生協CO-OPのドライパック大豆はめちゃくちゃ美味しい。そのまま食べれる美味しさで賞味期限が長くて備蓄に最高です。

こんにちは。災害時などもしもの時のために頼れるのはやっぱり缶詰ではないでしょうか?

備蓄にも使えるそのまま食べて美味しい大豆缶詰があるのです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

生協のドライパック大豆がとても美味しい。

生協のドライパック大豆がとても美味しいので紹介したいのです。

これは本当に美味しいので常備するべき品だと思います。大豆は畑のお肉なので体にも良いです。そして国産で安全安心、加工も大豆がもっている水分を利用しているので、栄養価的にも優れており、味も抜群、そして塩分とかも加えていないのです。

加工品だけど豆そのまま。すごいです。好きです。愛用しています。

そのまま食べられる美味しさ

まず、なんといってもその美味しさが好きの理由です。

とても美味しい大豆なのです。缶を開けてそのまま食べてもほっこりとした豆の美味しさ甘さを感じます。

素材がよくないとこの美味しさは出ないですね。ここまでそのままで美味しければどう料理しても美味しくしかならないという安心感があります。

ひじきと炊くととても美味しい

うちでの使い方の1番はなんといってもひじきの煮物にいれることです。

お豆が美味しくてひじきも美味しくてぱくぱく食べてしまいます。

ひじきの煮物については、最近、鉄分が多く取れると思っていたのは昔は鉄鍋で炊いていたからでした、ごめん!!っと栄養価の改定がでていました。

けれど、鉄分のためだけではなくて、ひじきは、骨ですね、骨粗しょう症などが気になる場合におすすめの食材になります。

カルシウムとマグネシウムをとるのにひじきはうってつけの食材なのです。

食物繊維も多いので整腸作用も期待できます。

ひじきの煮物にこの大豆のドライパックを入れると本当にとても美味しくできあがります。

食べるときにいつも「やっぱりこの豆美味いねー」と言ってしまうくらい美味しいのです。

生協ドライパック大豆のよいところ

この生協の大豆缶のよいところをあげていきたいと思います。

美味しい

さっきからこればっかりですが、言わせてください。

食べてみて美味しい。これ以上に大切なことってあるでしょうか。

とにかくお豆が美味しいのです。美味しいからまた食べたくて買ってしまうのです。

大豆ってこんなおいしい豆だったんだ。初めて食べた時は感動しました。

他の水煮缶などと比べると味の濃さが違います。

生協の大豆缶は本当にとても美味しいのです。

安い

この大豆缶、かなりお安いんですよね。

まとめて買うとかなりのプライスダウンで買えます。

その時によって価格は変動するのですが、この間買った時は、

12缶で1,280円だったと思います。

一缶あたり106.66円です。かなりお手ごろ価格だと思います。

賞味期限が長い

缶詰なのでとても賞味期限が長いのが特長です。

3年近くの賞味期限があります。まとめて頼んだ方が安いのですが、12個も頼むと使いきれるかな、という不安があると思います。

しかし、一月に一個しか使わないと考えても24ヶ月で2年です。

十分賞味期限内に食べきれる計算です。

そしてこれだけ賞味期限が長く、あけてそのまま食べられるほど美味しくて、大豆なので栄養価も高いとなると、非常時の備蓄品としても頼れるのではないかと思います。

国産で安心

原料は国産の大豆です。

北海道産100%です。とても風味豊かな甘みのある大豆です。

生協の商品は原料や産地にこだわっているのが安心できる点ですね。

生協のドライパック大豆のここはちょっとと思う点。

一応、よいところだけなく、ちょっとここはと思う点も考えてみます。

缶なのでゴミ捨てが面倒

面倒くさがりな私は、缶ゴミ捨てが嫌いです。

月に一回しかなくて忘れてしまいそうになるからです。

なので、この大豆缶の缶も当然ながら缶ゴミなのでそこはちょっとなーと思う時があります。

けれど、まあ、ゴミ捨ての日を忘れなければいいだけなんですよね。

安く買うのに12個買わないといけない

単品だと少し割高になるのです。

一番安く買えるのが12個セットで、次に安いのが3個セットでしょうか?

12個も買うと、一個あたりの単価は下がるのですが、一度に出て行くお金は大きく感じてしまいます。

そして12個も買ったら置き場所にも困るんじゃないのかしら?そう思っていました。

けれど、総合的に考えると1カ月に1個以上買うのであればまとめて買った方がお得です。

12個の量というのも、実際届いてみるとたいしたことはありません。えっ!?これだけ?小さいし軽いなぁと思ったくらいの量です。

災害備蓄だと思えば全然大丈夫じゃないかなと思います。

140gだとちょっと多いときがある

この缶一つで140g入りです。

豆の量がちょっと多くて、ひじきの煮物を作った時にかなり豆まめしいひじきの煮物ができあがったりします。

ちょっと多いかなぁという量ですね。

まあでも、多いかなと思ったら入れなきゃいいんですよね。別にサラダにするとかそのまま食べるとかすればいいだけの話なのです。

私は面倒なので豆まめしいひじきの煮物にしてしまうことが多いです。

もうちょっとだけ少なくてお安くなってくれてもいいのよ?というところでしょうか。

生協(コープ)のドライパック大豆をおすすめしたい。

ちょっと無理やりちょっとなと思う点も述べてみましたが、私は生協のドライパックの大豆が大好きなのです。

おいしいのです。とても美味しいのです。だから好きです。

問題点をもう一つ思い出しました。

生協でないと買えないこと、ですね。

美味しいので食べてみてほしいのですが、生協以外で見たことがありません。

生協が開発した品だからそこは仕方ないのでしょうか。

関東近辺の方であればパルシステムを利用すれば、お手軽簡単に自宅まで生協商品を届けてもらうことができます。



美味しくて安心安全な食事という面で考えると、生協の宅配というのは一つの選択ではないかと思っています。

お買い物に出ることが難しい、赤ちゃんがいるお宅などには特におすすめですね。

そういうご家庭には送料の優遇もあるので賢く利用してみて欲しいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

グーグルアドセンス関連ユニット