100均ダイソーの天狗のピリカレーをおすすめする3つの理由 安い美味い辛い

天狗のピリカレー10%増量パッケージ

こんにちは。昔からあるスナックってたまに無性に食べたくなりませんか?

積み重ねた歴史が美味さを保証しているというのでしょうか。これは昔から間違いない!というお菓子を誰でも心に一つ以上持っていると思います。

天狗のピリカレーもそんな昔から間違いなく美味しくて愛されてきたお菓子だと思います。

好きです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

天狗のピリカレーが好きなのでおすすめしたい

私はこの天狗製菓のピリカレーが大好きなのです。一時期もうたまらく好きで好きで毎日食べていました。今は少し落ち着いたのですが、それでもダイソーに行くとそわそわっとしてカゴに入れてしまいます。

そう、この天狗のピリカレー、スーパーよりダイソーなどの100均の方が見つけやすいです。私はいつもダイソーで買っています。

10%増量品などを見た日にはとてもいい気持ちになりますね。すごく得をした気持ちになれます。1割も多く入っているなんて素敵!

そんな素敵なピリカレーをおすすめしていきたいと思います。

辛いけど旨い

天狗製菓の天狗のピリカレーの特徴はその辛さです。カレースナックもいろいろあるのですが、その中でも一番の辛さではないかと思います。

袋には「本格派カレースナック!!」と書かれており、その本気さがうかがえます。

食べてみると、これが本当に辛いのです。

えっと、これはスナックですよね?ある程度子どもさんもターゲットに入っていらっしゃると思うのですが、お子様にこの辛さって大丈夫でしょうか?かなり大丈夫じゃない気がするのですがマーケティングターゲット設定どうなっていらっしゃいます?と余計な心配をしてしまう辛さです。

あ、私は基本甘口好きです。かなりな甘口だと言っていいと思います。家のカレーは甘口で作ります。中辛だと辛くてあまり食がすすまないくらいの甘口なのです。

その甘口な私が、辛い!!と言ったところで信じてもらえないかも知れませんけれど、かなり辛めの味付けだと思います。

でも、美味しいんです。これはすごいことだと思うのです。カレーの甘口しか食べない私が、基本的に辛いのが苦手な私が、辛いけれど美味しいから好きなんです。天狗のピリカレー。

形的にはちょっとダイエットしたかっぱえびせんです。食感も近いです。でもかっぱえびせんよりもやや硬度がましていて、かんだ時のサクッと感が強いように感じます。

まず、この生地のサクサク感がすごくいいのです。楽しいサクっと感です。練りこまれているカレー味も辛いだけでなく旨みがあるのだと思います。

そして振りかけられているカレーパウダー。これがまた辛いけどそれもまたよし!!ってなります。このパウダー多少むらがあるようで、袋によってよくかかっているものとあまりかかっていないものがあるような気がします。ロットによるんでしょうかね。

あっ、これにはよくかかっているな、溝の部分がちょっと赤いぞ!ってやつは辛いですね。辛いけどくせになるのです。

かっぱえびせんもかなり、やめられないとまらないお菓子なのですが、このピリカレーは、やめられないとまらない、じゃなくて、やめたけどとまらないお菓子という気がします。

辛いから一気食いがしにくい

やめたいけどとまらない、というのがどういうことかと言いますと、辛いので一気食いはしないのです。

ある程度食べると口中が辛いので、一旦手が止ります。一旦食べるのをやめたんですけど、しばらくして口中が落ち着くとまた手が出てしまうのです。結局とまらない、ということになります。

なんでしょうね、この感じ。後ひく美味さであることは確かです。

そう、でも、この一度手を止めることができる、というのはダイエットをしている際にはとても嬉しい特徴になります。

後ひくうまさなので、また後から手を出してしまう可能性は、まあ、多分にあるのですが、程よいところで袋を一旦閉めることが容易です。

ダイエット中のおやつでよくあるのは、ちょっとだけと思って食べ始めると、勢いがついてしまって、もういいや、食べちゃえ!と全部食べてしまうことです。

しかし、この天狗のピリカレーであれば、その辛さから、ある程度食べると、ちょっと休憩しようか、と自然に思います。そのタイミングで袋をしまってしまえば、ちょうどいい量で間食を終えることができる可能性があるのです!!

私の場合は勝率3割くらいですかね。美味しいのでまた後で袋を開けてしまうのですよ。意思が弱すぎる。

お手ごろ価格で安定の美味しさ

そう、天狗のピリカレーの魅力の一つはその価格です。

100均で買うと当然ながら一袋108円です。おやつとして安いお値段ですね。

それでいて内容量は通常時で95gも入っています。10%増量時にあたれば105gです。

お手ごろ価格でこの内容量、コスパがいいと言えます。そして安定した美味しさ。安さだけで言えばもっと安いお菓子はあるでしょう。けれど安定した美味しさを兼ね備えて、このコスパというのはなかなかないのではないでしょうか。

いつ食べても安定して、ああ、これこれ、この味!といえる美味しさというは貴重です。

迷ったらこれ!と思います。とても価値ある108円ではないでしょうか。

食べながらこれを書いていますけれど、本当に美味しいと思います。

問題点としてはカレーの粉で手が汚れるということですね。お手拭が必須です。

追記

コメントで、爪楊枝で食べる!という裏技を教えていただきました。

なるほど、これなら手が汚れず、しかも一本ずつ食べることで食べるスピードを遅くすることができます。

箸で食べるより手軽ですし、いい方法ですね。

追記その2 内容量が減って悲しい

天狗のピリカレー内容量が減った?

大好きなピリカレーが業務スーパーに並んでいたので喜んで買ってみたのです。

業務スーパーだとお値段なんと税抜き78円で売られていたのです。

でも見た時、持った時に違和感を感じました。

マチ
マチ

なんか少ないな……

そうなのです。内容量を確認してみたら、

天狗のピリカレーの内容量が85gに

85gになっていました。前は95g入っていたので10gの減量です。

悲しい。とても悲しいなぁ。

いつから減ったのかはわかりませんが2019年11月に買ったものは85gでした。