映画「ダブルミンツ」を見たのでネタバレ感想を述べたいつっこみたい。船長さんが何て言ってたか知りたい。

こんにちは。映画を見た後、いろいろ感じたことがあたまをぐるぐるしませんか?

そのぐるぐるを吐き出しています。

映画「ダブルミンツ」についてつっこみたい!

映画「ダブルミンツ」を見てきました。

とりあえず、順不同でネタバレな感想といいますか、思ったことを吐き出したいと思います。

最初に申し上げておきたいのは、とてもよい映画でした。重くて見終わった後に体力を消耗する映画です。

音楽もすごくよかった、役者さんたちの演技もとてもよかった。

よく中村世界を映像化できたな、これはすごいことだという思いが強いです。

見てよかったと思っています。

つっこむのは性分なのでつっこみますが、素敵な映画でした。私は映画ダブルミンツが好きです。

その上で、そこはどうなの?と思わず思った点についてつっこんでいます。

一度見ただけなので見間違い記憶違いもあるかと思います。

映画を見た時点では私は原作を読んでいません。

ネタバレが嫌な方はここらへんで引き返してください。よろしくお願いします。

あと15禁の男性同士の行為がある映画で暴力表現も多い映画です。なのでそこらへんが駄目な方も自衛をお願いします。

それでは。順不同でいきます。みつおが二人いて面倒なのでやくざっぽい方のみつおは黒みつお、SEなみつおはヒゲミツオと書かせてもらいます。

黒みつお役の人エロすぎ問題。

なんなんですか、あの人。すごかったです。

その色気にやられましたですことですよ。

私は役者さんを存じ上げませんでしたし、正直な感想を言えば最初は、少しイメージが違うような気がしました。

しかし、話が進むにつれてどんどん引き込まれていきます。エロく見えてきます。エロくなっていきます。全身全霊で演じているのが伝わってきました。

あの熱意熱量を見て心を動かされない人はいないのではないでしょうか。あの役者さんの中に作りあげられたみつおを生きていました。

あの世界を構築している柱の一番太いところはこの役者さんだと思いました。

見ているうちにどんどんとても美しくエロい存在になっていきました。一重ってこんなエロかったんですねって思いながら見ました。すごいですねー。細くてエロい体をしていました。足が長くて綺麗でした。

目じりの黒子ってエロいんだなーってすごく思いました。エロくて可愛いですね。

銃をかちかちやって、こうかな?これでいいかな?ってやってたの可愛かった。

病室から落とされたおっちゃんをつんつんして、救急車呼びます?って言ってるのも可愛かったです。

役者さんってすごいなーこんな色気出せるものなんだ。色気すごかった。あの人すごかった!って見終わった後なりました。エロかったです。

役者というのはすごいものなのだなと思いました。

韓国人の船長さん空気を読まなすぎて好き!!

最後の最後の方で出てきた、みつおを高飛びさせるための船の船長さんが私は好きです。大好きです。

なんですか、あの空気を読まないっぷりは!素敵!!

めっちゃ二人の世界を作っていて、周りのやくざさん達がほぼひいていて壁になっている状態で、多分、

「で?乗るの?乗らないの?はっきりしてよ!!こっちは急いでるんだよ!!!」

的な事を言って空気をぶち壊してくれました。

私はあそこでもう吹き出しました。我慢できませんでした。

うん、二人で世界を作ってる場合じゃないよね。高飛びするならとっとと乗ってほしいよね。密漁船かなんかだから目立つの嫌でしょうしね。船長さんは正しい!!

その後もみつお達にぺらぺらぺらぺら話しかけていました。かなり長く話しかけていたのですが、字幕がまったく出ず、そのあと黒みつおがヒゲミツオに「なんて言ったんだ?」って聞いていたので、私も同感できっと頭のいいヒゲミツオなら訳してくれるに違いないとわくわくしたのですが、答えは「さあ」だったので、

ちょっと!そこは訳してよ!!と思いました。頭いいっていう設定でしたよね、ヒゲミツオ、その割に女を殺したといわれたら、とりあえず山に埋めようとか言うし、韓国語もわからないみたいだし、あまりその設定が生かせてないですよ!

この船長さんが何て言っていたのか、かなり気になるので、韓国語がわかる方がいらっしゃったらどこかに訳をあげてください。お願いします。とても気になっているのです。

だいぶ長台詞だったのにまったく意味がわからないので最後もやもやっとしました。

韓国語でしたよね?中国語じゃなかったと思うのですが、もう記憶があいまいです。

追記

ネットをあさりまくって親切な人を待っていたのですが、

どうやらクラウドファンディングの特典の台本に台詞が書かれていたようですね。

黄ファミリーのキムだ。

半島についたら陸路で移動する。少し大変だけど我慢してくれ。
黄のおやじも楽しみに待ってるぜ

となっているようです。

すっきりしました。ありがとうございます。

最後、返事してほしかった。

最後の最後のところで、黒みつおがヒゲミツオに、

「お前、オレと一緒に死ねるか?」と問うて終わりました。

私はできればヒゲミツオの答えが聞きたかったです。

イエス以外の答えはないと思いますが、それでも聞きたかった。それで終わってほしかったのです。

あえて問いかけで終わることで、答えを観客にゆだねたのかもしれませんが、そこはゆだねるのではなく、きっぱりはっきり示してよ。狂気のように願いのように祈りのように一緒にいたいと、傍にいたいと願い、どうしていつもいなくなっちゃうんだよと叫んだヒゲミツオに応えさせてあげてくれよと思いました。

もちろんでも当たり前だでも死ねるよでもなんでもいいから、ちゃんと応えさせてあげてほしかった。

最初の女を埋めるところ浅すぎじゃないですか?

女の死体を山に穴を掘って埋めることにしましたね。

見ていて思ったのは、ちょっと!そこに埋めるの!?めっちゃそこまで車入ってこれてるってことは道のそばですよね?

道があるってことは人が入ってきてるってことですよ?わかってます?

林道って使ってなかったらすぐに車なんて入れない状態になりますからね!車が入れるってことは使ってる人がいるんですよ。そんなすぐ傍に埋めるな!

しかも、浅い!浅すぎる!そんな浅かったらすぐに野犬に掘り返されますって。もっと深く埋めないと駄目ですよ。

って映画みながらすごく駄目出ししてました。後から思えばヒゲミツオは女が死んでないって知っていたからわざと浅めに埋めて後から掘り出しやすくしたのでしょうか?

というかこの設定無茶がありすぎですよね。人を殺しちゃったかどうかってのはすごく重要な案件なので、殺したかなって思ったらちゃんとバイタルサインの確認しましょうよ。

仮死状態だったとしたらほぼ死体と変わらないと思うので、ヒゲミツオが掘り出す理由がなくなるんですよね。黒みつおが確認した時には仮死状態だったとしても、埋める時点でヒゲミツオが触った時には少なくともかすかなバイタルサインは復活していたと見るべきでしょうか。

そうそう、穴に埋めるときに女の腕を持って引きずっていたのですが、あそこの場面を見たときに私が思ったのは。

殺したのは何時くらいの設定なんだ?腕がやけにぐにゃぐにゃ曲がるけど死後硬直っていつから始まるんだっけ?腕は遅いんだっけ?

ということでした。後から思えば生きていたので死後硬直してなかったのかと納得しました。

しかしあれだけがんがん引きずられて大丈夫だったって女の人頑丈すぎです。

後日あそこは全部女優さんの体当たり演技だったと知ってびっくりしました。引きずられていたし、投げ込まれていたし、顔に土かぶっていたのに微動もせずだったのはすごすぎです。

そういえば、海の近くで育った人は死体を山に埋めて、山で育った人は死体を海に沈める。なぜなら自分が生活していて土地勘があるところだと発見される情景が想像しやすく、生活してない場所だと見つからないような気がするからだ。みたいなのを聞いたことがあるのですが、この二人は海の近くの人なんですかね。

まあ、東京なんで海が近いといえば近いのかな。山の方が異界な気がするのでしょうね。

しかし多分初めていく山に死体を埋めるのはリスクが高いぞー。

下調べしないとそこが開発予定だったらどうするんだとか、山道ってナビに頼れないから迷うよ?とかいろいろ思うことはあります。

方向音痴の私が激しく驚いたのは黒みつおの記憶力ですね。

助手席で夜の山道でしかも酔った状態で道覚えてたんだ!ちゃんと警察を埋めた場所まで連れて行けたその方向感覚と記憶力に拍手を送りたいです。私には無理です。絶対に!!

あっ、ナビついてたら走行記録が残るんでしたっけ?それをたどったんだったら納得できます。

組長優しすぎ、てか運転組長なんです!?

映画を見ていて、私は組長さん優しいなーって思いました。

だってめっちゃ黒みつお迷惑かけてますよね。

やくざの下っ端が警察に自首するって相当なことですし、売り上げはちょろまかすし。

最後のお仕事もあの口調だと事務所前でぱんぱんって威嚇射撃して逃げて来いって言ったんだと思うんですよね。

あんなに派手にかちこむ必要は多分なかったし、組長さんは想定していなかったと思います。

撃たれた黒みつおを闇医者を呼んでちゃんと手当てしてくれたし、このまま日本にいたらやばいので高飛びの手配までしてくれている。優しい、ちょー優しいやくざです。

しかもこことても笑ったのですが、最後船に乗ろうとする黒みつおのところにヒゲミツオを配達してくれます。

つか、車のハンドル握ってたの組長さんですよねー!?

びっくりです。えっ?組長運転です?あそこのアジトにもう舎弟は一人もいないの?運転手の一人もいないの?こじんまりした組だなーとは思っていたのですが、深刻な人手不足じゃないですか?

アッシー君が組長さん?びっくりです。

そしてやくざ達がみんな優しい。黒みつおとヒゲミツオが痴話げんかやっているのをじっと静かに見守ってくれています。まさに壁となって背景と同一化して優しく見守っていてくれています。若干ひいていて口を出せないという気がしますが、きっと優しいから見守っていてくれているのです。素敵。

断髪式の時も、見ていて、あっ、お仕置きなのに薬打ってあげるんだ。それだと気持ちよくなっちゃいませんか?意識も朦朧としちゃうし屈辱とか痛みとか味あわせなくていいんです?

組長さんやっさしーい!と思いながら見ていました。

あの断髪式のビデオの意味がよくわからない。

あの断髪式の映像は何のために撮ったんでしょうかね。

棒役の人がすっごい体に油かなんか塗っててテラテラしてたのは撮影栄えするためかなって思うので、一応制裁ついでにゲイビデオを撮ってそれ系が好きな人にうっぱらって金にしようとしたと考えるのが順当かなと思うのです。

ちょっと笑ってしまった棒役のおそろいサングラスも棒役はあまり顔を出したくないので一応変装めいた意味があるのかなっと。

ただ、そうすると途中で組長さんがまざってくるのが解せないんですよね。

一応あの人組長でしょ?組長もご出演のゲイビデオって売れます?買う立場としても下っ端にゲイな人が居たとして組長が出てるゲイビデオ買いたいと思います?

そういう裏ビデオ扱う人ってその筋の人ですよね。その筋の人なら組長さん出てたらわかっちゃいませんかね?

編集して組長カットして売るのかなぁ。

あそこはもう仲良く組長もサングラスしよう!!って場面でしたね。

一応黒みつおの弱み的なものを握ることによってより使いぱっしりをさせやすくしようとしたという目的も考えることができますが、その場合あまり効果があがってませんよね。

組長さんに対する黒みつおの態度ってかなりなめてかかっているというか、こんなことされた相手に取る態度じゃないっていうか。お金ちょろまかしてますし。

となると最後は組長さんの趣味のコレクションってことになるのですが、黒みつおの可愛いシーンをコレクションしたかったのなら、自分で最初から最後までやってねっとりぐっちょりのやつを撮影した方が楽しいと思うのですどうなんでしょう。

制裁が主で、組長さんのお楽しみはついでだったのかなぁ。それにしてはかなり黒みつおを可愛がっていて、かなりなところまで許して面倒みてくれていたので、組長さんには黒みつおへの愛があったと思うのです。

恋愛っていうよりもう情愛だったのかなぁ。つっかかってくる子猫が可愛い的な。子猫と子犬がじゃれているんで、もうこいつらは仕方ないなってまとめて面倒みててくれた感じがします。

つまり私は組長さんが好きです。

刑事さんの扇子の謎?

刑事さんの扇子が私には謎でした。

えっ?長袖着たり、コート着たりしてる人が多いんですけど、あなたは何故扇子を出してあおいでるの?

季節はいつなの?寒くないの?

とあの人が出てくる度に思っていました。

全体的にダブルミンツを見ていて、季節がいつなのかが謎でした。

高校の時の回想シーンも、汗だくの背中が映っていたので、締め切った体育倉庫が暑いのかな?それとも脂汗なのかな?と疑問に思ったのです。

他の生徒は制服の上着を着てた気がするし、体育倉庫にやってきた黒みつおは長袖シャツの長袖をまくっていたような気がするんですよね。

季節なんてどうでもいいことなんですが、ちょっと気になった点です。

ヒゲミツオ金稼ぎすぎ問題。

ヒゲミツオの部屋があまりにもゴージャス過ぎて見ていてびっくりしました。

高校卒業してから何年も会っていなくて、久しぶりの再会ということですが、年齢設定は何歳くらいなんでしょうか。

ヒゲミツオがかなりの高給取りのシステムエンジニアになっていますが、あの部屋に住める収入を得てる年齢っていくつだろう?

しかしあまり年齢を上げて行って30前後と考えるとその歳でヤクザの下っ走りをやっている黒みつおくんがちょっと切ないなーと思うので、ぎり25前後くらいです?

それであの生活できるかなぁ。すごい豪華な部屋でしたよね。雑誌も飾り棚みたいなところに飾ってあったし、家具もいちいちお洒落な感じで。

もういいじゃん黒みつお、金をちょろまかしたりしないでヒゲミツオにたかろうよ。大丈夫相手は犬だから喜ぶよ?と思ったりしてました。

でも黒みつおには黒みつおのプライドがあるからそうはならないですよね。

黒みつおがお金数えているシーンはとても楽しそうで可愛かったです。

そしてヒゲミツオいくら本当は殺してないし埋めてないから大丈夫だからって強気だからって職場のあんなオープンな場所で刑事さんとお話するっていうのは社会人としてどうなの?

別室に会議室もあるだろうし、休憩室的なところでもいいし、場所は刑事さんが言うように移そうよ、と見ていて思いました。あんなところでお話するような話じゃないですから!

てか、あの会話普通に近くにいる人に聞こえてますよね?どうしてあの内容を近くで話されてるのに平然と仕事を続けられるんだ!近くの席の人のメンタル強すぎ問題!

裸で染み抜きはしないですよね。

高校生の時の黒みつおがヒゲミツオの彼女を寝取るシーン。

あれ、私はもう心の中で力いっぱいつっこみました。

その染み、とんとんしても落ちないよ!!下まで貫通してる量でしょそれ。とりあえずシーツは外して手洗いしなきゃ無理です。

お湯は固まるから駄目ですよ。最低でも石鹸か、できたらセキス酸ソーダ持ってきて!最近はダイソーで買えるから!

つか、素っ裸で染み抜きはしないからっ!!!!

素っ裸といえば男なんだから股間だけ隠せれば問題なくないです?

高校生時代の素っ裸といえば、ヒゲミツオが素っ裸にされて体育館倉庫に入れられていましたが、あれそこまで問題です?

女子生徒ならかなり問題ですが、男子生徒ですよね?さすがに全裸はちょっと恥ずかしいと思いますが水泳の授業の時に海パン一丁になってはしゃぎまわるんだから股間さえなんかで隠せれば別にさほど問題がないのではないかと思ってしまうのですが、そういう問題ではないのでしょうか?

映像に映っていた体育倉庫にあるものでとりあえず股間を隠そうよ!と思った私は映画を見ながらいろいろ検討していました。

うーん、てっとり早いのはボールで隠すとか?ちょっと面積足りないかなぁ。

あの得点板みたいなやつの黄色い得点のぴらぴらを何枚かはがしたら隠せない?

マットは重いだろうし、うーん。見えてないけど箱に入ったユニフォームとかないの?バスケの対抗戦するときとかに上から色のついたやつはおったりするじゃないですか。ありそうですよね?

ダンボール箱があればそれでもいいし。でも映ってないからないということなのでしょうか。

あっ!!跳び箱!跳び箱の二段目三段目あたりを中に入って持てばちょうど隠せそうな気がしません!?

いい考えが浮かんだ!と思ったのですが絵面を考えると笑えるので却下ですね。

あの体育館倉庫で女子に見つかるかも!!という緊迫感はとてもよかったですね。どきどきしました。

でもそれこそ女子が出入りするってことは閉じ込められているわけじゃないので、人がいなそうな時に抜け出ればいいだけな気もします。

人がいなくるまで待ってたらあの時間だったとして、体育館に鍵ってかけてたかなぁ、どうだったっけ?と思っていました。

放課後なら部活で使うから開いていて人がいるだろうから、体育が終わった後の別の授業中設定でしょうか?鍵なんてかかってたかどうか、高校時代が遠すぎて思い出せません。

無料のガムシロップとかでカルピスっていつの話?

高校時代のエピソードでみっちゃんのお友達あたりが、フリードリンクのガムシロップとかミルクでカルピスが作れるんだぜ!って言っていた気がします。

この話題が流行ったのって去年くらいじゃなかったですか?

何年も前の高校時代のエピソードにもってこられると、いつの話なのこれ!?って思いました。

昔から有名な方法なのでしょうか?

黒みつお丈夫すぎ問題。

カチコミした時足を撃たれたんですよね?

その後もめっちゃ走ってますけれど、足は大丈夫です?

撃たれた事がないのでわからないのですが、そんな普通に歩けるものなのです?

私足がしびれただけでも普通に歩けないですし、靴擦れとかでもかなり痛くて歩き方がおかしくなるのですごいなーと思いながら見ていました。

そういえば、自分を刺した時の回復も早かったですね。多分黒みつおくんはすごく丈夫なんだと思います。

ぼこぼこにされるのも慣れているのでしょう。めっちゃ痛そうでした。顔はやめてー!って思っていました。

野生動物って怪我をするとじっとうずくまって怪我を治すイメージがあります。

黒みつおはきっと野生動物並みに回復力があるんだろうな。あの細っこい体ですごいことです。

そういえば、あの体、細いのですが筋肉はありましたよね。すごく綺麗な体だなぁと鑑賞していました。

走る姿も綺麗でした。ほんといい体してました。

身代わりネックレスにエピソードが欲しい。

指輪はキーアイテムとして活躍していたのですが、あのネックレス伏線とか何かありましたっけ?

黒みつおの身代わりのごとくベッドの鉄パイプにぶら下げされていたあのネックレスです。

できれば、それまであのネックレスを黒みつおがとても大事してたとか、実は高校の時にヒゲミツオが選んだネックレスだったとかというエピソードがあったらよかったのになと見ていて思いました。

あのお部屋のお片づけは誰がするのかな?やっぱりやくざさん?

黒みつおがいなくなっちゃって、ヒゲミツオが荒れに荒れます。

私殴り合いとかはまだいいんですが、器物損壊系が苦手なんです。部屋の中をむちゃくちゃにする系ですね。

ちょっと!その後片付け誰がするのよ!ガラスとかもあったら面倒なんですけど!!と思ってしまって集中できなくなるのです。同じ邦画ですと「怒り」もかなりな破壊活動があって、予告で映っていた部分だけでも苦手意識が炸裂して見るのやめようかなって思ったくらいです。

なので、がしゃんがしゃんとヒゲミツオが癇癪で物に当たっているのを見て、

それ誰が片付けるんだよー!!つかここどこよ?組長さんの隠れ家の一つ?奥の部屋で寝ればいいとかおじいちゃん先生が言ってたからおじいちゃん先生がいつも呼ばれる臨時の診療所っぽいところ?

たぶん組関係の隠れ家っぽいから、お片づけするの組のやくざさんになるのかな?かわいそうに。でもやくざの人って機嫌が悪いと周りに当たるようなイメージがあるから組員さんお掃除慣れてるのかもしれないわね。ほら、下っ端は下足番とか掃除とかから始めるって聞いたことあるし!きっとこういうお掃除のエキスパートなのかもしれない。

どうせなら、

「秘伝!ヤクザが教える無茶苦茶になった部屋の片付け方~硝子の破片はこれで一発!」

みたいなお掃除本を出版したら儲かるかもしれませんよ、組長さん、いかがです?

って想像してました。

そしてあのヒゲミツオの、

どうしていつもいなくなっちゃうんだよ!って叫びはよかったですね。

高校卒業後も自分たちの繋がりは消えないって思っていたのに、卒業と同時に黒みつおからの連絡は耐えたのでしょうか。それでもずっと待っていたのでしょうか。待って待って、電話番号を変えずに待って、やっと来た連絡があれだったのか。

それがどんな連絡であれ、ヒゲミツオはもう一度つながった糸を放す気はまったくなかったのでしょう。

そう言えば、そもそもダブルミンツって題名はどこから?

そういえば、この題名のダブルミンツってどこからつけたのでしょうか?

二人のみつおって意味なんだと思うのですが、だったらダブルミツオじゃないです?

語呂がすごく悪くてお洒落感が一気になくなりましたね!

ダブルが二重とか二倍とか二つのみたいな意味ですよね。

そしてmintsを翻訳につっこむとミント、薄荷の複数形って出てきちゃうんです。

二つのハッカって題名です?爽やかな感じですね。中身のどろどろ血なまぐさい執着とか共依存とかのイメージからちょっとずれます。

どっちかがミンツってあだ名で呼ばれていたりしたっけかな?と記憶をたどるのですが、高校時代に黒みつおはみっちゃんとは呼ばれていたような気がするのですが、ミンツって呼ばれていた記憶はありません。

うーん、語感で適当につけたんですかね。何か裏の意味があるなら知りたいです。

いろいろつっこみましたが、私は映画「ダブルミンツ」が好きです。

とてもいろいろつっこみましたけれど、私はダブルミンツが好きです。見てよかったと思っています。

役者さんたちの演技がとてもすごくて、よく中村世界を映像にできたものだとびっくりしました。

映画を見ていて、あっ、なるほど、ここは中村先生の絵が浮かぶわ、はまるわって何度も思いました。空気感が近いのです。あの世界の匂いがしました。

二人のみつおの共依存している危うい関係を暴力的に生々しく、15禁という枠ぎりぎりまでいっぱいに描いてくれていたと思います。

桃の演出が最高にエロかったです。あの時のヒゲミツオの目が好きです。黒みつおよりヤバくて危ういのはヒゲミツオの方なのかって思いました。

黒みつおの役者さんはとにかくすごかったです。エロかった。語彙がなくて申しわけありませんが良いものを見させていただきました。ありがとうございます。

死体?役の女優さんのお体もとても素敵でした。なんですかあのけしからん胸は!素敵。演技も上手かったです。なにこのクソビッチ!って思いましたもの。

いい映画でした。とても良かったです。見て良かった。

作ってくださってありがとうございました。

でも船長さんの台詞に字幕が欲しかったです!

追記

映画を見て、たまらなくなって原作を買って読みました。本当にとてもすごい作品だなぁと改めて思いました。

ダブルミンツ 映画と漫画原作の違いについて原作を読んでわかったことをネタバレ感想を交えて語ります。
こんにちは。映画を見た後、原作があると映画と原作がどう違っているのか気になりませんか? 面白くて興味を持った映画ほど、原...

私は原作を読んでとてもすっきりとしました。こたえがありました。

映画を見て原作を読みたいと思った人に言いたいことがあります。

紙の本を買ってください。電子書籍には収録されていない短編があります。紙です。紙を買うのです!

紙の本を買ったらぜひ表紙をはがしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

グーグルアドセンス関連ユニット