100均ダイソーのゼラチンを使って枇杷の種で杏仁豆腐もどきを作ってみたのです。

こんちには、マチです。

ちょっと珍しげなもののレシピを手に入れると、一回作ってみたくなったりしませんか?

一回作ったら満足するんですよね。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

ダイソーのゼラチンパウダー15gは少し使いたいときに便利です。

ダイソーで売っているゼラチンパウダー15g。よく使うのならスーパーで安いときに5g入り6パックとかもっと入っているものを買ったほうが安くてお得だと思います。

しかし、突然!今日はゼリーを作りたいんだ!!ってなった時で、今後継続して作るかどうかわからない時に15gという少量を108円というお値段で買えることに意味があると思っています。

一応チャック袋になっていて保存のことも考えられているのも嬉しい点です。

枇杷をもらったので枇杷の種で作る杏仁豆腐もどきを作ってみたかった。

私がダイソーにこのゼラチンを探しに行った理由は、枇杷の種で作る杏仁豆腐もどきを作ってみたいと思ったからです。

ちょっと前に枇杷の種に含まれる毒で人を殺すっていうドラマを見た記憶があるのです。味覚が鋭い向井理さんのドラマだったと思います。

そんなものを使っていいのかしら?と思ったのですが、使う量が少なければ問題ないようです。

梅にだって青酸ありますものね。そんな感じなのでしょう。

枇杷仁豆腐の材料

枇杷の種で作る杏仁豆腐の材料は、最低限ですと、

  1. 枇杷の種 3粒
  2. 牛乳  300ml
  3. 砂糖  20g
  4. ゼラチン 4g

です。お好みで生クリームとかスキムミルクを入れると濃厚になるようです。クコの実もあると美味しそうな外見になります。

クコの実自体はあまり美味しいとは私はおもいませんけど、あの赤い実が乗っていると白い杏仁豆腐がとても美味しそうに見えるんですよね。

【100人話題入り】杏仁不要の簡単エコレシピ。びわの種であの香りが!(理由付)市販の杏仁やエッセンスより自然なのに濃厚!

クックパッドのレシピを見ながら作ってみることにしました。

作ってみて、自分なりにここ気をつけた方がいいなと思ったことを書いていきます。

適当にアレンジもしています。

手順その1 ゼラチンを水にふやかす。

大匙1 15mlの水にゼラチンを4g入れてふやかします。

私はふるふるのが好きだなーと思ったので3gとちょっと、4gまでは入れないくらいの量でやりました。

ここで気をつける点は入れながら混ぜることです。一気に入れてから混ぜようとしたらなかなかまざりませんでした。

まあ、ちゃんとふやかせなくても多分大丈夫です。最後にゆっくり溶かせばいいだけです。

手順その2 枇杷の種を刻む。

レシピではすりおろし推奨なのですが、皮を剥くのに包丁を使ったので、そのまま包丁で刻みました。おろしがね洗うのが面倒だなって思ったからです。

枇杷の種はよく洗っても結構ぬるぬるするので皮を剥くときは注意が必要です。私は勢いよく二回くらい種をすっとばしました。

これを防ぐにはティッシュが一枚あるといいです。ティッシュで種を持つようにすると滑りません。とても楽です。

皮は切れ目を包丁で入れて、そこに爪を立てるとけっこうするっとむけます。ティッシュで押さえておくととても剥きやすいです。

小さめの枇杷だったので種も小さめです。そしてあまり熟していたなかったせいでしょうか。

剥いたら中が緑色をしています。

あまり緑が強いのは苦味がでると悪いので使いませんでした。白っぽいもの選んで三粒くらい刻みます。

鼻を近づけると、あっ!なるほど杏仁豆腐のあの匂いがします。すごいです。本当にあのにおいです。

しかし思ったよりも香りは弱い気がします。やはり熟していないのが問題なのでしょうか。

よくわかりませんが突き進みます。

空気に触れるとこの種の白い部分はすぐに茶色になります。びっくりするくらい茶色になります。これでいいんだろうか?と思いますがきっとこれでいいはずです。

手順3 鍋に牛乳と砂糖と枇杷の種みじん切りを入れて熱する。

ゼラチン以外の材料を鍋に入れて火にかけます。

沸騰させないこと!となっていたので火加減に気を使います。まあ、まだゼラチンをいれてないので多少沸騰してもいいんじゃないかなーとは思います。

沸騰直前まで熱したら、火を切って蓋をしてそのまま10分置きました。

手順4 再度火にかけてゼラチンを入れる。

10分経ったら再度火にかけて熱します。

私は温度計があったのを思い出して引っ張り出してきました。

ゼラチンを溶かすのにちょうどいい温度は70度前後です。

それくらいになったら火を止めて、ふやかしてあったゼラチンを入れてよく混ぜます。

溶けきるまでよく混ぜます。

手順5 少し冷めてから茶漉しでこして容器に入れます。

私が容器に使いたかったのは、同じく100均ダイソーで買ったフタ付クリアカップです。

ダイソーのフタ付クリアカップを業務スーパー牛乳パックシリーズを小分けにするのに便利かなと思って買ってみました。
こんにちは、マチです。 たくさんあると食べられないものも、少しずつだとびっくりするくらい食べてしまったりしませんか? ...

この容器の弱点は耐熱温度が60度ということなので、70度の液を入れるのはちょっとためらわれます。

多分少しは安全マージンを取っていると思われるので大丈夫だと思うのですが、少しだけ冷めるのを待ちます。

60度以下になったかなと思ったら、茶漉しを使って容器に液を注いでいきます。

耐熱の容器であれば、待たずに注いでもいいと思います。

手順6 冷めたら冷蔵庫に入れて冷やし固める

そのまま液が冷めるまでまって、冷めたら冷蔵庫に入れます。

冷蔵庫に入れて冷やすまでは固まりませんので、冷めたのに固まってない!とあわてる必要はありません。

3時間くらいで一応固まるのですが、それくらいだとまだ柔らかいので一晩くらいしっかり冷やした方がいいような気がします。

冷えて固まったら、あればクコの実をお湯で戻したものを乗っけます。

これを乗せるか乗せないかで、美味しそうに見える度が違う気がするので乗っけてみました。

この赤い実が白いのの上に乗っていると映えますね。

枇杷杏仁豆腐のお味の感想。

おお、杏仁豆腐っぽい味がする!!すごいぞ!!と思いました。

ゼラチンで作っていて、しかも私は控えめで作ったのでとてもぷるぷるです。なめらかです。とろけるようです。

しかし、やはり種がちょっと若すぎたのか、かすかに青臭さみたいなものも感じました。

でもよーく味わわないとわからないくらいです。

美味しい杏仁豆腐もどきです。これは楽しいですね。

けれど、種を剥いたり刻んだりするのがけっこう面倒なので、一回作ったらもういいかなっという気がします。

普段から牛乳を飲むお家だといいのでしょうが、私は飲まないのでわざわざこれのために牛乳を買ってゼラチンを買ってってするのなら、もう既にできている杏仁豆腐を買ってきたほうが安いのでは?という気持ちになりました。

手作りの楽しさ、美味しさを重視するかどうか、ですね。

作っている間はとても楽しかったです。

作ってみたら満足しました!

残りのゼラチンはオレンジゼリーとかコーヒーゼリーで消費しましょうかね。

こんな風にたまに、これを作りたい!って時にダイソーのゼラチンはおすすめです。

たくさん買っても使い切れなかったらもったいないですから。

ダイソーのゼラチンを使ってみた感想。

粉なので溶けやすくあつかいやすいです。

袋にチャックが付いているので、残った分の保存も安心です。

水にふやかした時にゼラチン特有のにおいはあります。

出来上がったものには匂い、味ともに影響はなくごくごく普通に使えるゼラチンだと思います。

固まり方もちょうどよく、溶け残りでざらつくこともなく仕上がりました。

少量のゼラチンが必要な時に便利だと思います。

日常的にゼリーを作ったり、コラーゲンの代用として摂取する場合は、通販などでたくさん入っているのを買うのがお得です。

用途によって使い分けが必要ですね。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

グーグルアドセンス関連ユニット