥させてみたのですが、かなり乾燥が早いです。

部屋干しだけどちゃんと乾燥できて嬉しく思いました。

これで梅雨に勝てる!って思いましたね。

重さや大きさ

前に使っていた除湿機と比べると、軽くなって大きさもコンパクトになりました。

具体的には前は両手で持たないと持てなかったのが、コロナのCD-P63Aだと片手で持てなくもない、って感じです。

持ち手がしっかりしていて持ちやすいですね。

この大きさ重さであれば、家の中の移動にはさほど苦労しません。

洗面所でも使いたいのでこの点はとてもよかったです。

送風口は小さい

コロナの除湿機 CD-P63A の送風口

洗濯物の乾燥という点で少し不満に思うのは送風口の小ささです。

手のひらくらいのサイズなんですよね。ここから乾燥した風が出て来るのですが、もう少し幅広でもよかったんじゃないの?って思います。

なので、洗濯物を乾燥させたいって場合はこのCD-P63Aだけでなく、サーキュレーターを併用した方が良いと思います。

CD-P63Aはお安いので、サーキュレーターを買っても他の除湿機を買うより安く付く可能性が高いです。

ボタンが少なく操作が単純で良い

コロナの除湿機 CD-P63A の操作パネル

CD-P63Aの良いところは機能が少ないので操作が簡単だっていう点です。機能がたくさんあればあるほど操作はややこしくなるのです。でもCD-P63Aは直感的に操作できるくらい簡単です。

高齢の人にも優しい仕様です!

ボタンは3つのみ!

ボタンは3つだけしかありません。

黄緑色の運転ボタンで起動と終了です。

右にある運転切り替えボタンを押すごとに、衣類乾燥、除湿、除湿(節約モード)、送風と順番に切り替わります。

除湿と、除湿(節約モード)は側面についているお知らせサインで見分けます。

除湿(節約モード)の時だけ、

コロナの除湿機 CD-P63A の節約モードの青ランプ

この窓が青く光ります。

その他の運転の場合は、

コロナの除湿機 CD-P63A の運転のランプ

緑です。

左にあるボタンはタイマーボタンなので、タイマーをかけたい時にポチポチ押すと時間が指定できます。

停止の時に押すと内部乾燥モードになって勝手に内部を乾燥してくれるようです。

もうね、適当に触っていれば使えるくらい単純です。

これくらい単純明快で良いと思います。

基本的に、衣類乾燥か、除湿しか使いません。

衣類乾燥と除湿の違いは送風が弱か強かの違いだけです。

節約モードの説明をよく読むと面白い

CD-P63Aを買う時に、除湿に節約モードが付いているってのがポイントになった人もいるかもしれません。

コロナの除湿機 CD-P63A の箱の説明

節約モードで家計に優しくて、電気代が40%もダウンするなんて素敵!って思いますよね。

しかし、この節約モードよくよく読むと、

マチ
マチ

必要ある?

って思います。

コロナの除湿機 CD-P63A のの運転説明

衝撃の「電気代を約40%節約、除湿能力も約40%低下しますっていう説明。

私はこれを読んだ時に、

マチ
マチ

それ意味あるんかーい!!

ってつっこみました。

除湿運転(節約モード)を選んで除湿していたら、1時間くらいたったら除湿機の音がしなくなったんですよ。

けっこう駆動音がするので動いているのか止まっているのかくらいすぐにわかります。

マチ
マチ

えっ!?初期不良!?

って思うじゃないですか。

なので取扱説明書をよく読んだから、これで正常だということがわかりました。

節電モードでは、

60分運転したら10分停止して、その後10分運転、10分停止を繰り返すのです。

停止している時は電気を使わないので節電ってことですね。

マチ
マチ

てか、40%の時間停止しているだけですやん!!そりゃ除湿能力も40%落ちますよ!!

なので、この節電モードは節電のために使うものじゃないと思います。

これはきっと、除湿しすぎないためにあるのです。

このCD-P63Aには湿度を感知する機能がありません。なので運転中はずっと除湿します。なので除湿しすぎる場合があると思うのです。

蒸し蒸しするけど、夜中ずっと稼働させて除湿しすぎるのも嫌だなーって時に使うべきなのではないでしょうか。

買って満足 コロナの CD-P63A はおすすめの除湿機です!

コロナの除湿機 CD-P63A の操作パネル

コロナの除湿機のCD-P63Aは安くて必要十分の機能を備えています。

私はCD-P63Aを買ってよかったと思っています。

何よりこのでかくて見やすいタンクがおすすめです。水がたまったのがひと目でわかるってすごく楽しいです。

音はそこそこうるさいです。そこは覚悟してください。

でもこのお値段でこの除湿能力は魅力的です。送風口が小さいのもあって、洗濯物を乾燥させることを期待するなら、サーキュレーターとの併用をおすすめします。

入門用のサーキュレーターをあわせて買っても、他の除湿機よりお得です。すごいぞコロナ!