100均ダイソーの園芸シートは園芸をしている人すべてにおすすめしたい便利用品です。

こんにちは。園芸をしていると避けられないのが、土との戯れです。

新しく植える土を配合して作ったり、終わった鉢の土をふるいにかけてまた再生したりしなければなりません。

いつもいつも新しい土を買ってきて、使い終わった土をどこかに捨てられたら一番いいんですけど、そんなわけにはいきません。

なので、土をどこかに広げて作業をするという場面が出てきます。

そんな時に大活躍するのが100均ダイソーに売っている園芸シートです。

このシート便利すぎて私は三枚買いました。最初使ったときは感動しました。

そして、今ではこのシートがない時はどうやって作業をしていたのか思い出せないほど活躍しています。

便利です。園芸をやるならぜひとも一枚は、できれば二枚くらいは持っていて欲しいアイテムです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

100均ダイソーの園芸シートのよいところ。

ダイソーの園芸シートはたしか、大中小と三種類くらい大きさがあったように思います。

基本的には大は小をかねるので一番大きなものをかうのがいいと思います。

私が買った時はとても人気があって品薄だったため、大を一枚と中を二枚買ったような気がします。

これはたぶん中だったような気がします。中でもそこそこの大きさはあるので作業は快適です。

使ったばかりで汚くいですね。この汚いところに鉢の土をあけて、ざっとほぐしたり根を取ったりするわけです。

この園芸シートのよいところは、広げるとぺらっとしたシートなのですが、左側に見える白いボタンを留めると、右のように少しまちができるところです。

このマチのおかげで土がこぼれにくくなっています。作業しやすい!

さらに

右上、わかりますでしょうか、黒いもち手がついているのです。

このもち手がとても便利です。土を運んだり、また鉢にいれたりするのにこの取っ手を掴んで両端を合わせてやるととてもやりやすいのです。

土関係の作業をするときにはもう必ず使います。

使いすぎてぼろぼろになるくらい使い込んでいます。

土をふるいにかける時にもとても便利です。

この場合は三枚つかって作業をしています。一枚目に鉢の土をあけてざっとゴミをとります。

二枚目の上で一枚目の上の土を少しずつふるいにかけて、ふるいに残った土を三枚目に移します。

三枚目に残った土に腐葉土とか牛糞とか赤玉土を適当にまぜれば再生土の完成です。

本来は黒いポリ袋に入れて日光消毒とかするべきなのですが、面倒なのでそこまでやっていません!!

繊細な花じゃなくて丈夫な花を育てればこれでも十分です。連作障害のある花には気をつける必要がありますけれどね。

100均ダイソーの園芸シートのここがちょっとと思うところ

あまり不満はないのですが、一応ここがなーと思うところをあげておくと。

100均品質なので、最初から少し不良品があったりするところでしょうか。

私が初めて買ったシートはこの緑の塗装?が買ったときから一部分はがれていました。使う分には問題なかったのでそのまま使っていますが、最初広げてみたときはテンションがちょっと下がりました。

まあ、100均ですしね。

あと、愛用して活用し続けていると劣化がかなり激しくすすみます。

ふちの黒いところがぼろぼろになってとれてきます。

それでも使用できないわけではないので使っていますが、見た目は悪くなってきました。

でも、これも108円という金額を考えると、いままでよく持った!とほめるべきところなのかもしれません。

総合的に100均ダイソーの園芸シートは買いです!おすすめです!

この100均の園芸シートはとても便利です。本当に便利です。使い勝手がよいです。もうこれなしの園芸生活は考えられないくらい依存しています。

まだ使っていない人がいたら、もう一枚買って押し付けたいくらいには私は気に入っています。

土作業が本当に楽になります。便利です。

ネットでしっかりしたものを買ったほうが耐久性は優れているかもしれません。

しかし、ちょっとした作業で使うなら100均のものでも十分だと思います。

今はこの緑以外にも種類があるみたいだし、可愛い柄のものを買うのもよいですね。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

グーグルアドセンス関連ユニット