100均ダイソーの温・湿度計 壁掛けタイプは目安にはきっとなる!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

100均ダイソーの温・湿度計 壁掛けタイプは目安にはなる

こんにちは。梅雨に入るとジメジメうっとおしい季節が続きますよね。「今の湿度どのくらいなんだろう?」って疑問がわいてきます。前々から湿度計欲しいなって思っていたのです。

なので、100均ダイソーで温・湿度計を買ってみました。

ポイントとしては、

マチ
マチ

これは目安計!目安計なので正確さは求めてはいけません。大体こんなもんかなーとか朝よりは湿気あるなーとかそんな感じに使うべきですね。

って感じです。

正確性を求めるのであれば、エンペックスってところのを買うのが良いようです。

そして湿度計って寿命がけっこう短いんですね。アナログ式だと1年から5年っていうのを見てびっくりしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

100均ダイソーの温・湿度計について

100均ダイソーの温・湿度計 壁掛けタイプ

私が今回買ってみたのは上の写真の音・湿度計です。ダイソーには湿度計が何種類か売っていました。

その中でこれを選んだ理由は、

  • モノクロでシンプルなデザイン
  • 湿度も温度も見れる
  • 売っているのの中で湿度計の値がまだ揃っていた

ってのがあります。

デザインがシンプル

デザインがシンプルっていいことですよね。

このデザインであればどこに置いてもそれなりに馴染むことでしょう。

黒と白でちょっと迷ったのですが、最終的に黒に決めました!

湿度も温度も見れる

今回欲しかったのは湿度計なのですが、ついでに温度も見れればそれはそれで嬉しいわけです。

一粒で二度美味しいってやつですね。湿度計のみのものの方が精度が高いのであれば湿度計だけ買ってもいいのですが、どうやらそういうわけではなさそうだったので温度も見れるタイプを選びました。

湿度計の値がまだ揃っていた

はい、これがこの湿度計を買ってきた一番の理由です。

ダイソーで湿度計を買おうと思ったのは今回が初めてではありません。売り場でね、見るたびに思うことがありました。

マチ
マチ

湿度計の湿度、めっちゃバラバラじゃないですかー!!!

ってことです。

売り場にある湿度計の値が、1個1個全部違うんですよね。とても違う。めっちゃ違う。10%くらい違うのは当たり前!ってくらい違う。

温度計の温度はそこまで差がないんですが、湿度計の値はもう好き勝手してるなって感じに自由奔放です。

「これ、買って大丈夫?」ってなるわけです。

しかし、よくよく見ていくと近似値を示しているものがあります。なので売り場でいろいろな湿度計を眺めて、一番中央値というか、多数決を取ればいいのではないかと思ったわけです。

見比べてみて、一番この湿度計が正確じゃないかなって匂いがしたので買ってきました。

ダイソーの温・湿度計はあくまで目安です

100均ダイソーの温・湿度計 壁掛けタイプは目安計

パッケージを見るとお願いが書かれています。

この商品は目安計です。実際の温度(湿度)と多少の誤差が生じる場合がありますので取引または証明用として使用することはできません。

とのことです。

あんまり信用しないでよ!ってことですね。

ダイソーで買える量りなんかにも同じようなことが書いてあります。

大体こんなもんだろーって感じに気楽にルーズに見るべきものです。

場所を移した時は1〜2時間かかるっていうのも注意ですね。まあ大抵置きっぱなしにするんですけど。

ダイソーの温・湿度計を使ってみた感想

100均ダイソーの温・湿度計 壁掛けタイプ

100均ダイソーで買ってきた温・湿度計を使ってみた感想です。

壁掛けタイプなので置けない

まず、私が買ってきたのは壁掛けタイプで丸い形をしているので自立しません。

ちょっとしまったなって思いました。

湿度計の値が正確っぽいやつを選ぶことしか考えていなかったので置き場所についてはあまりどうでもよかったのです。

でも実際設置しようと考えると、棚に置けたほうがうちでは使いやすいのです。

そんな時はあれです。

エトヴォスのファンデブラシを立てたい!100均ダイソーのおゆまる有効利用法
こんにちは。100均で買ってみたものの、使いこなせずしまいこんでいたおゆまるが以外なところで役に立つことがわかったというお話です。 具体的に言うと、メイクブラシを立てておくことができるようになりました。 地味に便利で嬉しいことです。 メイクブラシは立てて置けると便利なのです! エトヴォスのメイクカブキブラシを立てたい。 私はエトヴォスのファンデーションを顔に塗るカブキブラシに一つの不満がありました。それは柄のお尻の部分が丸くなっていて、自立しないということです。 メイクした後はブラシの毛にファンデーションがついているのでできれば立てて置きたいのです。 その不満を解決すべく、100均ダイソーで買ったおゆまるというおもちゃ?でスタンドを作ってみました。 簡単に作れて、エトヴォスのブラシがすくっと立つので便利です。おすすめです。 私はミネラルファンデーションが好きです。 私はミネラルファンデーション愛好家です。 石鹸でも落ちるくらいのやつが好きです。ブラシでさっと塗って終了っていうのが好きです。 今までいろいろ試しました。 ...

おゆまるを使えばなんとかなるような気がしています。ちょっと探し出して土台をつくることにしましょう。

温度はそれなりに正確っぽい気がする

温度計は他にも持っているので他の温度計と比べることができます。

その結果、温度については持っている温度計との差はほとんどありません。

温度についてはけっこう信用してもいいのではないでしょうか。

湿度も変化はしているのでそれなりに頼れそう

肝心の湿度計としてですが、雨が降ってきたら湿度が増えていたのでちゃんと作動してはいるようです。

今現在何%っていうのは目安くらいにしておいて、朝より湿度が高いなーとか、そんな感じに変化を目安で感じ取るにはこれで問題ないと思います。

ちょっとお高い湿度計を買っても、湿度計には寿命があってあまりそこまで長くはなさそうなので、だいたいの目安を知りたいって場合は100均のものでもいいのではないでしょうか?

ただ、誤差があるだろうってことは頭に置いて使ってください。

100均ダイソーの湿度計は選べばそれなりに目安になる、はず。

100均ダイソーの温・湿度計 壁掛けタイプ

100均ダイソーで湿度計を買う時は、ありったけの湿度計の湿度の値を見比べることをおすすめします。

見比べると様々な値を指していることに気づくと思います。その中で多数決を取ってください。多分多くの湿度計が指している湿度が正解に近いのではないかと思うからです。

そうやって選べば、ダイソーの湿度計でも湿度の目安としては活用できるはずです。

 

ちゃんとした精度で湿度を知りたい場合は、それなりにもうちょっとだけ費用をかけてください。

アナログなら、

エンペックスのものが精度が高くて人気です。

デジタルなら、

ドリテックのものがいいのではないかと思います。大きくて見やすいですよね。

ただ、湿度計には寿命があり、アナログだと1年から5年です。デジタルの場合もセンサーが経年劣化します。

なので長期間大切に使っていた湿度計は実際の湿度を測れていない場合があります。正確な湿度が知りたい場合は定期的に買い換えることが大切なんですね。

 

湿度があまり高いようなら、除湿機の出番です。

コロナの除湿機はお得で買ってよかったと思っています。