結婚式におよばれの時のパーティドレス選び~安い通販のおすすめドレスよりもレンタルの方がお得で高品質では?~ 

こんにちは。結婚式に呼ばれて嬉しいけれど着ていく服に迷った経験はありませんか?

新しくドレスを買うより、レンタルの方が質がよいものを着れます。

結婚式のおよばれ用のドレスって参列者がかぶると使いまわししにくいものです。

だったら、レンタルでその都度違うドレスを着るとう選択肢があってもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

結婚式に招待されるということ

結婚式に招待されるということは嬉しいことです。友人の結婚式であれ、親戚の結婚式であれ、おめでたいことなのでお祝いしたいという気持ちになります。

もちろんですとも、しかし、招待された時から、ちょっとどうしようかなという気持ちも沸きます。そう、それは、

着るものをどうしようという気持ち

これです。何を着て行ったらいいのか、というのはいくつになっても悩ましいところです。普段からおしゃれ心があってドレスを選んだり、装ったりするのが大好き!!という場合は、ここぞとばかりに張り切ることになるのでしょう。

けれど、そこまで着るものに執着がない場合、この何を着ていったらいいのかなというのは重大な悩みです。

結婚式に着ていく服装

というのも、結婚式に着ていくもの、というと正装ということになります。基本はドレスかスーツですよね。着物、の場合もありますが、着付け等の問題が出てくるのでよほどでなければドレスかスーツということになるでしょう。

そしてスーツよりはドレスの割合が高いですよね。

結婚式に着ていく服のしきたり

問題は、ここです。結婚式という祝いの場所に着ていく服装にはいろいろと決まりがありますよね。

代表的なものとしては、白は花嫁の色なので避ける。というのがあります。

その他にも、結婚式に着ていくもののマナーがたくさんありすぎて調べていると困惑してしまいます。

これはいいなと思って買ったドレスでも、よくよく考えてみると結婚式にはそぐわないものであったりして、結局着ていくのをやめたりしたこともあります。

今はルールが変わってきているから大丈夫!と思っても、参列しているのは若い人だけではなく年配の方々も多くいらっしゃるので、そういう方たちが眉をひそめるような格好は招待してくれた人のためにしたくはないと思うのです。

  • 白は避ける。ベージュなどの薄い色のものも濃い色のボレロなどと合わせること。
  • 素足は×、必ずストッキング着用。黒や網や柄物は基本避ける。
  • 肩は出さない。ボレロやショールなどで隠す。
  • 大きすぎるバックは持たない。
  • サブバックに紙袋を持たない。
  • ミュール、ブーツは×
  • スカートは膝が隠れるくらい、短すぎるのはNG
  • 毛皮や皮素材のものは駄目
  • きらきら光る系、ゴールド系のアクセサリーはつけない。
  • 髪はできればアップ、おろす場合はしっかりセットした感じがするように。

代表的なものでもこれくらいあります。いくつかはやってしまいますよね。

サブバックに紙袋持って行ってましたとも!

同じドレスでいいのか

何回も式に呼ばれていると着るものがない問題、というのが発生します。

あのドレスは前着ていて、今度来るであろうゲストって前の結婚式とかぶるから同じドレス着てきたと思われてしまいますよね、という問題です。

できれば、毎回違うドレスを着たいです。それが女心というものです。けれど懐の問題もありますので難しいところです。

お買い得な通販のドレスについて

今は通販で簡単にドレスを買うことができるようになりました。以前ですとデパートを何件か回っても気に入るドレスを見つけることができずに、まあこれでいっかと妥協して買うということもありました。

今はネットで検索して、たくさんのドレスの中からいろいろ比べながら選ぶことができます。

ネットでドレスを買うことの利点

ネットの通販でドレスを探すと、とてもたくさんの中から選ぶことができます。

色や形、素材がいろいろな中から選ぶことができるというのは嬉しいものです。

店舗で選ぶ場合、場所が限られているのでそう多くのドレスが並んでいるわけではありません。種類、品揃えという点でネット通販は優れていると思います。

それに、かなりリーズナブルなものが多いです。かなりお安くドレスを手に入れることができます。お買い得だわ!!と思うもの、たくさんありますよね。

ネット通販でドレスを買う時の悪い点

これは大きく二つあります。

一つは

縫製や布の質感が届くまでわからない

ということです。いくらお値段がお得でも、届いてみてそのドレスのちゃちさに驚くことがあります。

画面で見た時は素敵に見えていたドレスなのですが、手にとって見てみるとその素材がとても安っぽくて、結婚式に来ていけるようなものではない、ということがままあります。

縫製も雑で、糸が飛び出ていたり、ここをもうちょっと頑張って欲しかったという箇所が、やはり手にとって間近で見てみると出てくるものです。

お値段なり、と言ってしまえばそうなのかもしれませんが、がっかりすることは確かです。

また、もう一つ、

年齢がいってくるとさすがにお安いドレスを着ることへの羞恥心が出てくる

ということがあります。

ある程度の年齢で、このお値段のドレスを着てしまうのか、と自分の中の自分が囁くわけです。

若いうちは、まあいいのです。少しくらい安っぽいドレスでも若さがあれば着こなせます。可愛いは正義です。若さというのはそれが許されると思います。

しかし、ある程度年齢が行ってくると、結婚式という場では、それなりの服を着る必要があるように思えてくるのです。

見栄といえば見栄なのですが、通販のお買い得ドレスを着ることへのためらいが出てきます。

そして、ネットで検索してすぐに出てくるドレスだと、被ったり、あそこで買ったドレスだなというのがわかってしまわないかという心配も少しありますね。

レンタルという選択肢

年齢にあった場にふさわしいドレスというのは、それなりにお値段がすることも確かです。正直とてもお金がかかります。

ドレスを買うと、やはりそれに合わせて小物も揃えたくなるものです。ボレロやショール、バックに靴、いくらあっても足りません。

結婚式という場面で何回か使いまわせればいいのですが、見栄が邪魔をするので、できれば都度装いを変えたいというのが女心です。

いろいろ考えた結果、レンタルという選択肢に目を向けることにしました。

結婚式のドレスをレンタルするメリット

まず、レンタルした場合のメリットを考えてみたいと思います。

その都度違うドレスを着れる

これ、これが一番大きな利点です。レンタルなので好きなときに好きなドレスを好きなように選んで着れるわけです。

毎回同じドレスを着なくていい。これがとても女心をくすぐります。素敵。

同じドレスを着ていて感じる肩身の狭い思いも感じなくていいです。

クリーニング保管の手間隙がない

ドレスって買った後も大変なんですよね。着たら洗濯しなければなりませんが、基本的に家で洗えるドレスってほとんどないです。

クリーニングに出すことになります。ドレスのクリーニングってけっこうなお値段しますよね。

そしてデリケートなものなのでクローゼットの中である程度余裕を持って入れておかないと皺になります。場所をとてもとります。

使用頻度はとても低いのにクリーニングと保管でかなりのリソースを食うのです。

しかし、レンタルであればクリーニングや保管の必要はありません。クローゼットがこれ以上圧迫されることがないのです。良い!

一式そろえるよりも安い

借りるわけなので、当然のことながら買うよりも安くなります。ならなければ誰も借りませんよね。

向こうも商売なのである程度のレンタル料にはなりますが、一式揃えることを思えばずっとお安くすみます。

レンタル料も安いものから少し高いものまでありますが、上手に選べばかなりリーズナブルな価格に抑えることが可能です。

ブランドのドレスが選べる

ネットの通販でお得なドレスを買う場合、ほとんどの場合はノンブランドです。自社での製品なのでこの品質のものをこの価格でお届けできるのです!という所が多いからです。

しかしレンタルドレスサービスの場合、ある程度のブランドのドレスが貸し出されます。

誰もが名前を聞いたことのあるブランドのドレスに袖を通せるというのは、それだけで気分がアップすることです。

購入すると思うとかなりな価格になって躊躇するようなドレスにもレンタルであれば手が届きます。

セットになっていてコーディネートを考えなくてもいい

ドレスレンタルの場合、ドレス単独でのレンタルもできるのですが、セットになっているものも多いです。

ボレロやネックレスがドレスとセットになっているので、それ一式借りてしまえばもう完璧!というやつです。

ドレスを買うとなると、小物にも悩むものなので、そこをきっちり上品にコーディネートしてくれているというのはとても助かります。

カバンなどの小物もプラスしてレンタルすれば大抵は送料無料ラインまで達するので、そこも嬉しいポイントですね。

ドレスをレンタルするデメリット

結婚式の衣装をレンタルすることはメリットがあるような気がしてきました。

しかし、メリットがあるということはデメリットもあるということです。

そこもきちんと把握しましょう。

自分のものにはならない

どんなに可愛くて気に入ってもレンタルドレスは借りているものなので自分のものにはなりません。

お金を払っているのに、手元に何も残らないというのは、悲しいことです。

これは裏を返せば物が増えない、ということになるので、いいことだと言えなくもないのですが、ちょっと切ないですね。

借りたいものが借りられるかわからない

これ、可愛い、着てみたい!と自分が思うドレスは多分人気があるドレスです。

そうすると、結婚式のある日に借りることができるかどうか、という問題があります。

人気があればあるほど、なかなか希望通りにいかないことが予想されます。

結婚式というのは急に決まるものではなくて、ある程度事前に招待を受けるものなので、予定が決まったら早めに予約を入れることが大切ですね。

ブランドによって値段が違う

大抵、たった○○○○円でドレスがレンタルできます!!ってお得なお値段を前面に押し出して宣伝してきます。

しかし、やっぱり自分がいいなと思うブランドのドレスというのはその最低価格ではレンタルできないものです。

ある程度誰が見ても良いドレスはやっぱりレンタル料も少しお高めに設定されています。うまいこと値段をつけてあるなぁ、と感心します。

やはり着てみたいドレスはそれなりのレンタル料が必要です。仕方ないですね。

ただ、ある程度のレンタル料になると送料が無料になったりするので、ほんと上手に商売していますね、と思います。うん、ほんとこちらの懐事情と乙女心をよくご存知です。

着てみるまで身体に合うかわからない

レンタルドレスの一番の問題は借りて、着てみるまで本当に身体に合うのか、イメージ通りなのかどうかがわからない、という点です。

これは一種の博打になりますね。いくらサイトで着用例を見て、口コミを見て、サイズを見て自分の身体にメジャーを当ててみても、洋服というのは着てみるまで似合うかどうかはわからないものです。

実店舗であれば、試着してみて、あああぁ、と思えばやめることができます。

しかしレンタルだとそこのところに不安が残ります。

期間を少し長めに設定できるところで借りて、交換は無料のところを探す、などが対策になるでしょうか。

この着てみないとわからない問題は、ネット通販でドレスを買う場合も同じリスクがあるので、実店舗で試着をして買わない以上ついて回る問題でもあります。

汚した時の補償金問題

レンタルして、何事もなく使い終わってお返しできればいいのですが、行く場所が結婚式なので披露宴等でお食事をする場合、どうしても汚すリスクが出てきます。

汚してしまった場合の費用がどうなるか、というのはちょっと心配になるところです。

やわらかい生地だと引っかき傷などもできやすいですよね。

汚損、破損の場合の料金についてしっかり事前に確認して納得のいくところを選ぶ必要があります。

また、ドレスが届いた際に自分でもきちんと状態を確認して、気になる点があれば最初に写真に撮っておくといいかもしれません。

レンタルドレスサービスのすすめ

いろいろメリットデメリットをあげてみましたが、私は結婚式のドレスをレンタルするのはありだな、と感じています。

ドレスって何度も着まわせるものでもないし、何年も保存していても型が古くなったり、繊細な生地なので黄ばみなどが出てきたりして着れなくなってしまう確率が高いです。

それならいっそレンタルでその都度気に入ったものを着れるというのはかなりとてもいいサービスではないでしょうか。

結婚式に着ていくものを迷っているのであれば、一度こちらのサイトを見てみて下さい。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

グーグルアドセンス関連ユニット