100均ダイソーの耐水メモ帳80枚はライメックスなのか?ちょっと違う気はするけど石灰石が主原料です。

こんにちは。唐突ですが、ライメックスってご存知ですか?

私はさっぱり知らない言葉だったのですが、先月だったかがっちりマンデーで初めて知りました。

木を使わない石を使ってできた紙のことなんですよ。

主原料が石灰石で、作るときにほとんど水を使わないので環境にとても優しい新しい紙です。

紙というか、紙の代用品になりうる素材というべきでしょうか?

私はがっちりマンデーでこの素材のことを知って、これはすごいものだ!って思いました。

石なので耐久性、耐水性がばっちりで、リサイクルも半永久的に可能なんです。めっちゃエコです。なんか未来って感じがします。

これはくる!このライメックスの時代がきっと来る!そう感じました。

どんなのか見てみたい、めっちゃ使ってみたいと思いました。

そして調べてみたのですが、ライメックスじゃないかもしれないのですが、石灰石を使った耐水性のメモ帳がダイソーで売っているという情報をゲットしたのです。

思わずメモ帳に「ダイソー ライメックス メモ帳 買うこと!」ってメモしましたね。

そして、ダイソーに行った時に探してみました。どうやら第一弾の蛍光っぽい緑のメモ帳は姿を消していたのですが、第二段っぽい耐水性メモ帳を発見しました。

使ってみた感じは、ちょっとプラスチックっぽい紙です。書き心地も悪くなくすべらかです。ちょっと重いかな?って気はしますが、私はとても気に入りました。

登山をする人とか野外での活動が大い人、緊急災害時のメモ帳に最適だと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
スポンサーリンク

ダイソーで買える耐水性メモ帳80枚について

ダイソーに耐水性メモ帳が売っているのです。

柄はもう一パターンありましたが、こっちが好みだったので買ってきました。

水にぬれても大丈夫!って書いてあります。あと日本製ってなっていますね。

耐水性のメモ帳ってちょっとわくわくしませんか?こういう文房具に弱いのです。

私がこのメモ帳を探したのはがっちりマンデーでライメックスという素材を特集していたからです。

ライメックスって何?

ライメックスっていうのは石灰石を主原料にして作られた、耐水性がある石の紙です。

作るのに水をあまり使わないということでめっちゃエコなのです。

私もちゃんとはよくわかっていないので、詳しくはHPを見てください。

メディアで話題の新素材LIMEX(ライメックス)。LIMEXは石灰石から作られる、木と水の資源を守る自然に優しい紙・プラスチックの代替となる日本発の新素材です。環境保護・持続可能な社会の実現を求められる日本企業に続々導入されています。

よくわからないなりに、なんか未来な素材だ!って思いました。

がっちりマンデーで見て、すごいなー欲しいな!って思ったので調べていたのですが、耐水性で石灰が主原料のメモ帳がダイソーで売っているらしいという情報を見つけました。

こうなったら欲しいですよね。探して買おう!って思って探したら見つかったので嬉しいわけです。

でも、ダイソーメモ帳の説明書きをいくら読んでもライメックスって言葉は出てこないのでこれはライメックスではないのかもしれません。石灰石で作られてるんですが、よく似てる何かなのでしょうか?

まあ、とにかく石灰石が主原料のメモ帳です。

まあ、よくわかりませんが、耐水性のある石灰石が主原料のメモ帳です。

炭酸カルシウムとHDPE樹脂ってのでできているようです。バーコードも載せておきますので、欲しい!って思ったらダイソーに問い合わせをしてみてください。

どうやらこのメモ帳の前にも同じような耐水メモがあったようなのですが、そのデザインのメモは見つかりませんでした。

ダイソーの耐水メモ帳を触ってみた感触。紙じゃない!

こちらの耐水メモ帳をゲットして持ってみた感想としては、なんだか紙よりちょっと重い気がするぞっていうのが第一印象です。

開いてみると、触ってみると、あーなんだかこれは確かに紙じゃないですね。

プラスチップっぽい触感です。つるつるしています。紙っぽいのですが、紙じゃないなって思います。

紙よりひんやりしている感じがします。そして、伸びます。

ひっぱると伸びます。

一枚引きちぎってみました。石灰石でできていて耐久性に優れているって聞いたときから強かったら千切れるのか?って思っていたのですが、ちぎることは普通に可能でした。

でも持ったところが微妙にひっぱられて指のあとが残ってしまっているのがわかりますでしょうか?

力をこめるとちょっと伸びるのです。この指の跡くらいなら、時間経過によって戻るみたいです。

引きちぎったリング部分も多少は縮んで戻りますけど、ここまで引っ張られるとぐにゃってなって完全には戻りません。

ダイソーの耐水メモの書き心地はとても滑らかです。

メモ帳としての性能として、書き心地というのが重要なのですが、この石灰石の耐水メモ、めっちゃ書き心地がいいです。滑らかです。するするっとかけます。インク乗りも良いです。

筆記に多少のひっかかり感があると書かれているのですが、私はそんなひっかかりは感じませんでした。

十分使えるメモ帳です。

耐水性、抜群です。

肝心の耐水性についても水をかけて調べてみました。

この耐水性はすごいですね。水につけてもまったく問題ありません。

問題あるのはペンの方で、水性ペンで書くと当然ながらインクがにじみます。

けれど、油性ペンだと本当にすごいです。水にぬれても全然大丈夫です。すごいことです。

驚きました。紙じゃないんだなって再認識しました。

いいものを買ったなぁと思います。

これ、ゴミはどうしたらいいのかな?燃えるの?

とてもいいメモ帳だと思ったのですが、ちょっと疑問がわいてきました。

主原料が石なんですよね?このメモ帳って燃えるのでしょうか?ゴミの分類的にはどこに捨てればいいのでしょうか?

廃棄の際は地域の自治体の区分に沿えって言われても、たぶん地域の地自体さんは石灰石のメモ帳のことなんて知りませんよね?

まず、燃えるのか燃えないのか、それが問題な気がしました。

燃えるなら燃えるゴミに出しちゃってもいいかなって気がします。石なので燃えないっていうのなら陶器とかと一緒に捨てるものかなって気がします。

ということで、燃やしてみました。

耐水メモ帳は燃やすとやばい匂いがします。

燃えるか燃えないかという二択でいうなら、ダイソーの石灰石製耐水メモ帳は燃えました。

火を付けたら燃えました。

けど、匂いがね、ちょっとやばいものを燃やしたときの匂いがします。

プラスチックを燃やした時のようなくっさい匂いです。でも猛烈に臭いわけじゃなくて、ちょっと蝋燭の燃える時の匂いにも似た感じの匂いです。

そして、燃え方も紙じゃなくて、プラスチック系のものを燃やした時のちょっとしたたるような燃え方です。

あーこれはよくわからないけどHDPE樹脂って部分が燃えているのかな?って思います。

燃えカスはとても白いものが残ります。たぶんこれが石灰石なのでしょうね。紙を燃やしたときよりも燃えカスの量や重さは多く感じました。

少量なら燃えるゴミに出しちゃってもそんなに問題になることはないような気がしますが、大量に出すのはまずそうな気配ですね。

かといって、どう見ても紙なものを陶器の日に置いてあったら回収してくれない気がします。

これはもうちょっと普及するまでゴミ問題は悩ましいかもしれません。

ダイソーの耐水性メモ帳は新しもの好きなら持っておいてもいいんじゃないでしょうか?とても将来性を感じます。

100均ダイソーで買える石灰石が主原料の耐水性メモ帳80枚は、新しいものが好き!珍しいものが好き!って人にとてもおすすめできる商品だと思います。

水に強いっていうのはそれだけで実用性が抜群で、メモ帳としてとても優秀だと思いますし、話のネタになってよいですよね。

それがダイソーなら108円で買えてしまうのです。この石灰石の紙は私はとても将来性と夢があると思います。

木を使わない、水もあまり使わないというエコさがとてもすばらしいです。石灰石なら世界中どこにでもころがっていて、日本でも自給可能なところが夢があります。リサイクルも半永久的に可能です。もう未来の紙はこれしかないんじゃないか!って気がします。

耐水メモっていうだけなら、

すでにいろいろな製品が出ているのですが、ダイソーのやつはやはり石灰石を使っているっていうところが新しくて素敵だと思います。

ダイソーで見つけたらゲットしてみてください。登山をする方や、野外での活動が多い人、緊急災害時のメモ帳にぴったりだと思います。

私は非常持ち出し袋に一個入れておこうかなって思っています。