ユニクロのハイネックリブTは使い勝手がとてもいいのに激安で投げ売られています。名前が同じで違うものがあるので買う際には注意してください。

こんにちは。安いもの大好きなマチです。セール品に弱いのです。

買い物に行ったついでにユニクロに寄ったらワゴンにリブハイネックTが投売りになっていたのでゲットしてきました。

このリブハイネックT前も500円くらいで投売りになっていた気がするんですが、さらに投売りが進んでいて390円です。これは税抜き価格なので税込みだと420円でした。

いいの?もうこれお洋服の値段としていいのかしら?って思うお値段です。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

ユニクロのリブハイネックTについて。

ユニクロのリブハイネックTは以前にも買っていたので、その着心地と使い勝手の良さについては知っていました。

なので、これは買いだなと思って買ってきたのです。

購入したのは長袖です。ワゴンには長袖と7部袖と半袖がありました。

今買うなら半袖だろうと思ったのですが、買った日はとてもとても暑い日だったのです。

外が暑すぎるからか、店舗の冷房が良く効いている日だったのです。

私は寒さで凍えてきっていて、半袖を着ていることを失敗したなーと思っていました。なので思わず長袖を購入してしまったのです。

なんなら着替えて帰る!って思うくらい寒かった。

なので長袖購入です。もともと生地がちょっと厚めなので春秋くらいがちょうどいいと思ったのもあります。

春秋と冬も真冬でなければ重ね着で使えるよねっという思惑です。

そっくりだけど違う?同じ名前で違う商品がありました。

けれど、今ちゃんと見てみると、前買ったものと、今回買ったものとでは違っていました。

ユニクロさん、めっちゃ同じ名前なのに違うもの出すのやめてくれませんかね。

前買ったものとリブの太さが違うな?と思って出してみて見比べてみたところ、手触りも違いますってことは。

はい、材質も違っていますね。

今回買ったものは綿97%ポリウレタン3%で、

前買ったものはポリエステル65% レーヨン35%です。

あらあら、今回買ったものって一応夏用ですね、これはほぼ綿じゃないですか。そして前回のものが秋冬っぽい素材です。

公式を探してみたら両方見つかりました。在庫がなくなったらリンク切れになると思いますが一応張っておきます。

リブ幅が広くて綿97%の方が、

ニット見えするリブTシャツ。トレンドスタイルには欠かせない1枚。

リブ幅が狭くて化繊のやつが、

リブ&ハイネックの旬アイテム!トレンドスタイルに欠かせない1枚。

こちらです。

よく見てください。どっちも名前は「リブハイネックT(長袖)」なんですよ。

こんなの間違えるに決まってるじゃないですか!!

個人的に綿が多いのは着心地が良いので好きです。嬉しいです。

リブ幅も広い方があらを隠せる気がして良いですね。

だから今回税抜き390円、税込み420円で買ってきたのを後悔はぜんぜんしていないのですが、前と同じやつだな、うんうん、って買ってきたのでちょっとだまされた気持ちがしているわけです。

だまされても許せる価格ですけどね。

色も好きな色だし、多分少し涼しくなった秋口に大活躍してくれると思います。

似たような服ばかり買ってしまう問題。

私にはある病があります。多分同じ病をわずらっている人は多いと思います。

洋服を買いに行くといつも似たようなやつを買ってしまう病です。

色とか柄とかシルエットとか、いつのまにかいつもと同じようなやつを手に取ってしまうのです。買ってしまうのです。

家に帰って引き出しを、クローゼットを見るとめっちゃ似たやつがあったりします。これとこれほぼ一緒じゃないですか?ってやつがあります。

先日衣替えをした時にびっくりしたのですが、同じようなテイストのシャツが5枚もありました。色も形も似たやつです。

今回のリブハイネックも好きな形と色なんですよね。

たまにはちょっと違ったやつに手を出してみたいと思うのですが、好みってものは怖いですね。

柄でいうとボーダーに弱いです。引き出しを開けるとボーダーだらけです。

好きなものはしょうがないのですが、まったくもってそっくりってやつばかり買うのは避けたいなーと思い始めています。

整理整頓のために気をつけたいこと。

洋服は、一枚買ったら一枚捨てる!をできたらやりたいと思うのです。

ものが増えると整理できなくなってよけいどこになにがあるのかわからなくなって、あるはずなのに見つからないからまた買ってくるってことが起こります。

片付け本としては私はこの作者の本が好きです。

たまに読み返して、よっしゃ捨てるぞ!と思うのですが、なかなか上手くいきません。

それでも読むと片付けたいという気持ちが沸いてくるのでよい本です。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

グーグルアドセンス関連ユニット