冬のパソコンは右手が寒い!マウスが暖かければいいのに!と思ったので手持ちの電気あんかでなんとかした話。

こんにちは。寒いですね。

寒いと困るのがパソコンでの作業です。作業っていってもネットサーフィンをしていることがほとんどなのですけれど、パソコンを使っていると寒いのです。

特に寒いのが右手です。右手というのはキーボードを打ったり、マウスを動かすために常に外に出ていることが多いからです。

左手ならマウス操作の間はコタツの中に入れるなりポケットに入れるなりして暖をとることができるのですが、右手はどうにもなりません。

この右手をなんとか暖かくして快適にパソコン作業ができないだろうかと考えてみました。

それも、できればお金をかけずに!という条件で知恵を絞ってみた結果、

電気あんかをマウスパッドにするという荒業をくりだしてみました。

やってみると、これは暖かいです。でも高さがあるのでマウスが使いにくく、キーボードが打ちにくという問題があります。でも今ちょっと慣れてきました!

これで冬を快適に過ごせるかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

冬はお部屋が寒い問題

冬は寒いですね。本当に寒いです。

でも、こうなんていいますか、うち田舎の木造平屋なので暖房効率がすごく悪くてですね。

どうせ暖かくならないならつけても一緒じゃないかっていう面倒くささを発揮してほとんど暖房器具を使わない生活を送っています。寒ければ着ればいいのです。

電気あんかを暖房にして着る毛布を使って体の温かさはある程度確保

暖房器具をほとんど使わないと書きましたが、全然使っていないわけではありません。

去年、いえ、おととしかな?から私が愛用しているのが電気あんかです。

これはすばらしい暖房道具なので激しくおすすめしたいです。

寒がりの私が電気あんかで一冬乗り切ったお話。電気あんかの良い所、悪い所。
こんにちは。寒い冬の日にお布団に入ったはいいけれど、手足が冷たいせいでなかなか眠りにつけないということはありませんか? ...

めっちゃいいです。素敵です。もうこの電気あんかなしでは生きていけないくらい依存してます。ついでに着る毛布も素晴らしい発明だと思っています。

この二つを使えば、寒い部屋でもなかなかしっかり暖を取ることができます。

しかし、手が寒い。特に右手が寒い

しかし、問題なのが手です。パソコンを使っているとどうしても手は外に出ることになります。

しかもキーボードを打ちたいなってなると手袋がうっとおしいのです。邪魔なのです。

指だしの手袋もありますが、結局あれ指が出てたら寒いですよね?

そして、まだ左手はいいのです。キーボードを打たなければ別に必要ないからです。

コタツの中に入れるなりポッケに入れるなりしてそれなりに暖を取ることができます。

しかし、右手、こっちはどうにもなりません。マウスを使わなければならないからです。

特にネットサーフィンだとマウスをとてもよく使います。寒いけどずっと右手は外に出してないといけないのです。つらい。

冷え性なので指先が信じられないほど冷たくなります。そしてその手の冷たさが体に伝わってきてとても寒いです。

右手の寒さをなんとかしたい

この右手の寒さというのがとてもつらい。本当に冬がつらいのです。

この右手の冷たさをなんとかできないものかといろいろやってみるのですけれど。

対策1 温かい飲み物を飲む

まあ、基本ですね。温かい飲み物を入れて、中から体を温めると共に、分厚いマグカップになみなみと飲み物を入れてそれを包み込むように持つことによって手を温めよう作戦です。

これは結構効果的です。しかも即効性があります。

欠点としては、飲み物を入れるのに台所まで行くのが面倒なことと、暖かくなるのがけっこう一時ですぐにまた冷たくなってしまう点です。

ついでに言えば一時にあまり大量に水分を取れない体質なのでなみなみ注いでも飲みきれずそのうち冷え切った飲み物が残るってこととおトイレが近くなるって問題です。

対策2 顔とか首筋とかお腹とかに手を当てる

どうしても手が冷たすぎて耐えられない!ってなるとその冷え切った手を顔とか首筋に当てて暖めようとします。

もっと温かい場所をを求めてお腹のあたりに手を差し込むこともあります。

これは確かに温かいのですが、とても重大な問題があります。

手を当てたところがめっちゃ冷たいのです。

当たり前なのですが、深刻な問題です。暖をとりたいのにめっちゃ冷たいって切ないです。

でもそうせざるを得ないくらい右手が氷のように冷たいのです。

自分で自分に嫌がらせをしているようで切なくなります。でも手はちょっと温まります。

対策3 電気あんかに手をあてる

電気あんかを暖房として用いるようになってからは、着る毛布を着てお腹あたりに抱えた電気あんかに右手を当てて暖をとるっていうのをやるようになりました。

これはすごく温かくて幸せです。

でも、他の方法もそうなのですが、右手を暖めている間ってパソコンを使えないんですよね。

作業がとまります。だって右手を暖めているわけなので右手でマウスを使えない状態になるんです。

そのため、最低限暖めたらすぐに右手はまた寒いお外に出て作業をすることになります。

ちょっとの時間暖めただけだとまたすぐに冷たくなってしまって、あまり意味がないのです。

もっと、根本的に右手の労働環境を改善する必要があるのではないか?そんな気がします。

マウスが暖かければいいのでは?

マウスを使っている右手が寒いというのが問題なのです。作業を続行しつつ右手を暖める方法として考え付く方法としては、このいつも握っているマウスが温かければいいのでは?ってなります。

温かいマウスがあれば、それを持っている右手が温まり幸せになれるのではないか?そう考えました。

暖かいマウスを探してみる

そうと決まれば検索です。きっと私と同じ悩みを抱える人はいるはずです。

冬に右手が冷たくて、温かいマウスを探している人はきっといるはずです。

楽天で「マウス あたたかい」で調べると、ミッキーマウスのマグカップとかが出てきて、

違う!そうじゃない!ってなりましたが、アマゾンだと見つかりました。

そう!こういうの!こういうのを求めているんです!!ってなりました。

でも評判がいまいち?

あたたかいマウスっていう求めていたものなのですが、レビューを見るとあまり評判がよくありません。

どうやらあまりあたたかくなかったり、挙動がおかしかったり、あたたかいのは掌で指先はあたたかくなかったりするようです。

そんな!めっちゃ期待しているのにそんなのって切ない!って思いました。

マウスパッドが暖かいやつがある

じゃあ、他になにかよいものはないのか?とさらに捜索していると、マウスパッドが出てきました。

なるほど、マウスパッドを小さいかまくら状にしてその中を暖めればきっとあたたかいよ!っていう商品ですね。

問題はかなり日本語があやしい商品が多いので、多分そこまでこう性能に期待できなさそうなところでしょうか?

この商品を見て、ちょっとしたひらめきが私を襲いました。

マウスの下が暖かければいいのか?それならば。

電気あんかをマウスパッドにしてしまえばいいのでは?

そうです。熱を発するマウスパッドくらいの大きさのものを私はすでに持っているのです。

そう、それは、

電気あんかです。これ使えませんかね?って思いつきました。

電気あんかはマウスパッドとして使えるのか?

さて、電気あんかはマウスパッドとして使えるのでしょうか?

結論から言えば、微妙だけと使えなくもないのでは?って思います。

ただ、問題はあります。ありまくりです。

高さが問題

電気あんかの上にマウスを置いて使ってみました。

ポインタの動きについては思ったよりもスムーズで問題ないです。

ただ、電気あんかって高さがあるんですよね。

マウスパッドに比べるととても高いです。

えっと、厚さが4,5センチあるんです。けっこうな高みにマウスがあることになるのでかなりその、なんていうか使いにくいです。

そしてまったくの平面というわけではなくて、微妙に端っこの方が低いので安定がちょっと悪いですね。ぐらぐらするっていうわけではないのですが、本当に微妙に揺れる感じがします。

でもマウスを使うだけなら慣れればそんなに問題はなさそうです。

多分どっちかというと問題になるのはキーボードを打つ時の方ですね。

高さがあるのでちょっと腕の邪魔になるといいますか、腕が電気あんかとマウスの上に乗るといいますかそんな感じになります。

熱が逃げる問題にどう対処するのか?

電気あんかをそのままマウスパッドとして利用すると、電気あんかをむき身で使うことになります。

そうすると熱が逃げてしまって、あまり暖かくないっていう問題と多分電気代がたくさんかかるっていう問題が出てくると思われます。

とはいっても電気あんかの電気代ってめっちゃ安いのでそれでもいいかなって思ったのですが、あまり暖かくないっていうのは問題なのでなにか対策を講じないといけません。

とりあえずの対策としてはマフラーで巻いてみました。

マフラーで巻くことで電気あんかの熱を保持し、マフラーと電気あんかの間にマウスを置いてそこに手をつっこむことによって暖かさを最大限に右手に与える作戦です。

これの問題点はマフラーの厚み分また高さが増すということと、マフラーに手をつっこんでマウスを使うのがちょっと面倒だという点です。

しかし、これあたたかいです。すごく右手が温まります。パソコン長時間やってても右手が冷たくなりません。幸せです。

電気あんかをマウスパッドとして使ってみた感想

ということで、とりあえず電気あんかをマウスパッドとして使ってみた感想をまとめてみたいと思います。まだ試行錯誤の段階なので今後意見が変わるかもしれませんが、今やってみた感想です。

暖かいのでいける気がする。

なんか、いけそうな気がするのです。

なんか、いいぞ!っていう手ごたえを感じます。だって右手が温かいのです。寒い部屋でパソコンをしていても寒くないのです。右手が冷たくならないのです。

これってすごく幸せなことです。

高さがやっぱりつらい

ただ、やっぱりこの電気あんかの厚みが問題ですね。

高い位置にマウスがあるって状態に慣れていないので違和感がすごいです。

つかいづらく感じてしまいます。

マウス使用時だけじゃなくキーボードを打つときにもちょっと邪魔

この電気あんかの高さはマウス使用時だけじゃなくて、キーボードを打つときにもかなり違和感です。

マウスを使う時の違和感にはけっこうすぐに慣れそうなそんな予感を感じています。

でもキーボードを打つ時にこの高さのものが腕の下にあるとちょっと邪魔ですね。

肘があたるのです。これを避けるように気にしていると肩がこる気がします。

でも、ひじ置きにすると肘があったかい

ただ、これについては逆に避けるのではなく肘を置く場所として定めてしまうことで解決できるのでは?という予感がいましてきました。

というのは、邪魔なものとして扱うのではなくて、肘置きだ!と認識してしまえばいいからです。

そして、電気あんかの上に肘を置くと、当然のことながら、肘があったかいです。

肘が温まるとそこを通っている血管も温まるのか、右手を完全に外にだしてキーボードを打っていても右手の指先が冷えてくることがあまりないようなのです。

これはちょっといいかもしれない!って思い始めています。

結論 冬にパソコン作業がつらいときは電気あんかを使うとあったかくなれる!!

結論をまとめたいと思います。

冬に寒い作業でパソコン作業をいている人におすすめなのは電気あんかをマウスパットとして使うことです!!

今ある環境に電気あんかをプラスするだけで快適な冬のパソコンライフが待っています!

ちょっと使いづらいですがきっと慣れれば問題ありません!多分きっと!!

電気あんかは素敵な暖房器具です。

寒がりの私が電気あんかで一冬乗り切ったお話。電気あんかの良い所、悪い所。
こんにちは。寒い冬の日にお布団に入ったはいいけれど、手足が冷たいせいでなかなか眠りにつけないということはありませんか? ...

今なら、電気屋さんに行くと安くゲットできると思うので一家に一台おすすめします。

おふとんに入れて寝るとほんとうに幸せですよー

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

グーグルアドセンス関連ユニット