100均ダイソーで買ったエッグタイマーはゆで卵を作るときにあると便利です。

こんにちは。卵をどうやって食べるのが一番好きですか?

シンプルに目玉焼き、卵焼き、スクランブルエッグ、ゆで卵、たまごはたくさんの食べ方があって栄養もいっぱいあって素敵食材です。

なかでもゆで卵はたまごをシンプルに味わうのにぴったりな調理法です。味付けしなくても食べられるってすごいことですよね。まあ塩をかけた方がおいしいですけれど、そのまま食べても美味しいです。ゆで卵。

そんなゆで卵を簡単に思い通りに作れる道具が100均にはあります。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

100均ダイソーで買ってみたエッグタイマー

ダイソーでエッグタイマーを買いました。私は基本的に固ゆでが好きなのです。なのでなければないでゆでまくってしまえばいいのですが、可愛いので購入。

卵と一緒にゆでてこのピンク色が白に変わればそれぞれの固さでゆで上がるというものです。

単純な機能ですが、目で見てわかるというのは面白くて楽しいですね。

やってみたところ、なるほど、半熟卵が簡単にできました。便利です。

ゆで卵を作るときにあれば便利な商品だと思います。

使っていて、思ったことをちょっと述べていきます。

もとの色が薄いので、変化がちょっと見にくく感じます。

薄いピンクが白くなるのですが、もともとのピンクがうっすらとしたピンクなので変化が見にくい時があります。

特に沸騰したお湯でぐらぐらとかゆらゆらと水面が波打っていると、今どのあたりまで白くなっているのかわかりにくいです。

一回お玉で引き上げて確認しています。

これもうちょっと色を濃くはできないのでしょうか。はっきりきっぱりわかると嬉しいなぁと思います。

急激に冷ますと割れる可能性あり。

エッグタイマーを使い終わった後、水に入れるなどして急激に冷やしてしまうと割れてしまう可能性があるそうです。

なので、基本は自然に冷めるのを待つことになります。どこに置いておけばいいのかなっと迷います。使って直後は熱々なのでうっかり触ってしまうと熱いんですよね。

基本的に使った道具はすぐにあらって片付けたい派なので、お鍋とかはすぐに洗うのですが、このエッグタイマー、冷めるまで、どこにおいておけばいいのかな?ときょろきょろして小皿の上とかに置いたりしています。

冬ならハンドタオルに包めばほっかいろ代わりになりそうなんですけどね。

昔の日本でいう温石でしたっけ。なんて素敵にジャバネスクを今思い出しました。

表示が日本語だと嬉しいのになと思います。

ハード、ミディアム、ソフトの三種類の表示になっています。

固ゆで、半熟、半生ということなのですが、どうせならこれ日本語で書いておいてくれるととてもわかりやすいのになと思います。

英語ってどうしても頭に入ってこないのです!!

けれど、英語表記にしておいたら全国で売れるだろうから、こっちの方がいいんでしょうね。

ちょっと不満な点はあるけれど、ゆで卵を作るときにあると便利なので買ってよかった商品です。

100均で買ったものって、買ってよかったものと、あっ、ちょっと失敗したなーけど100均だからいっか。というものに分かれるのですが、このエッグタイマーは買ってよかったものに入ります。

ちょっとだけ不満な点はありますが、それでもあると便利なグッツです。

なにより可愛いのがいいですね。

ころんとした形と鶏の黄色とエッグタイマーのピンク部分がすごく可愛いです。

うむ?でも黄色ってひよこの色っぽいイメージですよね。でもこの鶏とさかがあるのでたぶん成鳥になっています。もしかして名古屋コーチン系なのでしょうか。設定が細かいぞ!

卵をゆでるのがちょっと楽しくなるアイテムです。ゆで卵を作るのがちょっと苦手な方におすすめです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

グーグルアドセンス関連ユニット