原種系チューリップのクルシアナ系赤黄タイプの見分け方 シンシア、チンカ、クリサンサの違いとは

こんにちは。原種チューリップはそっくりさんが多いのです。

クルシアナ系は本当にみんなよく似ています。白色系の見分け方は前に述べたので、今回は黄色系の見分け方です。

こちらも咲いた時の開ききった時の花の底の色がポイントです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

私は原種系チューリップが好きです

私は原種系チューリップが大好きです。一時期とてもたくさん植えました。

たくさん植えすぎてどれがどれだか正直わけがわからなくなるくらい植えました。

原種系チューリップの可愛さ強さたくましさが本当にとても好きなのです。

中でもクルシアナ系が好きなのです

原種系チューリップの中でもクルシアナ系といわれる、細い葉とすっと伸びた茎、そして蕾んでいるときはツンと気品あふれる姿のくせに、気温が上がり太陽が当たるとパッカーンと全開に開ききるそのあけっぴろげさを好ましく思っています。

とても好きです。チューリップの咲く季節というのは春の嵐に見舞われる時期と重なることもあり、本当に一瞬しかその姿を楽しむことはできないのですが、それでも好きです。

あの姿を見たくて秋にわくわくと球根を植え込むことをやめられないのです。

クルシアナ系そっくり問題

さて、このクルシアナ系といわれるチューリップですが、いくつか種類があります。あるんですけれど、この品種達、そっくりなんですよ。

どこでどう見分けたらいいのかわからないくらいよく似ています。

種苗業者はどこで見分けているのでしょうか。本当にそっくりで単品で見ても正直よくわからないです!!となることが多いです。

赤白系等についての見分け方については以前書いてみました。

原種チューリップ、クルシアナ系の見分け方 レディジェーン、クルシアナ、ペパーミントスティック
原種チューリップ、そのなかでもクルシアナ系のチューリップは外見がそっくりなので、自分なりに見分け方を覚書にしておこうと思います...

今回は赤黄系クルシアナについて見ていきたいと思います。

赤黄系クルシアナの見分け方

赤と黄色の配色になるクルシアナ系チューリップは何種類かあります。

うちにあるのは、シンシアとチンカとクリサンサなのですが、タコという品種も赤黄系であったりします。もうどれがどれなのか、見分けるのはかなり至難の技です。

つぼみの状態だとどれも赤と黄色の配色で本当に見分けづらいのです。

見分け方は基本的に花が開いた状態をみてすることになります。

クルシアナシンシア

クルシアナシンシアは、ホームセンターなどでよく売られている原種系チューリップです。

赤黄系にいえることなのですが、配色はまさにリンゴです。すごくおいしそうな色合いをしています。

お日様が当たって全開になったところを見てください。

このしべの色と花底の色、これがシンシアの見分け方です。おしべがほんのりと赤茶色で花底もおしべと同じ色をしています。

薄い黄色と赤の配色でしべと花底がこの色をしていたらシンシアだと思っていいと思います。

開花時期としてはうちで育ててみた感じですと、レディジェーンのとチンカの後くらいに開花します。チンカと比べるとやや遅いくらいでほぼ同時なのですが、レディジェーンより後なのは確かです。ペパーミントスティックとは同じくらい、でしょうか。

クルシアナチンカ(ティンカ)

チンカもホームセンターで売られているのをよく見ます。ティンカと表記されていることも多いです。

シンシアとよく似ています。

開いた時によく見ると、おしべと花底まですべて黄色であることがわかります。

これが多分チンカの特徴です。

パッケージの写真と、語感の影響で、シンシアの方が優しい黄色でチンカははっきりとした赤黄なイメージが私にはあるのですが、実物をよく見てみると、黄色具合の違いはさほどありません。どちらかと言えば芯まで黄色いチンカの方が優しい色合いに見えます。

もう一つわかりにくいのですが見分け方としては、花びらの赤いところの色がチンカの方が赤いです。シンシアの赤みはピンク系の赤なのですが、チンカの赤は本当の赤色系です。

赤の色の系統がちょっと違うんですよね。けれど単独で見て見分けられるかというと怪しいです。見比べたら、ああ、なるほど、と思う程度です。

クルシアナクリサンサ(クリサンタ)

シンシアとチンカに比べれば格段に見分けやすいのがクリサンサです。クリサンタと表記されている場合もあります。

これはダイソーで売っていたりもしますね。

球根もシンシアやチンカとくらべて一回りほど小さいです。そして花の大きさも他のクルシアナ系より一回り小さくこじんまりしているのが特徴です。

そして、黄色の色が濃いです。

はっきりとした鮮やかな黄色で芯も黄色いですね。

赤!黄色!というきっぱりとした配色で見ていて気持ちいいです。これは見分けやすいですね。

ただ、チンカとシンシアも球根が小さいとこじんまりと咲くので大きさだけで見分けるのは危険です。きちんと色の濃さを確認しましょう。

咲く時期は微妙にチンカやシンシアの後のように思います。

おまけ、ちょっと自信がないけれどホンキートンクとブライトジェムの見分け方

多分ホンキートンクだと思う原種チューリップが咲いてきました。

ホンキートンクは黄色のチューリップです。

咲く時期は遅咲きでクリサンサの後になります。

よく似ているブライトジェムという品種もあるのでちょっと自信がありません。

たしかブライトジェムはおしべまで黄色くて花びらにすっとちょっとだけ赤みがかった色が出るのです。

ホンキートンクはおしべに色があって、花びらはほぼ黄色一色なんですがとんがった部分の裏にうっすら赤みが入ります。

花の感じもホンキートンクはツンとした感じでブライトジェムはほわっとした感じになります。

この見分けもけっこう難しいんですよね。咲く時期がホンキートンクとブライトジェムはほぼ一緒です。

あ、後タコは写真を見た限りですとおしべが黒いですね。

そっくりだけどちょっとずつ違うクルシアナ系チューリップ。大好きです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

グーグルアドセンス関連ユニット