100均ダイソーのペット用ブラシでフリースの毛束はふわふわに復活するのか

こんにちは。フリースって暖かくて冬に大活躍なのですが、1シーズン着たおすと袖のあたりの毛が固まって毛束になってふわふわ感がなくなって全体的にみすぼらしくなりませんか?

変化は少しずつなので着ている間は気づかないのですが、衣替えをしてまた寒くなった時に取り出すと、あれ?こんなぺちゃんこだったっけ?と思うことがあります。

そんなくたびれたフリースをある程度ふわふわに復活させる方法があると聞いて試してみました。

使うものは100均ダイソーで買ってきたペット用ブラシです。くの字にまがった針金がいっぱいささっているブラシです。

これですくだけでフリースが復活するというのですが、本当なのでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル大広告

100均ダイソーのペットブラシ

正式名称は、

抜け毛取りブラシ 犬用

だった気がしますが、もう記憶が定かではありません。

ペット用品のところに売っている。くの字に針金が曲がっているブラシです。

ちょっと小さめですね。用途を考えるともう少し大きくてもいいのに、と思います。

本来の用途ではなくて、フリースの毛をふわふわに整えたいのです。

フリースをブラッシングしてみる。

やってみました。

結構力が、というより根気がいります。

1シーズン使って毛束状になったフリースはかなり手ごわいです。

いっぺんに大きくかけようとせずに、小さいブロックに狙いを定めて、絡まった毛を何度も優しく解きほぐすイメージでかけていくと、徐々にフリースがふわっとなります。

買いたてのあのふわふわさまで復活!!とはいきませんが、見違えるようにふわふわにはなります。

おおお!これはすごい!と感動する手触りです。

これはフリースが確かに復活します。素敵です。ふわふわが復活すると暖かさも段違いになります。

やはりふわふわの毛の間に空気があることで暖かさってすごく増幅されるのです。

ということで、100均のペット用ブラシはフリースをある程度復活させてくれる便利道具であるといえます。

ペット用ブラシでフリースを復活させる問題点。

ただ、一つだけ問題があります。

これ、めっちゃくちゃ時間と根気がいります。

フリースジャケットの表をなでただけで力尽きそうになりました。

根性で裏面も仕上げましたが、一着するだけでかなりの時間が必要です。

多分、ここまで毛束が形成されるまえに、日常的なお手入れとしてこのブラシを利用していればここまで面倒なことにはならないのだと思います。

けれど1シーズン着たおしたフリースはかなり手ごわいです。

フリースのネックウォーマーあたりなら表面積も少ないので、けっこう気軽にお手入れできます。

けれど、表面積の少ないものって安いですよね。

フリースのネックウォーマーも100均で買って愛用していますけれど、100円商品から300円商品くらいで買えます。

このペット用ブラシを買って手入れするより、来年新しいふわふわなのを買い換えた方がいいのでは?という気がします。

どうしてもお気に入りのフリースがあって、もう販売していないなどの理由がある時は、

もう少し大きなものの方がやりやすいと思います。

ダイソーのものは小さいので本当に少しずつしかとかせません。

でも手ざわりとふわふわ感が復活するのは嬉しいので、ちまちま時間のある時にとかそうかと思っています。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

グーグルアドセンス関連ユニット