JCMのお安いコックシューズはワークマンの滑らない靴の代わりになるのか? デザインがちょっと……ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

JCMののお安いコックシューズ

こんにちは。ワークマンの滑らない靴が大人気ですが、大人気すぎて手に入らないのと足が小さい人にとってはサイズがないという悩みがあります。

ワークマンで人気が出たのはコックシューズという厨房でコックさんが使う、水や油で厨房の床が濡れていても使いやすい靴なのです。なのでワークマンのファイングリップシューズ以外にも各社コックシューズはいろいろ出しています。

その中には、お安くて在庫がけっこういつでもあって、小さい足のサイズにも対応してくれるものもあります。

なので、どんなものなのか試しに買ってみました。

買ってみたのは、JCMのコックシューズというものです。

買って見てみた感想は、

マチ
マチ

ワークマンの滑らない靴のデザイン性はすごかったんだな。

です。

届いた靴を見た時の正直な第一感想は、

マチ
マチ

失敗した!めっちゃやぼったい!何このぼてっとした感じ!?

です。

それでも使っていると便利に感じてきました。

  • 黒い靴なのでまあどんな格好でも無難で良い
  • 撥水性があるので雨の日に良い
  • クッション性がすごい
  • 安いので雑に扱える

っていう利点があるからです。

使っていてここがちょっとと思うのは、

  • ぼてっとしていてやぼったい
  • サイズがどうもでかい
  • 中敷きの青い丸いマークがどうも嫌なので靴を脱ぐところに行きたくない

ってところです。

サイズがあるならやっぱりワークマンの滑らない靴の方が可愛いです。でもJCMのコックシューズも使ってみると悪くないです。

妊婦さんのような「今滑らない靴がほしい!」って人には、人気で手に入らないワークマンの滑らない靴より、いつでもぽちって買えるJCMのコックシューズの方が実用品として必要ではないでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

JCMのコックシューズについて

JCMのコックシューズはちょいやぼったい

私がJCMのコックシューズを買ってみた理由は、ワークマンの滑らない靴ファイングリップシューズっていうのに小さいサイズがなかったからです。

サイズがあればワークマンの滑らない靴がほしかったのですがないものは仕方ありません。

滑らないという用途であればコックシューズであれば同じような靴があるのではないかと思って探しました。

そしたら、JCMのコックシューズが小さいサイズから作ってくれていて色も黒でシンプルなので良さそうな気がしたのです。

お値段もリーズナブルです。

JCMのコックシューズの箱

箱は黄緑です。シンプルな箱なので特に言及することはないですね。箱です。

あえていうなら横から開けるってことでしょうか?

JCMのコックシューズの箱を開けたところ

こんな感じに靴がつまっています。

見た目、ぼたっとしている

JCMのコックシューズ

ぽちってして買ってみて、JCMのコックシューズの実物を見てみて思ったのは、

マチ
マチ

ぼたっとしていてやぼったいな

ということです。

これは先にワークマンの滑らない靴を見ていたせいが大きいです。

ワークマンのノンスリップシューズCB400

ワークマンのファイングリップシューズはやっぱりデザインが良いんです。しゅっとしている!

JCMのコックシューズは全体的に肉厚な感じなんですよね。これはネットの通販の画面だとあまりこうわからなかった部分でした。

だってみんな写真には良い角度で撮影されているんですよ。

横面とかは、

JCMのコックシューズの側面

まだ行けそうな雰囲気がするんです。

でも真正面、真上から見ると、

JCMのコックシューズは足を入れるところが大きい

うーん、ってなりませんか? 特に足をいれる開いている部分がなんかでかい。この部分の分厚さがなんだかこう、ね。

中敷きが厚い

JCMのコックシューズの中敷きを取ったところ

このJCMのコックシューズ、中敷きが入っているのですが、この中敷きがとても厚くてびっくりしました。

とてもふかふかしています。クッション性がすごい。

JCMのコックシューズの中敷きの裏

ふがってした中敷きです。通気性のためか穴が空いているのですが、この穴あけ作業がちょっと雑っぽくて、

JCMのコックシューズの中敷きのクズ

穴の中身が詰まっているものがいくつかありました。これを取るのが地味に楽しかったです。

なんていうか鼻の角栓をにょろって取るみたいな気持ちよさがありました。

この中敷きとてもクッション性がすごいのです。そしてこの靴自体厚みがあります。なのでこの靴を履いた後に、いつも使っていたスニーカーに履き替えた時に、

マチ
マチ

何この薄っぺらい靴!?防御力あるの!?

ってなりました。JCMのコックシューズの厚みとふかふかに慣れてしまうと他の靴が物足りなくなります。

滑りにくそうな靴底

JCMのコックシューズの靴底

靴底を見るとかなり溝が深くてゴムゴムした感じで、

俺はすべらないぜ!

っていう意思を感じます。

雨の日に使ってみましたが確かに他のスニーカーよりも滑りにくいと感じました。

一体成型なので強そう

JCMのコックシューズの側面

このJCMのコックシューズの利点は靴底と甲皮の部分が一体成型なのでぺらってはがれてくることがないってことです。

一体成型のお陰で大量生産できるのでお値段が安いってのもあります。

水の侵入にも強そうですよね。

ちょっと大きい

JCMのコックシューズの足をいれるところ

履いてみて思ったのですが、この靴表示サイズよりちょっと大きめだと思います。

特に幅ですね。よく知らないんですがEEEってなっているので多分これが幅広って意味じゃないかと思います。

よって私が履くと横も縦もちょっと大きい。

でもまあ私の場合、足にぴったり来た靴を履いた記憶があまりなかったりします。

大きい靴を履くのは慣れています。慣れちゃいけないんだろうと思うんですが選べないから仕方ないのです。

JCMのコックシューズはワークマンの滑らない靴の代わりになるか?

ワークマンの滑らない靴は大人気です。もうネットでは入荷次第売り切れで入荷待ちの日々が続いていますよね。

店舗に行けばちょこっと置いてありますが、サイズがなかったりします。

そもそも足が小さい人だとワークマンではサイズがなかったりするわけです。

そんな人が考えつくのが、

マチ
マチ

他のコックシューズで代用にならないか?

ってことだと思います。

実際にJCMのコックシューズを買ってみて、使ってみて思うのは、

デザイン性で言うとやっぱりワークマンの方が良い!ってことです。ワークマンのファイングリップシューズはバズっただけのことはあるなぁと思います。

ただ、JCMのコックシューズも実用性はあります。雨の日に滑らないですし、黒いのでまあ服装を選ばず履けますし安いから思う存分使えるって利点があります。

雨の日のお出かけ用にしよう!って思っていたのですが、案外普段から履いてしまっていますね。慣れるとクッションがふかふかしてて他の靴が頼りなくなってしまうのです。

耐久性についてはまだこれから履いてみないとわかりませんが、一体成型なので他の靴のように靴底がぺらってなることはなさそうでそこは評価したいです。靴底ペラってなったことありますけどあれは歩きづらいです。

妊婦さんのような「今、滑らない靴がほしい!」って人は試してみてもいいのではないかと思います。見た目より実用性って大切ですよね。

 

ワークマンさんが大量生産してくれていつでも手に入ってサイズがあるのであれば、

ワークマンの滑らない靴 ファイングリップシューズ CB400の3つの魅力。可愛いし履きやすいしとっても安い!素敵シューズです。
こんにちは。ワークマンの滑らない靴を紹介します。 ノンスリップシューズといえば良いのか、ファイングリップシューズ CB400と言えば良いのかコックシューズと言えば良いのかなんかよくわからないのですが滑らない靴です。 私がこの靴を知ったのは友人からなのですが、この靴とても素敵な靴なのです。 滑らない!っていうのが特長なのですが、それ以外に、 可愛い! 履きやすい! とってもリーズナブル! という魅力があります。 ワークマン?そんなところに行ったことないよ!っていう私が思わず買いに行ってしまうくらい魅力的でした。 ワークマンの滑らない靴の魅力 妊婦さんに人気 このシューズを買った理由を述べていきたいと思います。 この靴、今かなりな人気商品なんです。特に妊婦さんに人気です。 お腹に赤ちゃんがいるとどうしても重心がそれまでと変わってこけやすくなります。雨の日は特に滑ってしまうと危険ですよね。 そんな時にこの靴なら滑らないのです。「雨の日に妊婦さんが安心して履ける靴」そう聞くといい靴なんだなって思いました。...

ワークマンの滑らない靴をおすすめします。これやっぱり可愛いです。