551の豚まんの電子レンジでの楽な温め直し方 551蓬莱の豚まんはめっちゃ美味いですよね

551の豚まんの電子レンジでの楽な温め直し方

こんにちは。寒くなってくると美味しく感じる食べ物があります。あったかい美味しいやつです。

私豚まん好きです。自作するくらいに好きです。

数ある豚まんの中でも食べるとやっぱり美味しいよねって笑っちゃう豚まんがあります。

それが大阪の551蓬莱の豚まんです。

めっちゃ美味いんですよ。大好き。幸いにも551蓬莱は京都駅でも売っていたりするので京都から帰る際に買ったりもしていました。

蒸したてを食べるのが一番美味しいのですが、買って帰ると当然ながら冷めてしまいます。

そんな時は温め直しましょう。温め直した豚まんもまた美味しいものです。

今回は簡単に電子レンジでの温め直し方を紹介します。

やり方はびしょびしょに濡らしたキッチンペーパーで豚まんをくるんで上下逆さまに皿に置いて上にふわっとラップをして500wで1個につき1分です。

これでふわふわあったかジューシーに豚まんが蘇ります。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
スポンサーリンク

551の豚まんについて

551の豚まん

551の豚まんは美味しいのです。そして幸せがつまっているのです。

551の豚まんは基本的に大阪でしか売っていません。京都駅でも買えたりするので大阪から一定の距離の場所でしか、という方が正確かもしれません。

これは豚まんの生地やら具やらを作っている工場から品質を確保して出荷できる範囲にしか店がないからなのです。

なんかこの形態の美味しい食べ物、前も調べたことあったなって思ったらさわやかでした。

さわやかさんもお肉の衛生管理上などの問題から、工場からの輸送範囲に限って店舗を出していますね。

こういうこだわり、好きです。

原材料

551の豚まんの原材料

原材料は小麦粉、豚肉、玉ねぎ、砂糖、でん粉、しょうゆ、食塩、イースト、香辛料、調味料(アミノ酸)、膨張剤、(原材料の一部に大豆を含む)となっています。

かなりシンプルですね。余計なものは使ってない!って感じです。

肉まんの皮にイーストを使っているので、皮の状態管理が難しいんだと思います。なので販売店舗が大阪近辺に限られるのでしょう。

おいしいお召し上がり方

551の豚まんのおいしいお召し上がり方

冷めた場合は、家庭の蒸し器で蒸し直すか、電子レンジの場合、濡れふきん等をかぶせて加熱してくださいとなっています。

うんうん、温め直しましょうとも!

この551の肉まんは皮がふわふわなのです。けっこう皮が厚めで、具もなのですが皮が美味しい肉まんなので温め直す時にちょっとコツがいります。

551の豚まんの温め直し方。

551の豚まんの温め直し方は551さんが丁寧に教えてくださっています。

本来は、551さんのおっしゃる通りに温めるべきです。

1番は蒸し器で蒸し直すこと、なんですけど、面倒なんですよね。

なんで、電子レンジで温め直したいと思います。

しかし、割り箸とか面倒だなって面倒くさがりの私は思います。

面倒くさがりの私がかろうじてやれる範囲での551の肉まんの温め直し方、書きますね。

キッチンペーパーをびしょびしょにして包む

まず、キッチンペーパーを水に濡らします。

この濡らしたキッチンペーパーで豚まんをつつみます。

キッチンペーパーの水はほとんど絞らなくていいです。

水がしたたってるくらいで包んでください。

包む方向も肉まんと同じでいいです。肉まんのひだが寄り集まっている上の方にキッチンペーパーの端が重なるように包んで下さい。

皿にひっくり返して置く

皿に豚まんを置く時に、ちょっと注意です。

上下を逆にして置いてほしいのです。

551の豚まんを濡れたキッチンペーパーでくるんで反対に置く

つまりはこう↑です。

キッチンペーパーの重なりを豚まんの自重で押さえつける感じですね。

この上からラップをふんわりかぶせてください。

電子レンジ500wで1分間加熱

加熱時間は電子レンジよって調整が必要です。

目安としては豚まん1個当たり500wで1分です。

この加熱時間、かなり重要でして、少ないとふわふわあったかくならないし、長いと豚まんが固くなってしまうのです。

加熱し過ぎに注意なので、様子をみつつ頑張ってください。

ふんわり美味しい豚まんの完成

551の豚まんを電子レンジで蒸し直し

こうやって551の豚まんを再加熱するととても美味しく食べられます。

もうね、皮が美味しいんですよ。ふわふわでふかふかでほんのり甘い皮がたまらんです。

けっこう皮が厚いので具にたどり着くのに大口を開けてあんぐって食べないといけません。

皮も美味しいのでまず皮を味わってください。そして具のジューシーさ。

ちょっとね、豚が脂がくどいという人もいるほど絶妙にジューシーです。味付けもけっこう濃い、だがそこがいい!

皮の甘みとしっかり味付けられた具のハーモニーがたまりません。

1個食べるとかなりお腹が満たされます。幸せになります。

やり方をもう一回書きますね。

  • びしょびしょに濡らしたキッチンペーパーで豚まんをつつむ
  • その豚まんを上下逆に皿に置いてラップ
  • 500wの電子レンジで1個につき1分加熱

以上です。上下逆に置くことで厚めの551の豚まんの皮がふっくら柔らかく仕上がる気がします。

そのままだと皮の上部分がちょっと固くなる気がするんですよね。

大阪行ったら551の豚まんはマスト!

大阪には美味しいものがたくさんあります。

あるんですけど、その中でも551の豚まんは結構かなりおすすめです。美味しいのです。

特に寒くなってくると蒸したてほかほかの豚まんっていうのはとても魅惑的です。

イートインスペースのある店舗なら、本当の蒸したての豚まんを味わうことができます。

551の豚まんのイートイン

ジューシーでプリプリで美味しいので大好きです!

ああ、551の豚まんが食べたい……

私、551だと中華ちまきも大好きです。美味しいんですよねぇ。

どれも美味しいのですが、鶏肉が入ったちまきが一番好きです。