100均のA4サイズのペーパーボックスはどれが良いのか?ダイソーとセリアとワッツのを比較してみた結果、ダイソーの COMFY BOX が良いのではないかと思います。

100均のA4サイズのペーパーボックスはどれがいいのかダイソーとセリアとワッツのを比べてみた

こんにちは。整理整頓にちょっと目覚めました。

とりあえず雑多なものは箱に入れて見えなくしてしまえばスッキリするという技を習得したのです。

そのために必要なのが箱型収納グッズです。100均で買える超優秀な頼れる収納グッズがあるんですよ。それはペーパーボックスってやつで、簡単に言えばちょっとおしゃれな顔をしたダンボール箱です。

これが便利なんです。白黒?モノトーンで部屋に置いてあっても問題ないデザインでけっこう大量に物が入ります。揃えていくつか買うと統一感も出ていい感じになります。

このペーパーボックス、100均各社で出しているので「どれを買うのが良いの!?」って悩むことになります。

今回、ダイソー、セリア、ワッツで買ってみたA4サイズのペーパーボックス3種類を比較検討しました。

検討の結果、1番使いやすいのはダイソーの COMFY BOX であると私は思います。

強度だけでいえばセリアがぶっちぎりです。でも大きさとか持ち手の工夫を加味するとダイソーかなって思います。

あまり大きいものや重いものは入れないからデザインで選ぶわ!っていうのなら私はワッツのがおすすです。

それぞれの特徴を説明していきます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
スポンサーリンク

100均で買えるペーパーボックスの紹介

まず、各社のペーパーボックスの紹介から行きたいと思います。今回比較するのはA4サイズです。他にもB4サイズとかもっと小さいやつとか各社いろいろ出してます。

ダイソーのペーパーボックス COMFY BOX

ダイソーのペーパーボックス COMFY BOX の縦面

ダイソーで買えるペーパーボックス COMFY BOX です。ダイソーはあちこちにあるので1番買いやすいですよね。

デザインとしてはあっさりしている感じで、下の斜線が特徴です。色はグレーと水色が私が見た時はありました。

ダイソーのペーパーボックス COMFY BOXの横面

横から見ても斜線がポイントになっていますね。何を入れたかとか細かくいろいろ書けるようになっています。

地の色の白はちょっと黄色みがかっています。印字のグレーが薄いせいもあり、全体的にほわわんとした印象です。

ダイソーではこのCOMFY BOXが出る以前から茶色っぽい地のペーパーボックスが販売されていました。そっちも持っているのですが、主張が強い気がするので今回は各社で似たテイストのもので比較しています。

セリアのペーパーボックス Plenty Box

セリアのペーパーボックス Plenty Box の縦面

セリアのペーパーボックス Plenty Box です。この100均のペーパーボックス人気の火付け役はセリアだったと思います。

ダイソーのものより濃いグレーのプリントで、下の横線が黒々しているのが特徴です。

内容物のデータを書くところは縦面(正面?)にあります。

セリアのペーパーボックス Plenty Box の横面

横面は本当にあっさりスッキリしていて、下の横黒のラインが映えています。

地の色の白は標準的な白という気がします。1番印字とのメリハリがあります。

ワッツのペーパーボックス STORAGE BOX

ワッツのペーパーボックス STORAGE BOXの縦面

ワッツのペーパーボックス STORAGE BOX です。私が最初に買ったペーパーボックスでもあります。

100均の紙製ストレージボックスが収納グッズとしてとても便利 シンプルでお洒落で可愛い
100均で買ってきた紙製のストレージボックスが整理整頓をするのにとても役立っています。こんな便利でいいものがあったんだ...

ダイソーの斜線や、セリアの横線の部分がないので、三社のなかで1番スッキリしています。

ワッツのペーパーボックス STORAGE BOXの横面

横から見た時のスッキリ具合もワッツが1番です。

シンプルなのが好き!って場合はワッツがビビっと来ます。主張が少なくてどの部屋にも馴染むデザインだと感じます。

地の色の白は3つの中で1番青みがかった白です。青み?灰色味?なんていうか冷たい感じの白ですね。

大きさの比較 ダイソーが大きい

同じようにA4サイズなのですが、微妙に大きさが違います。

一番大きいのがダイソーなのです。なので私はダイソー推しです。

A4ファイルを入れてみよう!

ダイソーとセリアのペーパーボックスの大きさの違い

セリアとワッツのペーパーボックスの大きさはほぼ同じです。なのでセリアとダイソーで比較しています。

A4サイズが入るということで入れてみたのがA4サイズのクリアブックやクリアケース系です。

この系統の3つで実験してみました。

同じA4用でも、パカって爪をはめるタイプのクリアケースは1番大きさが小さいのでどの100均のペーパーボックスにも入ります。

袋状になっているポケットが沢山あるクリアブックと言われるタイプも大きさが少し差がありますが、どの100均のペーパーボックスにも収まりました。

しかし、チャック式で一回り大きいタイプのA4のファイルケースというのでしょうか?右の黒いタイプのファイルはセリアとワッツのペーパーボックスには入りません。

ダイソーのものだけがすっきり収納できます。

絶妙にダイソーのペーパーボックスが大きくて便利

ダイソーとセリアのペーパーボックスの大きさの違い

この差、わかりますかね。この微妙な1センチくらいの差によって使い勝手が変わってくるのです。

セリアやワッツのだと「後ちょっと大きかったらこの黒いファイルが入るのに!」って悔しい思いをすることになります。

蓋の大きさで比較

ダイソーとセリアのペーパーボックスの蓋の大きさの比較

大きさがちょっとでもわかりやすいかなっと思ってダイソーのペーパーボックスの蓋の中に、セリアのペーパーボックスの蓋を入れてみました。

ちょうど一回り違います。すこっと入ります。

なので、蓋を間違えた場合、ダイソーの蓋はセリアの箱に大きいけどはまりますが、セリアの箱にダイソーの蓋は小さすぎてはまりません。

高さの比較 ワッツがやや高い

ダイソーとセリアとワッツのペーパーボックスの高さの違い

高さはとても微妙なのでわかりにくいです。

ダイソーとセリアはほぼ同じ高さですね。

ワッツのが微妙に、5ミリくらいでしょうか?微妙に高いです。ただこの高さの違いは収納の時にはほとんど影響がない気がします。

ダンボールの強度の違い セリアが1番強い

ダイソーとワッツとセリアのペーパーボックスのダンボールの厚さの違い

使ってきて気になる点として、強度ってありますよね。

これについては、セリアが1番強いと感じました。

わかりにくいのですが、ダンボールの断面を比較してみてください。

ダイソーのものは薄くて波々がちょっと大き目、セリアのものは厚みがあって波々がしっかり、ワッツのものは薄くて波々も細かい感じがします。

ダイソーとワッツのダンボールの強度は持ってみた感じ同じくらいな気がしました。

ダイソーとセリアのペーパーボックスのダンボールの厚み違い

わかりにくいですが、セリアのダンボールが1番厚くてなみなみ部分がしっかりしているのです。

セリアのダンボールは他のものと違って、持った時に安心感があります。

「これが1番強い!」って持ったらわかります。

なので、重いものを入れるなら1番信頼できるのはセリアです。

ただ、どの100均のペーパーボックスも重いものをみっちり入れるようには出来ていないです。

この中で比較するとセリアが1番強いけれど、重いものを沢山いれたらどれも駄目になるのは一緒です。

蓋の比較

ペーパーボックスの蓋を比較する人ってあんまり居ない気がしますが、見ていて差があったので一応書きます。

ダイソーは組み立てやすい

ダイソーのペーパーボックス COMFY BOX の蓋

蓋の組み立てについてはダイソーが1番やりやすかったです。

何故かというと蓋の部分の耳っていいますか、中に織り込む部分のところに余白があったからです。セリアとワッツは切り込みだけなので入れ込みにちょいコツがいる感じでした。まあ微妙な差です。

完成品の蓋を見ると、穴が1番小さいのがダイソーです。はめ込んでいる茶色いところも浅くささっていてでっぱりはありません。解体も楽です。

セリアは穴がでかめ

セリアのペーパーボックス Plenty Box の蓋

セリアの蓋はダイソーのくらべて穴がでかいです。

茶色の部分の刺さりはダイソーと一緒くらいででっぱりもほぼないのが一緒ですね。

解体も楽にできます。

ワッツはでっぱりがある

ワッツのペーパーボックス STORAGE BOXの蓋

ワッツの蓋は穴の大きさはセリアと同じくらいです。ただ特徴として茶色い部分が深く刺さっていて、表面を撫でるとひっかかります。

深く食い込んでいるので解体しようと思うと少し手こずりました。

ただ、このワッツのペーパーボックスだけ新品ではなく使い込んでいるので使っているうちに飛び出てきた可能性もあります。

持ち手の工夫 ダイソーが多分している

このペーパーボックスを使う上で1番気を使うのが持ち手を持っての移動です。

もともとあまり重いものを入れるようには出来ていないです。か弱いダンボールで出来ています。1番強度があると思われるセリアのでも重い本などを入れたら一発で持ち手が破れます。

これはそういうものとしてちゃんといたわって使うべきなのです。持ち手を使わず下からしっかり持つようにするべきです。

でも思わず使っちゃうのが持ち手です。

軽いものしか入れてなくても、使っていると、

ワッツのペーパーボックス STORAGE BOXの持つところの破れ目

これはワッツのものなのですが、持ち手のところに力が掛かって破けてきます。

しかし、今回よく見てみたのですが、多分ダイソーはこの持ち手に一工夫しています。

多分ダイソーの工夫

ダイソーのペーパーボックス COMFY BOX の持ち手のところの工夫?

この部分です。最初「なんで切れ目なんて入ってるの!?ここから破れやすくなるんじゃないの!?」って思いました。

でもよく見てください。この切れ目、半円状に入っているのです。

本来、この持ち手の端っこに力がかかると、上に切れ目が入って破けます。

その破れるはずの部分にあらかじめ半円状に切れ目が入っているので、多分これ上に切れにくくなるのではないかと思います。

上に切れようとした力があらかじめ入っている切れ目にそっとくるっと下に行くように考えてあるのでは?って思いました。

まあ、とても強い力が掛かったらビリっていきます。でも多少でも破れにくくなるようにしようっていう工夫を私は感じました。

なのでダイソーのペーパーボックスの好感度が上がりました。

とりまとめの表

差がわかりにくいので表にしてみました。

ダイソー セリア ワッツ
名前 COMFY BOX Plenty Box STORAGE BOX
地の色 黄色みがかった白 標準的な白 青みがかった白
デザイン ほわっとしている メリハリがある スッキリしている
大きさ でっかいA4が入る 標準的なA4が入る 標準的なA4が入る
高さ セリアと同じくらい ダイソーと同じくらい 他より5ミリくらい高い
強度 ワッツと同じくらい 1番安心感がある ダイソーと同じくらい
穴小・組み立てやすい 穴大 穴大・でっぱりあり
持ち手 工夫あり 工夫なし 工夫なし
おすすめ度 1位 2位 3位

100均でペーパーボックスを買うなら

今回ダイソー、セリア、ワッツのペーパーボックスを比較検討してみました。

100均でペーパーボックスを買うなら、私の1押しはダイソーです。

  • ちょっと大きいサイズのA4ファイルに対応している
  • 持ち手に工夫がある

というのがその理由です。

ただ、ダンボールの強度でいうとイマイチです。

ダンボールの強度だけで選ぶとセリアがおすすめです。

デザインでいうとワッツが私は好きです。

なので、最終的には好みで選べばいいのでは?っていう身も蓋もない結論になります。

近くにある100均で調達しやすいっていうのも選ぶ理由になりますよね。

ただ、大きなA4ファイルを収納したい!ってなるとダイソーになります。

何を入れるのか、よく考えてから選んでください。

どれを選んでも、本家の、

フェローズ バンカーズボックス よりお手軽にお得に手に入ることは確かです。