業務スーパーの国産さんま甘露煮はあまり甘さはなく醤油味。骨まで柔らかく食べやすいけれどパッケージから取り出すのに苦労します。

こんにちは。秋刀魚はお好きですか?

私はさんまがとても好きです。あんなおいしいお魚は他にないと思っています。好きです。

秋刀魚好きな私としては業務スーパーでずっと気になっていたものがあります。

そう、それは国産さんま甘露煮です。

国産のさんまが3匹も入っていて一袋税抜き197円です。税込みで212.76円。1匹あたり70.92円です。驚きです。生のさんま一匹71円ではこのところ買えません。

それが調理済みなのに一匹71円です。すごいコスパです。これは一度試してみなければと思っていました。

なかなか私の行く業務スーパーで取り扱いがなかったのですが、やっと発見したので買ってみました。

食べてみた感想としては、うちが甘党なせいもありますが、甘露煮としては少し甘みが控えめなように感じます。甘露煮というか、醤油煮といわれた方がぴったりきます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

業務スーパーの国産さんま甘露煮は秋刀魚がまるごと3匹も入っています。

業務スーパーで買える国産さんま甘露煮は、さんまが丸ごと3匹入っています。

パッケージの裏からみても、三匹、尾頭付きであることがわかります。

さて、この甘露煮。一袋に三匹入っているのはいいのですが、これどうやって食べたらいいのでしょうか。

この三匹が丸ごと入るようなお皿はうちにはありません。

ということは必然的にこのパッケージから出して、ある程度の大きさに切り分けてから加熱とう手順になります。

ここで私の面倒くさがりが発動です。まな板と包丁と手がめっちゃ汚れる予感しかしません。

どうせならもうぶつ切りにしておいてくれれば適当な器に出して電子レンジチンができるのになぁ。

パッケージから出すのがとても面倒でした。

結局はさみでパッケージの上を開けてさんま三匹を箸でまな板に引きずり出して、包丁で頭と内臓を取って、切り分ける。という方法をとってみました。

パッケージから取り出す時にまずちょっと苦労します。甘露煮の汁が強敵ですね。ゼリーっぽく少し固まっているので取り出すのにちょっとコツがいります。

ハサミも汚れてしまうのは確定なので、私が切ったように上を切るのではなく、もう縦に長く切り開く方が取り出しやすいのではないかと思います。

柔らかく煮込まれているので箸でつかんで取り出そうとして力をこめるとぼろっと行く危険性もあります。

なんとか取り出しましたが、まな板が甘露煮の汁で大変なことになります。

これはあれですね、牛乳パックをひらいたやつとかの上できるべきかもしれません。

頭と尻尾の先は切り落として、内臓もちゃっちゃと取れるだけ取りました。食べやすい大きさに切り刻んで皿に入れてレンジでチンする作戦です。

三匹といっても頭を取って切り刻むとこれくらいの量です。一人一匹と考えると三人分くらいでしょうか。

業務スーパーの国産さんま甘露煮のお味について。

食べてみた感想としては、これは甘露煮なのかしら?という疑問です。

いえ、うちで作る甘露煮ってめっちゃ甘めに仕上げるせいもあるのですが、どうにも甘みが少なく感じるのです。

甘露煮というよりは醤油煮と言った方がいい気がします。

また内蔵もまるごと煮てあるのでどうしても内臓由来の苦味があります。

これはお酒を飲む大人の人にはたまらないのじゃなかろうか、と思います。

けれど、臭みと苦味と言われれば、まあありますよねという感じです。けれどこれくらいの臭みは普通に甘露煮を作ってもあるのでこんなものではないでしょうか?

お味は秋刀魚の醤油煮だと思えば美味しいです。よくある缶詰の味です。

甘露煮だと思うとちょっと甘みを足して欲しいなーと個人的には思います。

身はとても柔らかくなっていて、骨も抵抗無く食べられます。

食べていると、これはこれで美味しく感じます。うちの味付けが甘すぎるだけなので、普通の方であれば甘露煮として美味しくいただけるのではなかろうかと思います。

時期にもよるのだと思いますが、秋刀魚の脂自体はあまりのっていないのがちょっと残念でした。もう少し脂があったらもっと美味しいと思います。

この価格でこの味で秋刀魚が3匹と思うとコスパは良いですね。お魚不足を感じたときに食べるのがおすすめです。

さんま大好きな私が、業務スーパーの国産さんま甘露煮をリピートするかどうか。

業務スーパーの国産さんま甘露煮を食べてみて、今後リピートするかどうかを真剣に考えてみました。

私の答えは、一回食べたら気が済んだからもういいかな、というものです。

まず、パッケージがね取り出しにくいのです。そして切るのが面倒です。

それでも味が好みであればリピートを考えるのですが、残念ながらうちの甘い甘露煮とは違っていて醤油味が強めのものでした。

味付けとしてはよくある缶詰のあの味なのですが、

あの味が3匹もあるとちょっと飽きてしまいます。

4人家族くらいで一食で食べきれるならちょうどいい量なのですが、うちでは少し多いです。

さんまが大好きなので秋刀魚をこの価格で食べられる。しかも調理済み!というのはとても心惹かれる商品なのですが、多分もう買うことはないと思います。

でも安いんですよね。砂糖足して煮なおせば何とかなったりするのでしょうか。ちょっと未練が残ります。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

グーグルアドセンス関連ユニット