100均ダイソーの乾電池を非常持ち出し袋につっこんでいます。マンガン電池は安くていいですよね。保存期間が短いのに注意です。

備蓄電池はダイソーで

こんにちは。非常持ち出し袋を整理整頓したら使用期限切れの電池が出てきました。

でも100均ダイソーで買ったやつだったのであまりショックはなかったです。

備蓄電池はできるだけローリングストックでしたっけ?使いつつ在庫を管理するのが良いと思うのですが、非常持ち出し袋を作ったはいいけどチェックをしないズボラ人間にとってはダイソーの乾電池を突っ込んでおくのがいいんじゃないかなって思っています。

そして今回電池の使用期限を調べてみたのですが、長期保存するのならアルカリ電池の方が寿命が長かったのですね。

何も知らず、数が多いから!ってマンガン電池を選ぶことが多かったのですが、なるほどーこういうところに差があったのかって思いました。

マンガン電池は小さな電気が必要な機器に向いていて、休み休み使うと電気が復活するという面白い性質があるそうです。

アルカリ電池はパワーがいる機器に向いていて長寿命らしいんですが、そんな見分けはよくわからん!って思います。

基本的にはアルカリ電池を使っておいて、置き時計等のマンガン電池使用推奨されている機器にはマンガン電池を使うっていうのがおすすめです。

まあ安くていっぱい入っているマンガン電池が私は大好きなんですけどね……

スポンサーリンク
レクタングル大広告
スポンサーリンク

ダイソーで買えるマンガン電池

100均ダイソーのマンガン乾電池

ダイソーで電池を買おうと思うと目につくのがこいつです。黒いマンガン電池です。

だって本数が多いんですよ。単3の乾電池は8本、単4の乾電池だと10本も入っています。

数が揃うって安心感なんですよね。

思わず私が買ってしまう電池です。

使用期限は2年くらいですね。ただ期限が過ぎてもすぐに使えなくなるわけではないです。

実際、使用期限が切れているダイソーの電池をチェックしてみたのですが、容量は少なくなっていたり、使えない電池もありましたが、まだ使えるって電池も中にはありました。

アルカリ電池より液漏れしくく、液漏れした場合の液体の危険度もやや低いという利点があります。

そこんところが悩ましいところですね。

使用期限やパワーを考えるとアルカリ電池を買うのが一番なんですが、液漏れしやすいならマンガン電池の方がマシでは?って気がします。

最近夏が高温多湿になってきて、電池を保存するには不敵な気温に何日もなることが多いです。

アルカリ電池はちょっと高い

ダイソーでアルカリ電池を買ったことが私には多分ないのですが、同じお値段なのに本数が半分くらいですよね。

パワーはあるんだろうけどアルカリ電池は高いなって思います。

ダイソーの電池の評判を調べると、パワー自体は悪くないっぽい感じの記事が出てきます。

ただ、使用期限はパナソニックなどの大手のものと比べるとちょっと短めで7年前後のものが多いようです。

それでもマンガン電池と比べると2倍以上の保存期間があるのでお値段が高いのはそういうことなんだろうなって思います。

でも、100均のアルカリ電池は液漏れしやすいという口コミがあります。

パワーが有る分そこら辺のリスクがあるのでしょうか。

液漏れを起こすとリモコンとか懐中電灯とかラジオとか時計などが故障してしまうのでかなり困ります。

長期間入れっぱなしにしておくとリスクが高いので非常持ち出し袋などに入れておく場合は電池を抜いて別保存がおすすめです。

アルカリ電池は液漏れした時の液がかなり危険なのも困ったところです。嫌ですよね、あの液。

目に入ると大変なことになるので子どもが電池を触らないように十分注意したいです。

備蓄電池をダイソーで買うなら

いろいろ見てみたのですが、備蓄電池をダイソーで買うならアルカリ電池よりはマンガン電池の方がいいのかなって気がしました。

一番いいのはちゃんとしたメーカー品のアルカリ電池を備蓄するのことなのですが、

ちょっとお高いんですよね。

備蓄電池で非常持ち出し袋に突っ込んで置いてしまうものって入れ替えがちゃんとできるかっていう問題があるので、本来は長寿命のちゃんとしたやつを入れておきたい。

そう思います。そうは思うのですが、非常持ち出し袋につっこんだ電池をちゃんと使うかっていうと使わない可能性が高い方が嬉しいわけで、そうすると使わずに使用期限がきたら勿体無いなぁって思ってしまいます。

ちゃんと1年か2年ごとくらいに非常持ち出し袋の中身を点検できるのなら、100均のマンガン電池をつっこんでおくってのも一つの方法かなって思います。

100均ダイソーのマンガン乾電池

だって安いんですもの。パワーがないのでアルカリ電池の方が安心感はあるんですが、液漏れリスクを考えるとマンガンかなって思います。

そして数が揃うってのも利点ですね。種類の違う乾電池や残量が違う乾電池を混ぜるのも液漏れの原因になります。

懐中電灯などで本数を必要とする場合に同じ電池同じ容量の電池が揃いやすいというのがマンガン電池のいいところです。

オーム電機のRAD-H245N スタミナハンディラジオを買ってみた感想と簡単レビュー 長時間利用できるなら非常時ラジオにピッタリのスペックなんですが音質がちょっと惜しい。
こんにちは。非常時に頼れるラジオが欲しいなっていろいろ考えて、どれを買おうか考えていたのですが、 災害時のラジオに求める...

ラジオや、

100均ダイソーでおすすめの懐中電灯 単3電池1本で1日使えてそこそこ明るくて使えます。
こんにちは。また台風が近づいていて怖いです。 先日非常持ち出し袋を点検していて出てきた懐中電灯について紹介します。 ...

懐中電灯と共に備えておきたいのが電池です。

100均の電池でもないよりはあったほうが安心できます。とりあえず買っておきましょう。