アルミ鍋の黒ずみをクエン酸で落とした話。黒くなった鍋を綺麗にしよう!

アルミ鍋の黒ずみをクエン酸で落とせる

こんにちは。ゆで卵を茹でたら黒くなってしまったアルミ鍋、ありませんか?

ストーブでゆで卵を作っていたらなんか黒くなっちゃったんですよね。

調べたら身体に害はないらしいんですが気分が悪いので新しいアルミ鍋を買おうと思っていました。

でも、この黒ずみ、クエン酸で落ちるらしいのです。

マチ
マチ

えーほんとに?

って思いながらやってみたら綺麗になったのでとても気分が良いです。

私がやった手順としては、

  1. 黒ずんだアルミ鍋に文旦の皮を入れて煮てみる
  2. 変わりがないようだったのでクエン酸をぶちこんで煮込む
  3. 変わりがないようだったのでシュンとしながらそのまま冷めるまで放置
  4. 変わりがないので失敗したんだなって悲しくなりながら洗う
  5. 洗ったらなんか水が黒っぽい灰色に
  6. あれ!?落ちてる!?
  7. ピカピカ!

です。

軽い汚れだとクエン酸水を沸騰させただけでも取れるらしいのですが、頑固な黒ずみは最後に洗うと取れるようです。

家に黒ずんだアルミ鍋があって、買い換えようかなって思っているのなら、買い換える前にクエン酸を煮てから洗ってみましょう。りんごの皮とかレモンとかでいいらしいです。

黒ずみが取れた後は米の研ぎ汁で煮ておくとなんか被膜ができて黒ずみにくくなるそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゆで卵を作ったらアルミ鍋が黒ずんだ

黒ずんだアルミ鍋

うち、冬場はストーブを使うのです。ストーブってお湯をわかせるのでそのお湯でいろいろやります。

朝はゆで卵を作ったりするわけです。

固茹でが好きなので結構長時間ストーブにかけっぱなしにしちゃったりして、そうこうしているうちにアルミ鍋がいつのまにか黒くなっていました。

真っ黒とまではいかないけど、明らかに黒ずんでいます。

黒ずんだアルミ鍋

なんか、汚い。

調べたらなんか化学変化を起こしてるみたいです。人体には害はないらしいです。

でも、こう小汚いと気分が悪いですよね。

そのまま使っていたのですが、使う度にテンションが下がります。

マチ
マチ

アルミ鍋安いし、買い換えよっかな

って思いました。

近所のドラッグストアに雪平鍋が売っていたので買っちゃおうかなって値段を見たりしました。

500円くらいから買えちゃう。お手軽。

でもまたゆで卵を作ったら黒くなっちゃうのかな。新品が黒くなったらショックだな。

アルミ鍋の黒ずみはレモンとかりんごの皮で綺麗になるらしい

アルミ鍋を買い換える前に、ちょこっとネットで調べてみようって思って、アルミ鍋の黒ずみをなんとかする方法を調べました。

そしたら、レモンとかりんごの皮を煮込むと綺麗になるって出てきました。

どうやらクエン酸によってなんか化学変化が起こるらしいのです。

柑橘系の皮でなんとかなるのであれば、うちには今の時期、文旦がうなっています。

もうちょいしたら河内晩柑の皮がうなるんですけど、今なら文旦の皮なら捨てるほどあるってか捨ててる。

この皮を煮込んでみようと思いました。

アルミ鍋の黒ずみを文旦の皮でなんとかしよう!

黒ずんだアルミ鍋で文旦の皮を煮てみる

っていうことで、文旦の皮を煮込んでみました!

文旦の皮を煮込む

コトコト5分くらい文旦の皮を煮込んでみました。

結果、

マチ
マチ

変化なし!

変化、ありません。

箸を使って文旦の皮で黒ずみをこすってみる

あまりに変化がないので悲しくなりました。

なんとか黒ずみを消せないかと思って、文旦の皮を箸でつかんで黒ずみをこすってみます。

コシコシゴシコシ

結果、

マチ
マチ

変化なし!

変化があるようには見えません。

これは文旦の皮ではクエン酸の量が足らないということでしょうか?

やっぱりんごの皮の方がよかったの?

クエン酸をぶちこんでみる

文旦の皮だけではクエン酸パワーが足らないのであれば、援軍を呼べば良いのではないかと考えました。

そのものズバリなクエン酸を入れちゃえばいいのではないか。

クエン酸なら100均でも売っていますよね。うちにもあります。

入れましょうクエン酸。適量はわからないけどサラサラっと適当にぶちこみましょう。

そして煮込みましょう。

結果、

マチ
マチ

見た目に変化なし!

なんということでしょう!

クエン酸で煮込んでいるのに黒ずみが消えません。

ものすごくよーく見たら少しだけ薄くなっている気もしなくもないかもしれない?ってくらいの微妙な変化が感じられなくもないって感じです。

ここでもう私は落ち込みました。

失敗です。私にはアルミ鍋の黒ずみをなんとかすることはできなかったのです。

冷めるまで放置してみる

アルミ鍋の黒ずみ

悲しくなりながらも私は時間の力を信じることにしました。

つけ置き洗いってあるじゃないですか。時間をかけたら黒ずみも綺麗になるかもしれない。

冷めるまで放置しましょうそうしましょう。

そうして冷めた鍋を見て思いました。

マチ
マチ

変化なし!

よし! 新しい鍋を買おう!

クエン酸でアルミ鍋が綺麗になるっていうのはデマだったんだ。少なくともうちの鍋は綺麗にならなかった。悲しい。

洗ったらなんか落ちた!

でもですね。最後にこの鍋を洗ったわけです。

新しいのを買うまでは使いますからね。

そしたらなんか落ちました

なんか水が濁っている。黒っぽい灰色っぽい水になっている。

マチ
マチ

なにか落ちている!?

びっくりしてスポンジで鍋をこすりました。

クエン酸で綺麗になったアルミ鍋

マチ
マチ

えっ!?綺麗になっている!?

びっくりです。落ちました。黒ずみが落ちたのです。

クエン酸でアルミの鍋の黒ずみが綺麗になるというのは本当だったのです。疑ってすまんかった。

クエン酸で煮込んでから洗えばアルミ鍋の黒ずみは綺麗になる!

クエン酸で綺麗になったアルミ鍋

アルミ鍋の黒ずみはクエン酸でなんとかなります。

でも自分がやってみて思いました。

マチ
マチ

アルミ鍋の黒ずみはクエン酸で煮込めば綺麗になるんじゃない。クエン酸で煮込んだ後洗うと綺麗になる

のです。

煮込んだだけでは黒ずみが落ちないこともあるのです。その時点であきらめないでください。

その後洗うと、スポンジでこすると落ちます。

そして、黒ずみを落とした後は、米の研ぎ汁でしばらく煮てください。そうするとなんか被膜ができるらしいです。

被膜がないとまたすぐに黒ずむみたいなんですよね。

まあ、また黒ずんだらクエン酸で煮込んで洗えば良いんですけど。

アルミ鍋が綺麗になったのですごく気分が良いです。良い日だったなー!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ちょっと気になるあれ
関連記事(広告含む)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
ちょっとお得に暮らしたい